事例紹介| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase70
依頼者:妻

ご主人が急に家を出て行かれました。
原因が全く分からす途方に暮れる奥様が調査を依頼。ご主人の浮気が発覚し離婚した事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

夫がある日「お前とはもうやっていけない」という言葉だけのこして、出て行きました。
理由を聞く間もないほどに素早く出て行ったのです。
子どもはまだ、中学生と小学生で、これからが一番大変な時です。
私への不満があるなら、話してくれればいいのに・・・と、途方に暮れ、泣いてばかりいましたが
少しと時間がたち、なぜ主人が理由も言わず急に家を出ることにしたのか、冷静に考えました。
そして怪しい点があることに気がつきました。
それは、残業が増え帰宅時間は遅く、出張まで増えていたこと。
これからのこともあるので、夫のことを調べてもらうことにし、インターネットで見つけた姫路市の探偵事務所に調査をお願いしました。

【浮気調査】

調査結果に私は驚きと同時に怒りでいっぱいになりました。
主人は女性と同棲をしていたのです。
女性は主人と同じ会社で働く事務員であることも調査で分かりました。
子どももいるのに、勝手に出て行ったのは、女性と暮らすためだったのです。
私は弁護士を通して、慰謝料や養育費を請求することにしました。
夫からは謝罪の言葉がありましたが
とにかくこちらの要望をすべて受け入れてもらうよう進めていきました。
その結果、私たち親子がこれからの生活で困ることがないような慰謝料と養育費を
主人が支払うことで決着しました。

調査を終えての所感
姫路市の探偵事務所に相談してよかったです。
夫が他の女性を暮らすために、私や子どもを置いて出て行ったことを知った時は
立ち直れないほどの衝撃でした。
けれども姫路市の探偵事務所の方が親身になって励ましてくださって、元気になりました。
これからは子どもとの暮らしを大事にします。
ありがとうございました。
神戸のcase69
依頼者:夫

奥様が浮気をするとは、全く考えていないご主人が、とても多いものです。
突然、奥様からの離婚話を切り出されて、あわてたご主人が調査を依頼された事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

結婚して25年。子供が一人います。
大学受験も終わり、子供は地方の大學に行くことの決まり、一人暮らしをスタート。
子供からも手が離れ、それまで専業主婦だった妻が
外で働きに行きたいと言いだし短時間の事務の仕事を始めました。
小さな事務所で電話の取次や、来客時のお茶出し、簡単な書類整理をする仕事と聞いたときは
主婦だった妻が外の仕事などすぐに辞めると考えていました。
地味な服装で、化粧もほとんどしなかった妻が、仕事をするようになってからは服装も派手になり
化粧もしっかりするようになっていきました。
外で仕事をするのだから、そういうものだと思っていました。
そのうち、残業や事務所での飲み会に行くようになり、帰宅が遅いことが続くようになりました。
けれども地方で下宿する子供の面倒はみていましたし、家事をしていたので、そんなに気になっていなかったのです。
今から考えれば、それがダメだったんでしょう。
妻からある日突然、離婚してほしいと言われました。
理由を聞いても、「もうあなたと暮らしていけない」と、しか答えてくれません。
その時に妻の浮気を始めて感じ、神戸市の探偵事務所に調査を依頼しました。

【浮気調査】

妻は仕事先の事務所の男性と浮気をしていることが判明しました。
仕事が終わると妻はその男性の家で、男性の帰宅を待っている様子も調査でわかりました。
男性の部屋の合鍵を持っていたのです。
妻はあっさりと浮気を認めした。そして「別れたい気持ちは変わらない、あなたは私のことには興味がなかったではないか」と、言いました。
それからは妻とは何度も話し合いました。
浮気相手の男性とも話をしました。そしてなんとか離婚は避けることができました。

調査を終えての所感
神戸市の探偵事務所の方にはお世話になりました。
スタッフの方に、これからは奥様に関心を示すようにアドバイスされました。
調査をしていなかったら、離婚をしていたことは間違いありません。
私は妻に謝罪をし、今は妻と過ごす時間を多くつくっています。
ありがとうございました。
神戸のcase68
依頼者:妻

ご主人のちょっとした変化に早く気づいた奥様は、すぐに調査を依頼されました。
迅速な調査と解決で、離婚する事態は防げた事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

私と主人は結婚3年目で、まだ子供はいませんでした。
主人は元町にあるアパレル系の会社で営業をしていますので
日頃から身だしなみには気をつかっていました。
ある日、仕事から帰宅した主人の香りが、いつもと違うことに気がつきました。
主人に聞いてみましたが
「飲みに行った席で隣に座ったホステスの香水がきつかった」と答えるだけでした。
でも私はその言葉を話す主人の目が、明らかにおかしいと不信感でいっぱいになりました。
その後、しばらくは何もなかったのですが、また香りがついていることに気がつきました。
あの香りでした。
主人には女性がいると何となく感じました。
私は神戸市の探偵事務に連絡をしてみました。
確証はないけれど、早めに対処したほうがいいとアドバイスをいただき
調査を依頼することを決めました。

【浮気調査】

主人は同じ会社の同僚女性と浮気をしていることが分かりました。
主人が会社帰りに女性の部屋に立ち寄る様子が、撮影されていました。
撮影された映像を主人の見せると、浮気を認めました。
私は弁護士を通じで、その女性に話をしていただきました。
これ以上関係を続けるなら、慰謝料を請求することも伝えていただきました。
女性からはすぐに関係は解消するという回答を得ることができ
主人ともよく話し合い離婚はしないことにしました。

調査を終えての所感
神戸市の探偵事務所の相談員の方からのアドバイスで、調査を依頼しました。
正直、迷いもありました。
けれども浮気期間が長引くと離婚につながる可能性が高くなると言われたため、思いきってお願いしました。
私は離婚をしたくないので、早くに対処できてよかったです。
ありがとうございました。
神戸のcase67
依頼者:妻

ご主人の浮気相手は、奥様からの旧くからの友人でした。
ご主人と友人の裏切りは、家庭を壊す結果となりました。

【浮気調査の依頼・内容】

主人の様子が変わったのは、1年前からのことです。
帰宅時間がとても遅くなり、時に外泊をするようになったからです。
しかも小学生と中学生の子供の面倒もよくみてくれていた主人が
休日にも出かけるようになったため、浮気を疑い始めました。
「仕事が忙しいから」としか言わない主人に対して、不安ばかり募っていました。
そんな時に相談にのってくれていたのが、学生時代からの友人A子でした。
A子はご主人の浮気が原因で離婚経験があるため、いろいろとアドバイスをしてくれました。
A子の家は私の家から車で10分くらいの場所にありましので、私の家にもよく遊びに来ていました。
主人ともよく話をしていたのです。
私は何かあるとA子に相談していました。
そんな時、A子の裏切りを知ったのです。
仕事の関係で、A子のマンションの前を通った時に主人の車が駐車場にあったのです。
見間違えかと思い、近くまで行って車を確認しましたが、やはり主人の車でした。
私は主人は浮気をしている、しかも相手は友人のA子だと確信しました。
怒りでいっぱいになり、すぐにA子のマンションの駐車場から立ち去りました。
でもやはり、しばらくは信じることができませんでした。あのA子と主人が・・・。
主人と信頼していた友人は本当に私を裏切っているのかを確かめるために
神戸市の探偵事務所の調査をお願いしました。

【浮気調査】

調査結果はとても悲しいものでした。
主人とA子は浮気をしいました。主人は何度もA子の部屋を訪れていました。
私は紹介していただいた弁護士を通じて、離婚を告げました。
浮気の証拠がしっかり揃っていましたので、私が希望する額の慰謝料と養育費を支払ってもらうことが決まりました。
A子に対しても慰謝料をとるようにしました。
本当に許せませんでした。

調査を終えての所感
主人と信じていた友人の裏切りに絶望的な気持ちになりましたが、
神戸市の探偵事務所の方が温かく励ましてくださいました。
悲しい出来事でしたが、子供たちとこれからがんばっていきます。
姫路のcase66
依頼者:夫

奥様は専業主婦で、まじめなタイプ。
ところが、子供を幼稚園に送り届けたあとに、浮気をしていたことが発覚した事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

私と妻は結婚して6年。4歳の子供はひとりいます。
妻はとても真面目なタイプで、どちらかというと地味なほうです。
教育熱心で、子供にもいくつかの習い事をさせていました。
そんな妻が浮気をしているなんで、誰が信じるでしょうか?
でも浮気をしていました。
ある日、子供を寝かしつけるために、妻は子供部屋に行きました。
その時に妻のいつも持っているバッグから携帯電話が鳴ったのです。
私は妻に携帯を持って行ってやろうと、携帯電話をバッグから取り出しました。
何気なく携帯電話を見てみると
そこには浮気をしているとしか思えない内容のメールが届いていたのです。
私はすぐに妻を問いただしましたが、妻は浮気を認めず
間違いのメールだのいたずらのメールだのとしか言いません。
それからの妻は、家事と育児を普通にこなしていたため
妻の浮気を疑うことを忘れていたのです。
3か月が過ぎたころ、妻が子供の世話をしているときに、ふと携帯電話が気になり
見たところロックがかかっています。
私は「これはやはりおかしい」と思い、探偵に調査をしてもらおうと思い
姫路市の探偵事務所に調査を依頼しました。

【浮気調査】

1週間後に調査結果がでました。
妻は子供を幼稚園に送り届けると、すぐに自宅に戻り着替えて出かけ
姫路駅で待っていた車に乗り込みホテルへそのまま入って行ったのです。
その様子が鮮明に映像で撮影されていました。
妻は出会い系のアプリで浮気相手と出会ったことも調査結果でわかりました。
まじめな妻が出会い系で知り合った人と浮気をしていたことに
ショックでしばらくは仕事も手につかなくなりました。
話し合いを何度も重ね、今回は離婚を避けました。
子供を母親から離せないし、私も家庭は壊したくなかったためです。

調査を終えての所感
姫路市の探偵事務所の方には、大変お世話になりました。
妻に家事と育児を任せっぱなしにすることなく、夫婦で過ごす時間の大切さを今回痛感しました。
姫路のcase65
依頼者:妻

ご主人は会社を経営されており、代々続く資産家。
奥様もお嬢様育ちで、苦労を知らずに過ごし、お見合いで結婚されました。
子供もでき、幸せな暮らしのはずが・・・。

【浮気調査の依頼・内容】

主人と私はお見合いで結婚して8年。
大きな会社を経営しており、裕福です。
私も父親が会社を経営しており、小さな頃から何不自由なく育てられました。
恋愛経験もなく、お見合いで結婚。
親にすすめられた結婚で、なんの不安もありませんでした。
子供にも恵まれ、誰もが羨むような幸せな家庭を築いていましたが
主人が外泊をするようになり、暮らしが一変しました。
なぜ外泊をするのか、どこに泊まっているかを訊ねても「忙しい」としか答えてくれません。
人生で初めて、自分は不幸だと思ってしまいました。
でもこのままではいけないと考え、インターネットで調べて情報をいろいろと読みました。
主人は浮気をしているのではないか・・・。
私は姫路市の探偵事務所を訪れて、相談員のかたに話を聞いていただきました。
浮気をしている可能性が高いことを話してくださいました。
すぐに調査をお願いしました。

【浮気調査】

それから数日後に連絡があり、事務所で主人の浮気している様子を撮影されて映像でしりました。
主人は姫路市内から少し離れた郊外に、マンションを借りており
そこで女性と暮らしていたのです。
ショックで涙がとまりませんでした。
私は実家に子供を連れて戻り、紹介していただいた弁護士に相談。
主人はすぐに浮気を認めました。そして離婚はどうしてもしたくないと何度も謝罪があり結局
私たちはまた一緒に暮らし始めました。
もちろん、浮気相手とは別れました。
浮気相手の女性はキャバクラの女性だったことも、調査で教えていただきました。

調査を終えての所感
姫路市の探偵事務所の皆様、本当にお世話になりました。
ご心配をおかけしましたが、今は平穏の暮らしております。
何も知らないままに嫁いでいたため、このようなことが起こるなんで信じられませんでしたが
これからは主人としっかり向き合います、
神戸のcase64
依頼者:妻

いつもは紳士で優しいご主人。浮気がばれた途端に豹変し、奥様に暴力をふるわれました。
有利に離婚をすすめるためにも、調査が重要であることが分かる事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

私と主人は職場結婚でした。
私は寿退社をし、幸せな結婚生活をスタートさせていました。
すぐに妊娠し、新しい家族の誕生を待つばかりだったのです。
主人は妊娠してからは、家事もよく手伝ってくれ、さらに優しく接してくれていました。
ところが、退職した会社で一緒に働き親しくしていた同僚から電話がかかってきました。
「旦那さんが、新人社員の女の子と付き合っているわよ」と言われたのです。信じられませんでした。
主人が浮気をするなんて、考えられませんでした。主人の会社の近くまで行ってみました。
私も働いていた会社なので、会社の周辺の店もわかっています。
会社から少し離れた店で主人が若い女性を食事をしているのも、みつけてしまいました。
その店は主人とよく行っていた店だったのです。
帰宅した主人の思い切って女性のことを聞いてみると、主人は逆ギレし私に暴力までふるったのです。
身重の自分に暴力をふるうこの人を信じることはできないと、実家に戻りました。
両親に相談するとすぐに離婚するよう言われました。
友人に弁護士がいたので、事情を話すと子供も生まれるので
なるべく有利な条件で離婚するためにも
すぐに離婚をするのではなく、証拠を集める必要があると言われました。
私は神戸市の探偵事務所に相談し、調査をお願いしました。

【浮気調査】

主人は浮気が私にばれて、警戒しているかと思いましたが
大胆にも女性とホテルに入るところを撮影できましたと、探偵事務所から連絡が入りました。
浮気の証拠のおかげで、自分の希望通りの離婚条件で離婚しました。

調査を終えての所感
浮気をし、暴力までふるう人にはもう未練もありません。
あの時、冷静に浮気の証拠をおさえるために、神戸市の探偵事務所に依頼して良かったです。
これからは子供と一緒に力強く生きていきます
神戸のcase63
依頼者:妻

携帯電話で浮気がみつかるケースは、多々あります。
携帯電話の置き忘れで、浮気が発覚したケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

主人は35歳、私は32歳で、小学生の子供が2人います。
主人は神戸市内で働くサラリーマンで、付き合いなどで帰宅時間が遅くなる日もありますが
休日は家族で過ごし、子供たちの面倒もよくみてくれていました。
ところが帰宅時間が遅くなることが増え
仕事がたまっているからという理由で休日出勤をするようになりました。
仕事だから仕方ないと思い、過ごしていました。
ある日、久しぶりに車に乗り家族で出かけていた時に
主人はコンビニで買い物をするために車を降りていきました。
その際に車の運転席に携帯電話があることを発見しました。
何気なく手にとりロックがかかっていないので開いてみると
同じ人と何度も電話をしている履歴があります。
イヤな予感がしたので、メールを見てみました。
すると特定の女性とやりとりしており、明らかに浮気をしている内容でした。
車に戻ってきた主人を責めたい気持ちでいっぱいでしたが、子供もいる前では話はできないと思い
その日はいつも通り振舞いました。
そして次の日に早速神戸市の探偵事務所に連絡し、話を聞いていただきました。

【浮気調査】

主人を責めたとしても、違うと言われることはわかっていました。
そこで調査をしていただき、証拠をおさえることにしました。
「休日出勤をする」と言っていた日に、調査員の方に主人を尾行してもらいました。
主人は家を車で出てから、灘にあるアパートに入って行き
しばらくすると女性と一緒に六甲に出かけていました。
六甲でのドライブを楽しんだ後に、また女性のアパートに戻り
夜中に出てくる様子がビデオで撮影されていました。
相手の女性はスナックのママでした。
主人は浮気を認め、今後は一切、女性に会わないと約束。
相手の女性には弁護士を通じて、通告していただきました。

調査を終えての所感
主人は浮気をする以前のように、休日は家族サービスをしてくれています。
神戸市の探偵事務所の方に相談し、すぐに調査していただき、早く解決できて本当に良かったです。
姫路のcase62
依頼者:夫

浮気問題に子供が巻き込まれことは何より不幸です。
早めに解決されることを勧め、今ではまた家族で生活できるようになった事例です

【浮気調査の依頼・内容】

私は36歳、妻は33歳で、3歳の子供が一人います。
突然、妻から離婚したいと言われました。
理由を聞いても「性格が合わない」としか言いません。
そして数日後には子供を連れて家を出て行ってしまいました。
実家にも戻っていないようなので、部屋を借りて暮らしていることは予想できましたが
どこで暮らしているかは分かりませんでした。
妻の両親も大変心配し、妻に連絡をしたところ、連絡はなんとかとれました。
ただ離婚したい、理由は「性格が合わない」しか言いません。「居場所も教えたくない」と一点張り。
そこで探偵事務所に探してもらうことになり、姫路市の探偵事務所で調査を依頼しました。

【浮気調査】

妻はアパートに子供と暮らしていました。
夜になるとサラリーマン風な男性が部屋に入り3時間ほどで出ていきます。
男性は家庭がある既婚者であることも調査で分かりました。
妻と男性と私で話し合いをしました。
男性は「家庭を壊すつもりはない」と妻の前ではっきり言い、妻とは別れました。
妻もやっと目が覚め、戻ってきました。

調査を終えての所感
子供を連れて家を出たので、本当に心配しました。
育児で疲れている自分を慰めてくれる人がほしかったと言われました。
探偵事務所の方には感謝の言葉しかありません。
「まずは子供優先で考えましょう」とアドバイスをいただき冷静に対処できました。
ありがとうございました。
姫路のcase61
依頼者:夫

夫婦で会社を経営されている場合、ずっと一緒に居るので、浮気に気がつきにくいこともあります。
おかしいと思ったら、早めに解決することの大切さを実感して事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

姫路駅のすぐ近くで、私と妻は小さな設計事務所を経営して15年。 従業員を4人ほど雇っていました。
毎日が忙しいながらも、夫婦で協力しあい、業績も好調でした。
私も妻も取引先に営業に行くこともあり、会社に一緒に仕事することは少ないのですが、それでも毎日同じ場所に出勤でしたので、浮気などすることは無いと思っていました。
ところが妻が取引先との打ち合わせや、食事会などを理由に帰宅が遅くなる日が増えました。
最初は何も思わなかったのですが、妻の化粧や服装が派手になったため、浮気を疑い始めました。
姫路市の探偵事務所に相談に伺い、いろいろと話を聞かせていただき
調査をしてもらうことを決めました。

【浮気調査】

今日も打ち合わせで遅くなると妻が告げた日に、調査員に妻を尾行してもらったところ
妻が車でファミレスへ向かっていると連絡がありました。
今日は元町の取引先に行くと言っていたのに・・・。なせ郊外のファミレスへ向かうのか。
私は浮気を確信しました。妻はファミレスで男性と待ち合わせをし、二人で食事をした後に車でホテルまで入る様子が映像に映っていました。
相手の男性は接待などでよく使う料理屋の従業員でした。
足繁く店に通うため、親しくなったようです。
妻に調査報告を見せるとすぐに浮気を認め「許してほしい」と、泣きました。
浮気相手の男性とはすぐに別れることになりました。

調査を終えての所感
調査の適格さと素早さに感銘しました。
妻が浮気をすることは一切考えていなかったので、調査結果を見た時は信じられない気持ちでした。
妻のことをまだ許せない部分はありますが、仕事も家事もより頑張っているので
時間が過ぎればまた元に戻れそうです。
早めに解決できたことも良かったです。
姫路のcase60
依頼者:夫

女性は遊びの浮気はあまりせず、本気で恋愛をしてしまうことがあるようです。
奥様が本気で恋愛をし、家を出て行かれたケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

ある日、仕事から帰宅すると妻がいない。
今日は確か、仕事が休みのはずだと思っていると・・・。
離婚してほしいという手紙と離婚届けがテーブルの上に置いてありました。信じられませんでした。
結婚して2年。妻は「仕事をしたいので、子供はまだ先でいい」と話していたので子供はいませんでした。
私は仕事が不規則で、妻とは休日が合わず、なかなか一緒に過ごす時間がありませんでした。
けれども長い休みには、二人で旅行を楽しむようにしていました。
妻は「仕事を充実させられるこの生活に満足している」と話していました。
そんな時に、妻は出て行ったのです。
突然のことにどうすればいいか分らないため、思い切って友人に相談しました。
友人は妻が家を出たのは浮気が原因になっているかもしれない
それはきちんと確認したほうがいいと、姫路市の探偵事務所を勧めてくれました。
初めは探偵に依頼することに抵抗はありました。
けれども離婚をするにしても、財産分与のこともあるため妻と話し合いが必要だと考え、
友人が勧めてくれた探偵事務所に調査を依頼しました。

【浮気調査】

妻は会社に勤めていたため、毎日、退社後にどこに帰っているかを調べていただきました。
調査の結果は男性と同棲をしていることが分かりました。
相手の男性は結婚する前につきあっていた人で、結婚する前には別れたのですが
また再会しヨリをもどしたとのことでした。
妻と話し合いをしましたが、結局、離婚が決まりました。

調査を終えての所感
姫路の探偵事務所のスタッフはとても優秀な方ばかりで、調査期間も短期間でした。
調査結果はとてもショックでかなりのダメージでしたが
スタッフの方の助言で励まされました。
仕事の忙しさを言い訳に、妻を向き合ってこなかったことは悔やまれますが
今は新しい生活をスタートできました。
ありがとうございます。
姫路のcase59
依頼者:妻

それは一通のメールから始まりました。
奥様は何かのいたずらだと無視をしていたのですが、だんだんとエスカレートし、
浮気調査を依頼された事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

私は35歳で結婚生活10年の専業主婦です。
子供は8歳の女の子がひとりで、平凡な生活でしたが、幸せでした。
ある日、メールが届いた着信音に気が付き、メールを開けました。
するとそこには「あなたのご主人とお付き合いをしているので、別れてください。
私たちは愛し合っています」と記されていました。
驚きましたが、何かのいたずらだと思い、そのままにしていました。
すると2週間ほど過ぎた頃にまたメールが届き、内容も過激になっています。
しかも、私たち家族のこともよく知っているような内容で、背筋が凍る思いでした。
主人が帰宅し、思いきってすぐにメールを見せました。
一瞬、青ざめましたが、すぐに「知らない、関係ない」と言うばかり。
3日に一度、それから毎日のようにメールが届くようになり、主人をさらに問いただしましたが
逆に怒るという日が続きました。
私は探偵に調査してもらい、主人に本当に関係ないのかをハッキリさせることにしました。
子供もいるので、家族の事情をよく知っているというのが心配というものありました。
姫路市の探偵事務所を伺い相談。
すぐに調査を開始していただきました。

【浮気調査】

結果は、主人は会社の同僚女性と浮気をしていました。
浮気している期間が3年以上で、女性が主人に結婚を強く迫っていることも分かりました。
主人がその女性の部屋に出入りする写真を見たときは、怒りしかありませんでした。
主人に証拠写真を見せたところ、すぐに浮気を認めました。
メールを私に送るようになった女性のことを主人は怖くなり、別れを告げていたようですが、絶対に別れないとの一点張りだったのこと。
弁護士を通じて話し合いをし、結局女性は会社を辞め、主人と別れました。

調査を終えての所感
最初のメールが届いてから3か月、毎日が不安で仕方ありませんでした。
とても辛い時間でした。そして浮気していた期間が3年もあったということにショックをうけました。
主人は二度と浮気はしないと約束し、仕事が終わればさっさと帰宅し家族で過ごす時間が増えました。
ありがとうございました。
姫路のcase58
依頼者:夫

同窓会で昔、付き合っていた彼や彼女と再会すれば、懐かしい思い出話に花が咲くものです。
幼馴染の友人の関係だけなら良いのですが
いつの間にか男女関係に進展し浮気につながってしまうこともあります。

【浮気調査の依頼・内容】

私と妻は結婚して12年。子供は小学生が2人で、毎日が慌ただしく過ぎていました。
そんな時に、妻から中学の時の同窓会があるので出席したいと言われました。
毎日、育児と家事におわれているので、たまには懐かしい友人と再会するのも良いだろうと
反対することはありませんでした。
同窓会当日は、帰宅がとても遅かったのですが
再会した友人と楽しい時間を過ごせたのだろうと思っていました。
けれども妻は同窓会に出席してから、変わっていきました。
「飲みに行く」と言って深夜に帰宅します。
さらに携帯電話を気にするようになり、こそこそと隠れて会話をするようになったのです。
まさか自分の妻が浮気をしているはずはないと信じていましたが、
外泊で早朝に帰ったときには問い詰めました。
でも友人とカラオケをしていただけと言うだけ。
悩んだ末に、探偵に調査をしてもらうことにしました。
そして姫路市の探偵事務所に相談しました。
探偵事務所の方の「同窓会を機に浮気を始まることが多い」という言葉に、
やはり確認する必要性を感じ、調査を依頼しました。

【浮気調査】

妻が夜に出かけたいと言った日に、調査をしていただいた結果、妻は姫路駅で駐車していた車に乗り込み、
そしてラブホテルに入って行ったのです。
相手の男性は妻の中学の時に付き合った人とのこと。
妻は調査結果をみて泣き崩れ、謝りました。
相手の男性には家庭があるため、大ごとにはしないでほしいと懇願されました。
私たちは何度も話し合い、子供のこともあるため、離婚はしないことになりました。

調査を終えての所感
妻の浮気を許すには、まだまだ時間がかかりそうですが、
今は家庭を大事にしようとお互いに気持ちをひとつに過ごしています。
始めて相談に行った時に、姫路の探偵事務所の方に「おそらく奥様は浮気されています」と
話されたときは信じられませんでしたが調査をしていただいてよかったです。
短期間で解決してくださったことにも感謝しております。
姫路のcase57
依頼者:妻

思いがけない一本の電話から、ご主人の浮気が発覚しました。
真実を知ることで、問題が早く解決した事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

夫は会社を経営。子供は3人で、私は専業主婦です。
ある日、一本の電話が・・・。
「あなたのご主人の子供を妊娠しました」それだけ言うと、電話はすぐに切れました。
私はとても驚き呆然としました。
主人はこれまでも2回ほど浮気をしていました。
けれどもすぐに私にばれて、女性と別れるということはありました。
今回はいよいよ妊娠にまで至ってしまったと足が震える思いでした。
すぐに夫に話をしようとしましたが、怖くてできず数日が過ぎました。
友人に相談したところ「妊娠した」と脅し
お金を請求する人もいるのできちんと調べたほうがいい
探偵に調査をしてもらうよう勧められました。
そして姫路市の探偵事務所を紹介されました。
探偵事務所に自分がお世話になることに、最初は躊躇いました。
けれども実際に探偵事務所に伺うと、とても温かい方ばかりで安心しました。

【浮気調査】

早速調査をしていただくと、夫は自分が経営する会社の事務員と付き合っていることが判明。
その女性は「妊娠した」と夫をに言いお金を請求していることがわかりました。
けれども妊娠は嘘ということが判明。脅しだったのです。弁護士を通じて夫から離れるよう通告。
女性は夫と別れ会社も辞めました。
主人も今回でよっぽど懲りたのか、まっすぐ家に帰ってくるようになりました。

調査を終えての所感
探偵事務所に調査をお願いして本当に良かったです。
何も知らないままだったら、主人は大金を女性に支払っていました。
妊娠を脅しに使う女性がいることに愕然としましたが、これも主人が招いたこと。
しっかと話をし二度と浮気をしないと誓っています。
そしてやはり真実を早く知って、解決することの大切さが身にしみました。
お世話になりました。
姫路のcase56
依頼者:夫

奥様は普段から子供の教育や、地域の活動に積極的なタイプ。
一方で、ご主人はあまり外に出たくない方で、夫婦間での性格のズレが、いつの間にか浮気にまで発展してしまった事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

妻と私は結婚して10年。子供は小学生が2人です。
妻は子供たちが幼稚園の入園当初から、PTA活動に積極的でした。
地域の活動にも子供を連れてよく参加。子供が小学校に入学してからも、PTAに参加していました。
私はそういう活動が苦手で、家でゆっくりしたいタイプ。
妻に子供の教育、学校行事、地域の活動をすべて任せていました。
ところがいつの頃からか、PTAの集会のあとに食事会だの
カラオケ大会だのと出かけることが増え、帰宅も深夜に。
ある朝、私が出勤する際に「今日もPTAの会合があるので、子供は親に預ける」と
妻は言っていました。
私は営業の仕事をしているため姫路市内を車で走っていると、見憶えのある後ろ姿が・・・。
私は車をゆっくりすすめてその後姿を確かめると、なんと妻だったのです。
しかも男性と腕を組んで歩いています。
楽しそうに笑っています。
その日も妻は深夜に帰宅しました。
私はすぐに姫路市内の探偵事務所に調査を依頼。
妻がPTAの会合に出かける日にしぼり、調査をしていただきました。

【浮気調査】

やはり妻は浮気をしており、相手は同じPTAで活動している男性でした。
活動をしていくなかで、意気投合したのでしょう。
私とは全く反対のタイプで、積極的に学校行事や地域活度に携わっている人とのことでした。
調査結果をもって妻とその男性と私で話し合いをしました。
もちろん相手の男性にも家庭があるわけで、すぐに別れることを約束。
妻も家庭は壊すつもりはなかったと泣きながら謝りました。
子供もまだ小さいので離婚は避けました。
妻はPTAの活動を一切やめて、頻繁に出かけることもなくなりました。
私も育児は完全に妻に任せきりにすることを反省し、
家庭のことにも目をむけ家族で一緒に過ごすようになりました。

調査を終えての所感
自分の妻が浮気をすることを想像もしていませんでした。
それが妻を浮気に走らせたのかもしれません。
姫路市の探偵事務所の方は話しやすく
なんでも親身に相談にのってくださいました。
調査も素早く的確でした。ありがとうございました。
神戸のcase55
依頼者:妻

単身赴任をしているご主人の様子が、明らかにおかしいとご相談。
夫婦が離れて暮らすことの難しさを痛感した事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

夫とは結婚して14年。去年の春から神戸に単身赴任になり、離れて暮らすことになりました。
一緒について行きたかったのですが、子供が中学受験をし、長い間受験勉強をし、やっと合格した学校を途中でやめさせることは、できませんでした。
月に一度、私は夫の元に行きました。
子供の長い休みには子供も一緒に東京に行き、なるべく家族で過ごせるようにしました。
ところが今年に入ってから、私が神戸に行くと言うと「来なくていい、忙しいからゆっくり会えない」と言います。
私が神戸に行くことを異常なほど拒むようになりました。
それで3か月ほど、行かない月があったのですが、やはり気になって夫には黙って神戸にむかいました。
部屋に合鍵で入ってみると、いつもは散らかっている部屋が、すっきりと片付いています。
冷蔵庫も空だったのに、食料品が充実しています。
カーテンも変わったいました。
帰宅した夫は私が部屋に居たことに驚いていました。
私は夫に聞いてみましたが、納得できる答えはありませんでした。
でも明らかに女の影を感じました。

【浮気調査】

私は探偵事務所をいくつか調べ、神戸市の探偵事務所に調査をお願いしました。
3日間ほど、夫が住むマンションに探偵にはりこんでいただいたところ、女性が出入りしている様子がビデオに録画されていました。
女性は主人が働く会社で一緒に働いている20代の女性。夫は浮気を認めました。
話し合いの結果、離婚することが決まりました。
神戸市の探偵事務所の方から弁護士を紹介していただき、弁護士にすべてお任せしました。
夫の浮気が原因のため、養育費、慰謝料は希望通りになり離婚できました。

調査を終えての所感
私は普段は東京に住んでいるため、
調査がきちんと進めてもらえるのか少し不安でしたが、そんな不安はすぐに消えました。
探偵事務所の方はまめに連絡をくださいました。
それどころが私が遠方に暮らし、子供との二人の生活で不安に思っている気持ちを汲んでくださり
早い解決を心がけてくださいました。
離婚という残念な結果になりましたが、仕方ありません。これから子供との生活を大事に頑張ります。
神戸のcase54
依頼者:妻

休日に頻繁に出かけるご主人が、出かける先はいつも同じ場所。
車に搭載されているカーナビで、ご主人の浮気が発覚したケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

私たちは結婚して1年で、子供はまだいませんでした。
夫が私のことを避けるようになり、帰宅時間がどんどん遅くなりました。
終電が終わった時間に帰宅することもありました。
それどころか、夜中に車で出かけるようになったのです。
どこに出かけているかをカーナビで検索してみると
姫路市内のマンションに出かけている形跡がありました。
そのマンションには仕事で出かける必要はありませんし
夜中に出かける先がいつも同じマンションだということもわかりました。
なぜ同じマンションにわざわざ夜中にでかけるのか?
信じたくはありませんでしたが、私は浮気なんだろうなと思いました。
自分の性格から浮気はどうしても許せないので、浮気が決定的なら離婚をしようと決めていました。
浮気を確かめるために探偵事務所をネットで検索。
実際に連絡をしてみて一番話しやすかった姫路市の探偵事務所に行き相談しました。
夫が通うマンションがカーナビでわかっていたので、すぐに調査の結果がわかりました。

【浮気調査】

夫はやはり浮気をしていました。
相手の女性は同じ会社で働く派遣の事務員でした。
夜中に女性のマンションを訪れ
朝方に私たちのマンションに戻ってくる様子がビデオで撮影されていました。
女性は未婚で、夫と一緒に仕事をするうちに、深い関係になったとのことも調査で判明。
すごくショックでした。
私は実家に戻り、離婚を決めて弁護士に相談。
きちんとした浮気の証拠がそろっていたため、希望通りの離婚条件で離婚することができました。

調査を終えての所感
姫路市の探偵事務所の方には、何でもお話することができました。
優秀な弁護士の先生も紹介していただきました。
気持の整理は今だにできていませんが、離婚に後悔はないです。
あのまま結婚生活を続けても、必ず離婚する時があったでしょう。
新しい暮らしをスタートさせます。ありがとうございました。
神戸のcase53
依頼者:夫

奥さんのちょっとした行動をみつけたことで
ご主人が奥さんの様子がおかしいと気が付きすぐに浮気調査をご依頼。
早期に解決されたケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

妻と私は神戸の三宮の同じ会社で働いていましたが、私が大阪に転属になり妻と同じ職場を離れました。
それからしばらくして、妻の帰宅時間がとても遅くなることが続くようになりました。
時には午前様になることもあり、妻に聞いてみると「仕事が増えで忙しくなった。残業が多くなっているだけ」と言うだけ。
同じ会社なので業務内容はわかっていましたし、妻がいる部署はそんなに多くの残業が入らないのでおかしい思いながらも、妻を信じていました。
ある日、家の最寄駅で妻が携帯電話で長電話している姿をみつけました。
その様子は、すごく楽しそうでした。
でもいつもの妻とは違う表情で、電話の相手は女友達ではないと思いました。
これは浮気なのかと、いろいろとネットで調べました。
そして神戸市の探偵事務所に連絡したところ、これまでの経緯をしっかり聞いてくださいました。

【浮気調査】

調査を正式に依頼し数日後には、妻の浮気を知りました。
妻は私が大阪に転属したあとに神戸の事務所にきた社員と浮気をしていたのです。
退社後に妻がその男と元町の居酒屋で食事をし
ラブホテルへ入る様子が証拠写真に鮮明に写っていました。
妻を問い詰めるとすぐに浮気を認めました。
相手の男にも話をし、家庭があるので許してほしいと懇願されました。
二度と妻とは仕事以外で関わらないことを約束させました。
妻は会社を辞め、今は夫婦で静かな時を過ごせつつあります。

調査を終えての所感
自分の妻が浮気をするわけがないと、油断していました。
けれどもどんなことがあるか、わからないものですね。
早い時期に妻が変わったことに気がつき、浮気の証拠をつかみ、止めさせることができてよかったです。
神戸市の探偵事務所には、大変お世話になりました。
神戸のcase52
依頼者:妻

お互いのご両親との関係も、夫婦に大きく関係する場合があります。
奥様のご両親とご主人との折り合いがうまくいかず、ご主人が浮気。
調査をもっと早く依頼し、夫婦で話し合いができていたら、離婚は避けられたかもしれません。
浮気は早い解決が必要と実感したケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

主人と私は共働きでした。
私は結婚してからも仕事を辞めるつもりは全くなく、子供が生まれてからは、私の両親が近所に引っ越してきてくれて、家事と育児をサポートしてくれるようになりました。
主人は最初、私の両親が手伝ってくれることに賛成だったのですが、
子供の教育方針の違いから、私の親ともめるようになりました。
そのうち主人は帰宅が遅くなり、何度も出張という理由で外泊するようになりました。
私への態度も冷たくなるばかりでした。
主人がこそこそと携帯電話で、話している様子をみるようになり、直観的に浮気を確信。
主人と何度も話をしようとしましたが毎日帰宅時間が遅くなり
休日も出かけるため、話し合いどころではありませんでした。
数か月悩みました。結局、精神的にかなり辛くなっていたので、はっきりさせようと決心。
神戸市の探偵事務所に調査をお願いしました。

【浮気調査】

10日ほどで調査の結果が出たという連絡がきたので、探偵事務所に伺いました。
主人は会社を退職した元社員の女性と浮気をしていました。
神戸市のホテルのバーラウンジで待ち合わせをし
そのままホテルの部屋に入る様子が写真に写されていました。
浮気の証拠を主人に見せ、やっと話し合いができましたが
主人に「女性と別れるこつもりはない」と言われました。
私たちは離婚の協議に入り、程なく離婚しました。

調査を終えての所感
あれから数か月が過ぎ、暮らしも少しつ落ち着いています。
探偵事務所の方にも励まされました。感謝の気持でいっぱいです。
離婚する前以上に仕事を頑張っています。
主人は浮気相手だった女性と籍を入れて一緒に暮らしています。
子供には月に1度は会い、父親として接してくれています。
もっと早く浮気に気付き浮気が本気になってしまう前に話し合うことができていたら
離婚にまで至らなかったと思います。
後悔もありますが、今は前を向き子供をしっかり育てます。
神戸のcase51
依頼者:妻

お金の遣い方が急に荒くなることも、浮気発覚につながることがあります。
お金の管理はどちらに主導権がありますか?
金銭の出入りを時には確認する必要があります

【浮気調査の依頼・内容】

私たちは結婚して30年。
子供たちは独立し、これからは夫婦二人でゆっくりとした時間を過ごしたいと考えていました。
ところがある日、家の貯金額をしらべて唖然としました。
私が考えていた額より、ずっと少ない金額しか残っていなかったのです。
家計管理は結婚当初より、金融機関に勤めていた主人に任せていました。
私は主人を問い詰めましたが、投資に失敗したが、またそのうち殖えるとか、付き合いでお金がかかっていたと、ごまかすばかりです。
そういえば帰宅も遅いし、休日はゴルフばかり行くようになっています。
このままでは老後の生活資金さえも無くなってしまいます。
もしかして浮気?神戸に住んでいるため、神戸市の探偵事務所に調査を依頼することにしました。

【浮気調査】

旦那は浮気をしている結果が、探偵事務所から伝えられました。
調査結果によると旦那は三宮の百貨店で女性にジュエリープレゼントしその後食事に。
そしてホテルで過ごしている様子が写真に写っていました。
この女性に金品を貢ぐために、貯金を切り崩していたのです。
女性とはゴルフのスクールで知り合ったようでした。
呆れると同時に怒りしかありません。
主人に調査結果を見せるとすぐに浮気を認めました。
相手の女性にも家庭があり、子供までいました。
家庭を壊すつもりはないとのことですぐに主人とは別れました。

調査を終えての所感
神戸市の探偵事務所の方には、大変お世話になりました。
主人は金輪際、浮気はしないことを誓い、仕事が終わればさっさと帰宅し、休日は家事を手伝うようになりました。
離婚も考えましたが、再度、やり直します。子供たちも主人にきつく話をしてくれました。
ありがとうございました。
姫路のcase50
依頼者:夫

お子様がまだ小さい場合、離婚は避けたいものです。
そのためにも、浮気をしている兆候があらわれたら、早期に浮気を突き止め浮気相手と別れさせ
夫婦関係を修復させることが大切であるかが分かる事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

結婚15年で、子供は小学生が2人います。
妻とは社内恋愛を経て結婚しました。
子供たちから少し手が離れたので、妻がパートで働くようになりました。
半年くらいしたころから、妻が夜に外出するようになりました。
パート仲間と食事に行くと云うので、何も思わなかったのですが
服装やヘアスタイルが急に派手になり、私への態度までよそよそしくなりました。
妻が浮気をするなんて、考えられませんでしたが
ネットなどで調べてみると、浮気している状況にあてはまります。
そこで思い切って神戸市の探偵事務所に依頼しました。

【浮気調査】

パート先の社員の男性と浮気をしていることが、探偵の調査により判明。
しかもかなり年下ということがわかり、驚きました。
調査結果の写真には、相手の男の部屋に入る様子が写っており
腹立たしい気持ちでいっぱいになりました。
妻に証拠の写真を見せるとすぐに浮気を認め、泣いて謝罪。
相手の男とすぐに別れることを約束しました。
離婚も考えましたが、子供がまだ小さいためなんとか踏みとどまりました。

調査を終えての所感
神戸の探偵事務所の皆様、この度は本当にお世話になりました。
妻はパートを辞め、今は子育てと家事に専念しています。
毎日、忙しくしていると夫婦であることを忘れがちですが
これからはもう少しお互い向きあう努力をしようと思います。
姫路のcase49
依頼者:夫

相手の浮気が判明し離婚を決意した場合、確固たる証拠があれば有利な条件で離婚を成立できます。
プロの探偵による調査結果が大変重要であることが分かる事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

妻は仕事で土曜日と火曜日が休日で、その日は家でゆっくりすることが多かったのですが
1年前くらいから土曜日に出かけるようになり、帰宅もとても遅くなっていました。
聞いても「友達と食事をしている」しか言いません。
妻が出かけたと際に尾行すると駅のロータリーに停まっていた車に、乗り込む様子をみてしまいました。
運転席には男性が座っていたのがハッキリとわかりました。
私は探偵に調査を依頼することを決心。
子供もいませんし、離婚を少しでも有利にすすめたいということがありました。
インターネットで調べ姫路市の探偵事務所にお願いしました。

【浮気調査】

探偵の調査結果には浮気相手は妻子のある男性で
勤務先の社員であることなど、細かく調べてくださっていました。
写真も鮮明で離婚調停の際に、大変役立ちました。
妻とは離婚が決まり、浮気相手の男には慰謝料を支払ってもらうことで決着しました。

調査を終えての所感
料金が高額で調査もそんなにしてくれない探偵事務所も多いと聞いていましたが
姫路市の探偵事務所の方の仕事ぶりには感嘆しました。
お願いして良かったです。探偵の皆様、ありがとうございました。
神戸のcase48
依頼者:夫

一方的な離婚を申しだされた場合は、浮気の場合が多いものです。
相手の浮気が離婚原因の場合は、慰謝料などしっかり請求しましょう。
探偵に調査依頼し浮気の事実が明確になり、納得できる条件で離婚を成立させることができた事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

妻とは結婚して2年でまだ新婚といわれるような時期でした。
ところが妻が家を出て、離婚届けが送られてきたのです。
妻から一方的な申し出に驚くばかりでした。
どうすればいいのか、なぜ離婚なのか悩み続け、親戚に相談したところ
探偵に調査を依頼したらどうかと言われました。
私は探偵にお願いすることに躊躇いがありましたが
親戚が神戸市の探偵事務所が良い評判であると私に強く勧めてくれたので
とにかく探偵事務所に連絡してみました。
連絡してみるとしっかりと話を聞いてくださり、これは調査したほうがいいと決心し依頼しました。

【浮気調査】

妻は仕事をしていましたので
会社からどこに帰っているかはすぐに分かったと連絡をいただきました。
そして、妻が他の男と暮らしているということが探偵の調査結果で判明したのです。
ショックでしたが、なぜ急に離婚したいと言い出したのかが分かり
すっきりした気持ちになりました。
妻の浮気が原因ということで、離婚は私が希望するような条件で成立しました。

調査を終えての所感
辛いことでしたが、探偵に調査を依頼し、きちんと気持ちも整理できました。今では離婚できてよかったと思えます。
神戸市の探偵事務所の皆様、お世話になりました。
姫路のcase47
依頼者:妻

長年、浮気を疑いながら、核心をつかめない方も多いものです。
調査を依頼し、結果を知ったことで苦しみから解放された事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

旦那とは結婚して22年です。
外泊することも多く、携帯電話を肌身離さず持ち歩くので、怪しいと思っていました。
旦那はこれまでも私がわかっているだけでも、2回は浮気をしていました。
問い詰めてもずっとごまかされ、うやむやにされていました。
離婚したいと考えて過ごしていましたが、子供も小さく、なかなか踏み切れませんでした。
でも、また浮気・・・。
今度こそ、はっきりさせようと探偵事務所に調査を依頼することにしました。
たくさんの探偵事務所の中から、料金設定が明確な神戸市の探偵事務所に決めました。
探偵事務所は料金がすごく高いというイメージでしたが、こちらの事務所の方は料金についても説明を細かくしてくださったので、安心して依頼することができました。

【浮気調査】

探偵の調査結果、旦那の浮気のしっぽをやっとつかむことができました。
浮気相手はよく飲みに行くスナックのママでした。
そんな浮気ばかりを繰り返す旦那に愛想は尽きました。
旦那に浮気の証拠をつきつけて離婚を言い渡し、慰謝料を請求。
納得のいく条件で離婚することができました。

調査を終えての所感
長年、浮気に悩まされていたので、本当にスッとしました。
旦那の浮気に苦しんでいる方に、神戸市の探偵事務所を教えてあげたいです。
有難うございました。
神戸のcase46
依頼者:夫

携帯電話は浮気相手に連絡をとるツールとして使われます。携帯電話で浮気が発覚することが多いです。
奥様の携帯電話の使い方で浮気を感づかれて探偵に調査を依頼された事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

私と妻の出会いは職場でした。
明るく可愛い妻に一目ぼれで、猛アタック。
結婚できたときは本当に幸せでした。
子供にも恵まれ、充実した日々を送っている・・・
そう思っていたのは実は私だけだったのです。
妻は携帯電話でメールやLINEをしますが、私が帰宅すると携帯電話にはほとんど触れませんでした。
ところが半年ほど前から私が帰宅しても、食事の用意だけすませると、ずっと携帯電話を操作しています。
最初は気にしていなかったのですが、
ある日、携帯電話が鳴ると、慌てた様子で電話を手に外に出て行って、30分も戻らなかったのです。
誰からの電話かを聞くと「友達」としか言いません。
それからも電話が鳴ると外で話すということが続き、時には1時間以上も戻らないこともありました。
妻との喧嘩が増え、家庭内別居にまで至りました。このままでは良くない思い、神戸市の探偵事務所に調査を依頼することにしたのです。

【浮気調査】

数日後、探偵事務所で明かされた調査の浮気を知り、愕然としました。
妻は私が会社に行き、子供が学校に行ったあとに、男性に会っていました。
なんとホテルに入っていく様子まで写真に写っていたのです。
浮気相手は、前に妻がアルバイトした店の店長。
妻に証拠写真を見せ、問い詰めるとすぐに認め謝罪し、離婚はしたくないと言いました。
ショックで精神的にかなりこたえました

調査を終えての所感
子供もまだ小さいので、家庭をこわすことは私も妻もできないということでやり直すことを決めました。
探偵に調査を依頼していなければ、妻の浮気は続いていましたし、取り返しのつかない状況になっていたと思います。
神戸市の探偵事務所の方に最初に相談した時
「お子様も小さいので早めの対処が必要ですよ」とアドバイスされました。
探偵事務所の方からの助言で救われました。ありがとうございました。
神戸のcase45
依頼者:妻

旦那様が急に家を出て行かれ、奥様は茫然とされていました。
探偵の調査の結果、元彼女と同棲を始めた旦那様の姿がありました。

【浮気調査の依頼・内容】

夫はサラリーマン。子供は5歳と3歳です。
まだまだ子供に手がかかり、毎日忙しくしていましたが
夫は子供の面倒もよくみてくれるので、とても幸せでした。
ところがある日、夫が「別れてほしい」と言い出しました。
そして、荷物をまとめて出て行ったのです。
突然のことで、家事も育児もできない状態になりました。
そんなとき、両親から探偵に調査を依頼するようアドバイスされました。
このままでは、納得できませんし、離婚するにしても、小さな子供のこともあります。
神戸市の探偵事務所に連絡をし、相談してみました。
涙で何度も話せなくなりましたが、ゆっくりと話を聞いてくださいました。
そして調査委を依頼することにしました。

【浮気調査】

調査の結果、なんと夫は女性と同棲を始めていました。
まさか!とショックな反面、すっきりした気持ちにもなりました。
相手の女性はなんと旦那の元の彼女で
どういうわけか縁りをもどし夫は私と子供を捨てて、出て行ったのです。
許せない気持ちでいっぱいになりました。
離婚を決意し、慰謝料の支払いと子供たちの養育費を確保するための裁判をし
自分が納得できる結果を得ることができました。

調査を終えての所感
一方的に出て行かれた時は、小さな子供を抱え途方にくれましたが
神戸市の探偵事務所のスタッフさんが親身になり、私と子供たちのために本当に頑張ってくださいました。
ありがとうございました。
悲しい結果ですが、裁判で金銭的なことが解決できたので将来の不安は減りました。
探偵に調査を依頼して良かったです。
姫路のcase44
依頼者:夫

女性は浮気をすると急にファッションが派手になる
ヘアスタイルが変化するなどの兆候が表れることが多いです。
奥様の変化を不審に思われた旦那様が調査を依頼され、浮気が発覚したケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

結婚して15年。子供はできませんでした。
平日はお互いに仕事に忙しくしていましたが、休日は二人でよく 出かけ
年に2回は海外旅行をしていました。
ところが、休日、妻がひとりで外出するようになりました。
普段から化粧やファッショには気をつかう妻でしたが
一人で出かけるときはさらに丁寧に化粧し、出かけます。
そのうち派手な雰囲気になっていきました。
帰宅も遅く、外泊までするようになったので、きつく問い詰めましたが
「友達を飲んでいた」としか言いません。
私への態度も冷たくなり、これは何かあると悩んでいました。
ネットで探偵事務所をみて、試しに姫路市の探偵事務所に連絡してみました。
対応はとても親切で、いろいろと話すことができました。
そして数日後、探偵に浮気調査の依頼をしました。

【浮気調査】

結果はクロでした。
妻は職場の上司と浮気をしていました。
2人で食事をしている様子の他に、ラブホテルに入るところまで写真に写っていました。
やっぱりという気持ちではありましたが、妻をどこかで信じていたので、ショックは大きかったです。
離婚が成立し、妻が家を出るということで決着しました。

調査を終えての所感
財産分与などの点も姫路市の探偵事務所の方に相談できたので、心強かったです。
探偵の方々の調査結果がしっかりしていたので、妻が完全に非を認めたので、もめることはなくスピード離婚でした。
辛い結果ですが、知らないより、知って早く決着できてよかったです。
探偵の皆様には本当にお世話になりました。
姫路のcase43
依頼者:妻

奥様は旦那様の異変に気づき、調査を依頼。
長く続いた結婚生活も、浮気が原因で呆気なく終わるという事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

代々家業を引き継ぐ家に嫁入りしたのは35年前。
結婚当初は、跡継ぎを生むように何度も言われ、家のしきたりを姑に叩き込まれました。
まさに叩き込まれるという言葉にふさわしい状況でした。
なんとか跡継ぎを生むことができ、先代も亡くなりました。
主人と私の代になり、夫婦で家業をきりもりしていました。
そんなとき、主人が夜に出かけることが多くなったのです。
商売で必要な会合だと一点張り。
ある日、主人の車を動かして車庫に入れるようと運転席に座ると
助手席に口紅が転がっているのを見つけました。
私の口紅ではありません。
主人に聞いてもシラをきることはわかっていたので、探偵に調査を依頼することに。
探偵事務所の候補を3軒ほどあげ検討した結果
親切に詳しく話を聞いてくださった姫路市の探偵事務所に依頼しました。

【浮気調査】

結果はやはり女性の存在がありました。
主人は家業を手伝うパートの従業員の女性と浮気をしていたのです。
身近な人が浮気相手だったことに驚いたと同時に、私への侮辱を感じました。
すぐに離婚を決意。
確固たる証拠をつきつけた結果、慰謝料をしっかりととり
離婚することができました。

調査を終えての所感
姫路市の探偵の方々が親身になって力になってくださり、満足のいく条件で離婚が決まりました。
ありがとございました。
この年で離婚するとは思っていませんでしたが、第二の人生を歩むことにし、今は楽しい日々を過ごしています。
神戸のcase42
依頼者:妻

携帯電話で浮気が発覚することがとても多いです。
発覚したあと、どうすればいいかわからない・・・。
そんなときに探偵事務所に調査を依頼。
浮気相手の素性を知り離婚を決意されたケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

私は38歳の主婦で、子供は1人。旦那はサラリーマンです。
毎日、だいたい同じ時間に帰宅していたのが、遅くなるようになりました。
「仕事の付き合いで遅くなる」ということでしたが、少し変だなって思っていました。
どうしも気になって、旦那が寝ている間に携帯電話を見てみようとしましたが、ロックがかかっています。
ロックを外すのにひと苦労しましたが、なんとか外すことに成功。
そしてメールを見て、目の前が真っ暗になりました。
特定の女性とのメールは、まさに恋文状態!
旦那の浮気を確信しました。
旦那に問い詰めたかったのですが、怖くてなかなかできませんでした。
でもこのまま、旦那の浮気を見過ごすわけにはいかないので、
自分には縁がないと思っていた探偵にきっちりと調べてもらおうと考え
いろいろと調べた結果、神戸市の探偵事務所に依頼しました。

【浮気調査】

探偵事務所の方は、すごく優しく話を聞いてくださり、話しているうちに涙が出て止まりませんでした。
調査を依頼して数日後、やっぱり旦那は浮気をしているという探偵の調査の結果。
わかってはいましたが、やはりショックでした。
浮気相手は同じ会社の女性社員。バツイチで子供もいるとのこと。
子供までいる女性と浮気していることに呆れました。そして離婚を決意。
探偵事務所の方に、細かくアドバイスをしていただき
離婚は調停となりましたが、慰謝料と養育費の請求が希望通りとなり、無事終了しました。

調査を終えての所感
離婚という選択は辛かったのですが、愛情が冷めたままに暮らすことはできません。
今は、子供と楽しく暮らしています。
神戸市の探偵の方々には、本当にお世話になりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
神戸のcase41
依頼者:妻

帰宅時間の遅い日があまりに多い、外泊をするなどは危険信号点滅です。
外泊が増えた旦那様を調査したら、浮気発覚。
発覚が早かったため、浮気期間も短く、夫婦としてやり直すことができたケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

結婚5年目で子供が2歳。子供の世話に追われる毎日でした。
主人の仕事は多忙な職種で接待もあるため、帰宅時間が遅いのは当たり前になっていました。
ところが度々、外泊をするようになったので主人に聞いたところ「最終電車に間に合わなくて、会社の近くのマンガ喫茶で時間をつぶしている」とのこと。
そのうち外泊が増え、2日も帰宅しないこともあり、これはおかしいと思い、浮気調査をすることにしました。ネットで探偵事務所を検索し神戸市の探偵事務所に調査を依頼しました。

【浮気調査】

調査依頼をしてから、10日後に探偵事務所から連絡が入り、私は事務所を訪れました。
なんと主人は浮気をしていました。
相手は主人の会社で派遣で勤務している女性でした。
その女性の部屋に出入りする主人の写真を見たときは、言葉もありませんでした。
主人に証拠写真を見せると浮気していることを認め、相手の女性とは「別れる」と言いました。
相手の女性に電話で別れを告げ、女性は数日後に会社を辞めました。
そして主人とよく話し合い、育児にばかり気をとられ、
主人と向き合えなくなくなっていたことを私も反省。
もう一度やりなおすことにしました。

調査を終えての所感
浮気が判明した時はショックでした。
浮気が始まったのは5か月前ということを主人から聞きました。
早くわかったことで、浮気の深みに嵌らないというのはあると思います。
迅速に対応してくださった神戸市の探偵事務所のスタッフの皆様には大変感謝しています。
今は夫婦の時間も大切にしながら、毎日を過ごしています。
姫路のcase40
依頼者:夫

日々ともに暮らす夫婦は、相手のちょっとした変化にも敏感なものです。
依頼者の旦那さまの仕事の合間に、どうも最近奥さまの行動が「不審な気がする」ことから判明した、自宅で浮気という大胆なケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

僕は神戸に住む結婚8年目のトラック運転手です。長距離移動なので家を開けることが多く、家では妻が漫画家をしています。妻は家にいるためメールをしたらすぐに返信が来ますし、電話をしたらすぐに出ます。
しかし、この何ヶ月かは返信が無かったり電話には出ないことが増えてきました。家に帰った時に聞いてみると、妻は仕事が忙しかったと言います。それでも何か自宅の中に誰か入っているような違和感を覚えたので、念の為に姫路の調査事務所に妻の素行周辺調査を依頼することにしました。

【浮気調査】

姫路の調査事務所に素行周辺調査をしてから数週間後、電話がかかってきたので事務所に行きました。すると驚くことに妻が自宅に男を連れ込んでいたのです。
玄関からその男が出入りしているところがしっかり撮られていました。長期で僕が家にいない時は泊まっていったりもしていたようで、すぐに家に帰り妻へ証拠を見せるとあっさりと「寂しかったから」と認めたのです。

調査を終えての所感
妻があっさり認めたことにはなんともいえませんでしたが、姫路の調査事務所さんの粘り強い調査で今回の浮気が発覚しました。
運転は集中力が必要なので、妻の事が気になって仕事を続ける事にならなくて良かったですし、本当に調査から結果までがスムーズだったのでこの姫路の探偵さんに頼んで良かったと思います。
神戸のcase39
依頼者:妻

今回はすでに浮気をされている方からの依頼でした。ここ何ヶ月か、旦那さまが浮気をされている確信があるそうですが、決定的証拠がつかめないので問い詰めることができないということでした。
そんな浮気を確信して依頼されたケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

私は神戸に住む40代の女性です。夫婦生活はもうすぐ20年になるのですが、態度や帰ってくる時間、嗜好の変化から夫が最近どうも他の女性と会っているようで、問い詰めたいのですが自分では決定的な証拠がつかめず、ホームページで調べた神戸の探偵さんにお願いすることに。
調査事務所に依頼するなんて初めてなので、まずは電話で相談をしました。

【浮気調査】

探偵さんに浮気の調査依頼をしてから数日後連絡が来て、神戸の調査事務所に向かうと、まさに浮気の現場写真をみることができました。どうやら会社の部下の女性のようです。ホテルに出入りしている写真や神戸近くの日帰り温泉に行っている写真などの証拠がバッチリと撮られています。
やっとこれで悩みから開放されると少しすっきりしながら、夫を呼び出して証拠とともに問い詰めることができました。

浮気調査を終えての所感
夫は言い逃れができず、あっさりと認めました。
浮気をされていることがわかっても証拠をつかめないもどかしさや悔しさは正直計り知れないものです。浮気されているのかもと思ったらためこまず探偵さんへ依頼することをオススメしますし、本当に神戸の探偵さんに頼んで良かったと思います。
姫路のcase38
依頼者:夫

皆さんは奥さんを大事にしていますか?些細な事が原因で夫婦仲が大きく壊れることは、全く無いとは言い切れません。
仲をつくるのは長時間かかっても、壊すことは一瞬でできます。これは夫婦喧嘩から発展した奥さんの浮気のケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

僕は姫路に住む結婚10年目の者です。夫婦生活ももう長いのでお互いのことを分かり合い、毎日幸せでした。でもそう思っていたのは僕だけで、妻には僕が甘え過ぎていたのかもしれません。ある日子どもの事で喧嘩になり、それから何日か態度が薄く食事も作ってくれなくなりました。ここまで妻が怒ったことはなく、何かプレゼントと一緒に謝ろうと家路につきましたが家には子どもしかいませんでした。
妻には連絡がつかず、どこに行ったのかもわからないまま3日が過ぎました。心配がつのり警察に捜索願を出そうかと思いましたが、ただ単に実家に帰っているだけだったら、、、と思い、まずは姫路にある探偵の調査事務所に調査依頼をすることにしました。

【素行・周辺調査】

探偵さんに依頼をしてから1週間後に連絡が来ました。姫路の調査事務所に向かうと、妻が他の男と仲良さそうに食事をしている写真やその男の家を出入りしている写真を見せられました。
つまり浮気ということです。心配がただただ悲しみと怒りに変わり、その男の家に証拠を持って妻を迎えに行きました。

調査を終えての所感
妻にその証拠を見せながら話を聞くと、家事と子育てに疲れ、何も手伝ってくれない僕に対して愛想が付きてしまったから家を飛び出して浮気をしまったと言われました。
妻を大切にしなかった僕も悪いですが、浮気はもっとしてはいけないことです。もちろんそれがきっかけで別れましたが、探偵さんの迅速な調査には感謝をしています。
神戸のcase37
依頼者:女性

皆さんは結婚前に相手と同棲してから、結婚を決めていますか?
家とはそのひとの生活感が出るものです。そこから周りの人との交友関係も見えてくるわけですが、だた好きだから結婚するのではなく周りの交友関係にも関心を持つことも必要かもしれません。これは結婚前に相手が暴力団関係者ということがわかった事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

私は神戸の旧家に住む、結婚を控えていた女性です。相手はとてもダンディな5個上の男性で、付き合って1年になります。仕事もコンサルタント業をしているので、生活も食事も、車も高級車で有意義に過ごさせてくれました。
友人に結婚式の日取りを伝えていると、「その人の家は行ったことあるの?」と聞かれました。そういえば行ったこと無いし、会うのは外かうちだなと思い相手に家に行っていいかを聞くと、「散らかっているから」と断られました。今更そんな仲でもないのにと疑問に思い、ある日相手の後をつけていくと何か強面の人たちと合流して高そうなマンションに入っていくのを見てしまいました。
よく考えると相手の仕事は言葉の上でしか知らないし、家にも行ったことがなく、周りの交友関係の人にも会ったことがない。正直怖くなって乗り込むのも私ではできないため、神戸の調査事務所に調査依頼をしました。

【素行・周辺調査】

電話をして事情を説明すると実際に神戸の事務所で話すことになり、丁寧な対応だったので落ち着いて話せました。
相手の素行と周辺調査の依頼後、探偵事務所から連絡があり、相手はなんと暴力団関係者だということがわかりました。危ない関係の写真がいくつも出てきて、コンサルタント業は嘘で、実家の資産を狙っている可能性があると言われました。

調査を終えての所感
別れることを告げると何をされるかわからなかったので、結局私は何も言わずその相手から去ることにし結婚はなしになりましたが、結婚前にわかって本当に良かったです。
探偵さんも身が危ないのにこんなに沢山写真や証拠を集めていただいて、本当に感謝しています。
神戸のcase36
依頼者:妻

結婚とはお互いを家庭や家に縛り付けてしまう面もありますが、お互いに自由な時間を生きる結婚生活を贈る夫婦もいます。しかし自由すぎるからこそ、目の届かないところでは何が起こっているのかわかりません。自由に好きな事をするのは良くても、浮気は良くありません。
目が届かないところでの調査は、専門の探偵事務所にお願いするのも良いでしょう。

【浮気調査の依頼・内容】

私は神戸に住む、35歳の女性です。旦那は神戸で会社を経営しており、私自身も芸術活動をしているのでお互いが自由な時間を生きています。しかし最近旦那に女の影のようなものを感じるようになりました。旦那は仕事が忙しくても夕食は家に帰ってきて食べていたのに、最近は食べてきたということが多くなってきました。
最後に私の所に帰ってきてくれたら良いわと思っていましたが、こっちは御飯作って待っているのにと腹が立つ面もあったため誰と食事に行っているのか気になり、ホームページで探偵を調べて神戸の調査事務所に素行調査を依頼することにしました。

【浮気調査】

早速神戸の探偵さんがいる事務所に行って依頼すると、とても丁寧に段取りを組んでくれて結果を待ちました。
依頼後、探偵事務所から連絡があり、旦那は自分の会社の若い子をとっかえひっかえ夕食に誘い、そのままホテルへ連れ込むという行為を繰り返していることがわかりました。その女性たちの顔もしっかりわかるくらい写真も鮮明に撮られていて、一緒に車に乗るところやホテルに入る所までの証拠がそろっていました。

浮気調査を終えての所感
お互いに自由なことは気に入っていましたが、自由すぎるのも考えものかもしれません。旦那は仕事の忙しさと、私が芸術活動に没頭して旦那の相手をしないことへのストレス解消に、浮気を繰り返しはまっていったのだそうです。
しかし浮気は良くありませんし、そんな人とは生活できません。その写真を証拠にしっかり今後の活動資金をいただき、離婚ができました。見つからずにこんなに証拠を集めれるなんて、神戸の調査事務所の探偵さん仕事は本当にプロフェッショナルだと感じました。
姫路のcase35
依頼者:夫

夫婦間の好みや食の嗜好は家族であればある程度把握していると思います。その中で今までずっと〇〇を食べていたのに急に〇〇を食べるように食の嗜好が変わったら、気を付けてください。毎日の生活でみえる浮気の片鱗は身近なところでは隠せないものです。
そんな食の変化から判明した、浮気のケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

僕は姫路に住む、結婚生活3年目の男性です。妻は菜食主義者で結婚してからの毎日の食事は、野菜中心でヘルシーなものでした。おかげで僕は健康的に過ごせていましたが、最近急に肉が増えてきました。本人は肉が食べたいからと言っていましたが、彼女はずっと野菜が好きだったのにそんな急に肉中心の料理に変わるものなのかと不思議に思っていました。
ある日、本屋に寄ると、レシピ本の所に妻が立っていました。声をかけようとすると奥から見知らぬ若い男が出てきて、楽しそうにレシピを見ていました。そのレシピ本は肉の料理のものです。全てがつながったように感じ、これは浮気か?と不安になったので自分で浮気か確かめようとしましたが、その時は混乱したり違ったら、、、と勇気がなくその本屋を後にしました。
帰り道で探偵事務所の看板を目にして、電話でまず相談をしてみました。

【浮気調査】

電話では丁寧に事情を聞いてくれて、僕自身で動くには仕事があるし決定的な物がつかめないため、その姫路の探偵事務所に浮気調査をお願いしました。
依頼後、僕の出張が入っていた日の次の日、探偵事務所から連絡がありました。妻は僕が見た若い男と会っていたようで、その男の家に行って料理をしたりその日は家に帰らなかったそうです。家に入っていく写真や、一緒に買物をする写真もしっかり撮れていました。

浮気調査を終えての所感
あの肉料理はその若い男につくるための練習だったということだったようで、その写真を証拠に別れることができました。姫路のあの本屋での出来事からずっとモヤモヤしていましたが、探偵さんの仕事は確実だったので、本当に頼んで良かったです。
姫路のcase34
依頼者:夫

人は持ち物が変わると、生活上で何かの変化があった兆しであるといいます。
それは結婚生活などでの相手の変化にも該当します。お互いが自由に生きているからこそ起こってしまう過ちもあるようで、男性のみならず女性にも魔が差すという事はあります。
これは奥さまが姫路の自分のお店のお客と浮気をしていたケースです。

【浮気調査の依頼・内容】

僕は30代の姫路在住の者です。妻は昔から家族でBarをしており、今日もその仕事に出かけて行きました。妻はあまりブランド物や服や化粧には興味がなく、動きやすいものを好んでいました。
しかしある日を境目に、高級なブランド品や化粧品を家に持ち帰ってくるようになりました。どうも羽振りの良いお客さんにもらったようで、それはそれで喜んでいたので気にはしていませんでした。
ある日「今日は朝までの日だから。」と連絡を受け、そんなことは時々あったので承諾して次の日を迎えました。そんな日やブランド品が増えていき、気づくと週に3回は朝までの日が増えていました。そんなブランド品をくれる男はもしかして怖いで妻が何かに巻き込まれていたらと急に怖くなって、妻の素行調査と周辺の調査を姫路の探偵事務所に依頼しました。

【素行調査から浮気調査へ】

今までは月に3回ほどだったのが、週に3回。そんなに働かなくてもいいのにと思いつつ、調査結果を数日待っていました。すると、週に3回も朝まで店にいないことがわかりました。これは何の嘘だろうと考えましたが、証拠の写真を探偵さんが見せてくれました。
妻の安全を思い調査依頼をしたはずが、妻の浮気現場の写真でした。どうもいままでブランド品などに興味がなかった分の反動で、そのブランド品をくれる男について行ってしまったらしく、ホテルへと入っていく写真もありました。完全に浮気です。

浮気調査を終えての所感
結果別れることになりましたが、証拠写真があったのですんなりお互いが揉めることなく離婚できました。また数日で調査報告を受けれたことで、いらぬ心配で心身削ることもなく、姫路の事務所に依頼をしてよかったです。
神戸のcase33
依頼者:妻

一家の奥さまというのは旦那さんや家族の香りに敏感です。これは香水という些細なアイテムから始まった浮気調査のケースになります。おかしいなと思ったことには必ず伏線が見え隠れしているものです。
不信感を抱いたら、1人で悩まず探偵へと調査を依頼されてください。

【浮気調査の依頼・内容】

私は神戸に住む結婚5年目の主婦です。主人はハンドクリームなどは使いますが、結婚してから香水などは使っていたことがなく、ある日家に帰ってくるとかいだことのない香りの香水がふんわり香ってきました。まあ、ビジネスマンだし香りに気をつけるのは当たり前かと、その時は気にしませんでしたが毎日カッターシャツからも香ってきました。主人に聞いてみると会社で昇進祝いにもらったのだと。
別の日クローゼットを掃除していると、見たことがないネクタイが入っていました。しかも女性が男性に贈るようなデザインの。いつもは何かをもらうと教えてくれるのに、2回も続けて何も言ってくれなかったことが不思議で仕方なくなり主人に聞いてみると「言うほどのことでもないから。」とピシャリと言われ、不信感が一気に大きくなり家の近くの探偵に調査依頼をお願いしようと神戸調査事務所に相談をしました。

【浮気調査】

実際に神戸の調査事務所に行くと浮気のケースなども教えてもらえて、主人の浮気調査をお願いすることにしました。
数日後、神戸調査事務所から連絡があり知らない女性と写っている写真や証拠として証明できる調査内容を報告してくれました。相手は私よりも若い女性。香水もネクタイもその人の好みで、プレゼントされていたようです。その証拠があったのですぐに主人と話をつけ、離婚することができました。

浮気調査を終えての所感
改めて考えると、浮気をされたことはとても腹が立ちますが、それを隠されたまま悶々と悩みを抱えての生活は脱却できて、本当に良かったと思っています。
『神戸のcase32』
依頼者:夫

女の心は海よりも深いとは言いますが、本当に女性は演者でもあります。家庭での生活や態度は本当に良い妻。
しかし、外では何をしているのか、、、そこまでは本人に監視カメラをつけているわけではないのでわかりません。これは奥さまが神戸の実家によく帰るようになったと浮気調査依頼を受けた時のお話です。

【浮気調査の依頼・内容】

僕は40代のサラリーマンです。毎日家族のために働き、家庭では優しい妻が帰りを待ってくれています。妻の母は体が悪く、時々妻は実家に帰っていました。しかし最近では1週間に1回は実家に帰るようになっていました。僕は何も疑うことなく過ごしていたのですが、ある日同僚に妻が実家に帰っているから飲みに行かないかと話した時、最近は帰る頻度が多くなっていることを当たり前のように話すと「お前それ大丈夫か?」と言われたことから、不信感が始まりました。
うちの妻に限ってそんなことは無い。そう思いたかったのですが、同僚のすすめで実家のお母さんに電話をしてみることにしました。するとお母さんは元気に電話口に出ました。しかも実家に帰ってきたのは3週間前だと言うのです。
おかしい。では妻は今日どこへ行っているのか。不信感が不安にも変わりその同僚からの勧めで、探偵事務所に浮気調査を依頼しました。探偵事務所はちょうど妻がいるであろう神戸にあったのでそちらを選びました。

【浮気調査】

浮気調査を依頼してから初めて妻が実家に帰るであろう日の次の日、事務所から連絡が来ました。
「結果は浮気をされています。」でした。沢山の写真が言い逃れの出来無い証拠として映しだされていました。どうやら地元の元カレと毎週のように会っていたようで、同窓会を機にお互い惹かれていったのだそうです。

浮気調査を終えての所感
結果は望まないものでしたが、探偵さんが迅速な調査は悩む期間すぐにを解消してくれて本当に助かりました。それに自分自身が神戸の調査事務所から離れていても、しっかりと調査報告が来るので浮気調査の依頼を踏み切ってよかったと今では思っています。
姫路のcase31
依頼者:妻

よく「男性は浮気をする生き物」といいますが、それは単に世間での表現であって実際にしていいことではありませんよね。
しかし浮気性があると、結婚後相手が手に入ったからもう一生懸命アプローチをしなくて良くなり、また手に入れる達成感のようなものを求める傾向があるようで、他の女性に目が向いてしまうそうです。

【浮気調査の依頼・内容】

私は姫路市に住む32歳の妻です。結婚2年目の私たちは周りから見ると夫婦円満。しかし、最近夫の様子がおかしいのです。帰ってきて何を聞いても上の空な返事。休みの日も午後から出勤しないといけないからとスーツで出ていきます。
そんなに毎週のように休日出勤をするわけがないですよね。それが続き、不審に感じたので近くの探偵事務所に浮気調査をお願いしました。

【浮気調査】

家が近かった姫路の探偵事務所に電話をかけ、実際に事務所でお話を聞いてもらうことになりました。
事情を説明すると、まずはしっかりと話を聞いてもらえてそれから似たケースや調査方法など教えてもらえました。
数日後探偵さんから連絡があり姫路の事務所に向かいました。見せられたのは、夫が会社から若い女性と出てきてそのまま食事、その後はホテル街と、浮気の王道のような写真が証拠としてものの見事に撮られていました。

浮気調査を終えての所感
覚悟はしていたものの実際その証拠をみると悔しさはありましたが、悩んでいたこともすっきりしました。
夫に探偵さんからもらったその証拠をつきつけると、反論もできなかったのでしょう。浮気を認めました。浮気をした理由は相手を振り向かせる刺激が欲しかったと。
それでも浮気はしてはいけないことなので、しっかり関係は解消することができました。
神戸のcase30
依頼者:夫

浮気問題で悩む男性や女性は多いです。
結婚したとしてもゴールではありません。
そのあとが大変です。結婚してしまえば、配偶者が自分のものといった考え方は間違いです。
結婚してからの努力を怠ってしまうと、相手の気持ちが冷めてしまって
浮気や不倫につながってしまいます。
結婚という制度で縛り付けても、何の意味もなくなってしまうわけです。
浮気や不倫に悩んだら、探偵の浮気調査を利用しましょう。

【浮気調査の依頼・内容】

私は37歳の男性です。兵庫県の神戸市に住んでいる男性です。
結婚したのは5年前。6歳年下の妻と結婚しました。
妻の素行がおかしいな、と思うようになってきたの3年前です。
妻の携帯に連絡がよくかかってくるようになりました。
そうすると妻は私の見えないように携帯でLINEやメールを送っているようでした。
それが疑いはじめたきっかけでした。
その後、妻は私の仕事中に外出することが増えたようです。
私も仕事が忙しいので、妻の素行調査する時間もありません。
仕事が忙しい私の代わりに、探偵の浮気調査を利用しようと思いました。

【浮気調査】

神戸市にある探偵事務所に行ってみると、探偵さんが私の話をよく聞いてくれたのがうれしかったです。
他人に相談できる内容ではないので、仕事とはいえ、話を聞いてもらえると気が楽になるものです。
探偵の方は、私のこと励ましてくれて、結局、その探偵の方に仕事を依頼することにしました。
3週間が経過した後、妻が浮気をしている証拠を見せられました。
妻は神戸市のシティホテルで、知らない男と密会をしていたようです。
キレイな洋服を着て、バッテリと化粧していました。
楽しそうに見えて、私は心の中ではとても辛かったです。
それにしても探偵の浮気調査が、写真も正確に撮影されていて、自分ではできないなと思いました。
専門家に頼むのが一番手っ取り早いと思いました。

浮気調査を終えての所感
浮気調査が終わり、妻にすべてのことを話しました。
結局、離婚することになり、私は何のリスクも取らずに別れることができました。
これもすべて探偵の方が妻の浮気の証拠を掴んでくれたからです。
離婚するのはいいこととは思いません。それでも、だめなものは仕方がありません。
配偶者の浮気悩んでいる方は、浮気調査をきっかけに、思い切って今の関係を清算してしまいましょう。
私は綺麗に離婚ができたのですっきりできました。
神戸のcase29
依頼者:夫

男性の特徴といえば、結婚すると女性が自分のものになった、と勘違いをしてしまうことです。
真面目な女性なら結婚しても浮気などしないでしょう。しかし世の中どうなるかわかりません。
女性だといっても、20代30代で若くキレイならば、それとも、 男性に魅力がないならば
他の男性に惹かれていってしまうのも仕方がありません。
浮気や不倫をされてしまうこともよくあることです。

【浮気調査の依頼・内容】

依頼者は42歳の男性です。神戸市内の会社に勤務していて、40歳の時に結婚。
「12歳離れた妻と結婚し、周囲の男性陣からはとても羨まれました。
しかし、自慢だった妻は結婚して半年ぐらいしてから、素行がおかしくなってきました。
毎日買い物から、私より遅く帰ってくるようになり、おかしいな・・・と思いました。
髪型も大きく変わりました。
今まではロングヘアの黒髪でおとなしそうな印象だったのが
髪の毛を茶色に染めて、毎朝念入りに巻髪にしています。
結婚前からガラっと雰囲気が変わっていき
私が残業で遅くなる日には
妻も同様に夜遅くまで出かけている様子でした。

【浮気調査】

自分で浮気調査をしようと思っても、仕事もあるし無理でした。
頼れる友人もなく、堀内調査事務所さんで、浮気調査を利用しました。
「最近は妻の浮気で悩んで来られる男性が凄く増えているんですよ」と励ましてくれ
私の話を真剣に聞いてくれました。
探偵の浮気は大体一か月くらいで終了しました。
妻の浮気はクロでした。
神戸市内のラブホテルやシティーホテルに入っていくところが写真に収められていました。
仲むつまじくデートをしたり、手をつないだりキスをしたりと
妻はまだまだこうして遊びたい盛りだったのだと気づかされました。

浮気調査を終えての所感
あれほど好きだったのに、妻に対する愛情が全くなくなってしまったので離婚しました。
妻は中々離婚に同意してくれず、裁判になってしまいましたが・・・
また、私が仕事で忙しかったことで攻められましたが、結果、私には否がないということでした。
彼女と別れることは寂しさもあります。
それでも私はすっかり気持ちがなくなってしまったし・・・。
今では、早々に離婚できて、さっぱりした気持ちです。
神戸のcase28
依頼者:妻

絶大な信頼があるからこそ、結婚をした相手に
裏切られているという事実は中々受入れ難いものです。
ただ、早期に気付くことで
早めの段階で浮気に終止符をうたせることもできます。

【浮気調査の依頼・内容】

依頼者は32歳の女性。神戸の閑静な住宅街に住んでいる女性でした。
「夫が、最近浮気をしている現場を見てしまいました。
繁華街を知らない女性と手を繋いで歩いていたんです。最悪ですよね。
何となく素行がおかしいな、と思っていたのですが・・・
自分では決定的な証拠がなく困っていました。
探偵の浮気調査で、確実な証拠を揃えて、口の達者な旦那を詰めたいんです。
現実を受け入れるのはとてもつらいけど
こうでもしないと、しらばっくれて、うやむやにされそうなんで。
それに、夫は会社の同僚と浮気をしているみたいだから
早く示談交渉に持ち込めば万事解決だなって。
私は夫のことを愛しているし、まだ2歳の子供も。
典型的な産後クライシスだってわかっていたので
夫婦関係は再構築できる自信がありました。
だから、会社の近辺のことや近所の情報にも詳しい
探偵さんにお願いしようと思ったんです。」

【浮気調査】

私が選んだのは神戸市内の堀内探偵事務所です。
私の旦那の会社の近くにあったからです。
話をしてみると、ものすごく気さくな人だったので緊張が解けてなんでも話せてよかったです。
浮気調査が始まって3週間くらいで調査は終わりました。
結局私の旦那は、入社したばかりの直属の部下に手を出していたようです。
結婚を知った上で交際していた相手にはきっちり慰謝料を請求しましたし
旦那には両家の親兄弟の前で証拠を見せた上で謝罪させ
二度としないと誓約書を書いてもらいました。

浮気調査を終えての所感
だらしのない旦那にお灸をすえることができて非常に大満足です。
早いうちに証拠を集めてくれた探偵さんには感謝しています。
自分一人ではここまで、証拠をそろえることはできなかったでしょう。
女性の方は周りの目を気にして、配偶者の浮気を見てみないふりをする人も多いかもしれませんが
早いうちにつらい現実を受けとめてしまえば、再構築だって早くできます。
手遅れにならないうちに、早期に解決しましょう。
神戸のcase27
依頼者:妻

スマホのメールを消去しても、予測変換をこまめに消去していても
かえってそれが怪しい・・・なんて
女の六感は鋭いものですよ?
奥様の予想通り、旦那様はなんと複数の相手と不倫関係にありました。
当探偵事務所での調査にも非常にご満足いただけたとのことでした。

【浮気調査の依頼・内容】

「私は29歳の女性です。神戸市に住んでいる女性です。
私はこのあいだ神戸市の探偵事務所にお願いをして浮気を解決してもらいました。
自力ではどうすることもできなかったので、大変感謝しています。
私の夫は37歳の男性です。サラリーマンとして働いています。
私たちが結婚したのは3年前で、結婚してから2年くらい経過したくらいで、夫に異変を感じました。
急に夫が冷たくなってきたのです。
私のことに興味がないというか、何となくそっけないのです。
たまに部屋の中に、私の髪とは全く違う髪質・ヘアカラー・長さの髪が落ちていたり
スマホを盗み見たら、予測変換に「○日、また、○○(ホテル名)で、会おう」など
怪しいキーワードの羅列・・・
あ、これは不倫しているな・・・と思いました。
悩んでいても仕方がないので、浮気調査をしてもらおうと思いました。
浮気をしているかどうかを夫に直接聞いたとしても
まともに白状するような人ではありません。
義母に言いつけて、かえって私が責められるのは間違いないと感じていました。」

【浮気調査】

私は兵庫県に住んでいるので、神戸市の探偵事務所で浮気調査を依頼しました。
探偵の方は私のような女性に慣れているらしく、スムーズに話を進めてくれました。
私の悩みや、怒りなどもしっかり聞いてくれたのがうれしかったです。
結局、その探偵事務所で浮気調査を依頼することに決めました。
浮気調査の内容は、尾行したり素行調査したりなど、素人ができるものではありません。
一つ一つの技術が高く、使用する機材も高級なものばかりです。
探偵の高い浮気調査の技術のおかげで、一か月も待たずに全ての証拠が出そろいました。
結果は、旦那は浮気をしていました。

浮気調査を終えての所感
浮気調査が終わった後に、この旦那ではもうやっていけない、と思い
離婚を決意しました。
悲しいことかもしれませんが、これから新しい人生が始まると思ったら悲しくもないものです。
証拠がすべてそろっているので、簡単に離婚することができました。
3人の不倫相手からも慰謝料をもらえ、結果はとても満足しています。
自力ではここまで綺麗に解決できない問題でした。
探偵事務所の浮気調査のおかげで、これから新しい人生を進んでいけそうです。
神戸のcase26
依頼者:男性

私はこのあいだ、神戸市の探偵事務所で、浮気調査を依頼しました。
餅は餅屋というように、浮気調査は自分でやらずに専門家にお願いをしましょう。
話もスムーズに進み、自分に有利に話を進めていくことができますよ。

【浮気調査の依頼・内容】

私は27歳の男性です。関西地方に住んでいます。
兵庫県神戸市の会社に勤務しているサラリーマンです。
私はこのあいだ浮気調査を利用しました。
妻の浮気が原因です。
浮気をされていることがわかっていたのですが、自分1人ではどうすることもできません。
インターネットで調べて、探偵の方が浮気を調査してくれることを知り、相談しました。
自分の住んでいるところからほど近い神戸市にも探偵の方がいたので
正直、直前まで行きたくない気持ちでいっぱいでしたが・・・。
私の妻は24歳でまだ若いです。
女性の浮気は、見抜きにくいとよく言いますが
本当にその通りだと思いました。
最近何だか私が1人で長時間外出するのを見送る妻の機嫌がいいな・・・と
変に思ったのが浮気を疑ったきっかけです。
だんだんと、妻の機嫌がいつもよく、休日にも朝から早起きしてメイク。
外出しないと聞いていたはずの日に
近所で偶然見かけたこともあります。
胸の谷間を強調したり、ミニスカートをはいたりして
男を誘っているようにしか見えないような、自分の見たことのない服でした。
直接、浮気をしたのかどうか聞くわけにもいかず、探偵の浮気調査を頼ろうと思いました。

【浮気調査】

私の妻が浮気をしていることを、探偵の人に相談して浮気調査をしてもらいました。
探偵の方も慣れているみたいで、話しがうまくまとめられない私の話を聞きながら
必要な事項はすべてメモしていたようです。
探偵事務所を使うメリットとしては、重点を押えて、証拠をしっかりそろえられるところです。
自分で尾行をしたら、お金と時間がかかってしまいます。
私の妻に尾行していることがバレてしまったら、津波警戒されて証拠を掴むことができなくなってしまいます。
そのため、妻も知らない探偵事務所の人なら、うまく証拠を集められるわけです。
3週間くらいですべての証拠が出そろいました。
私の知らない男と妻が、ラブホテルに入っている写真も見せられて、私は妻へ愛情が冷めてしまいました。
この証拠を使って、離婚することに決めました。
民事訴訟においても話がスイスイ進んだのでよかったです。用意しておくべきものは、すべてそろえましょう。

浮気調査を終えての所感
探偵事務所には出来ることならお世話になりたくはありません。
それでも配偶者の浮気をされてしまったらどうしようもありません。
あっという間に解決ができたのでよかったです。
浮気をされたと思いながら、顔を合わせて生活していくことはつらいでしょう。
探偵の浮気調査を使えば、受け入れるのはつらいかもしれませんが、これ以上苦しまなくて済みます。
配偶者の挙動に不自然な点が見られたら、探偵の浮気調査をおすすめします。
神戸のcase25
依頼者:妻

配偶者の浮気というものはなかなか見抜きにくいものです。
浮気に気が付いたとしても、確実に浮気をしているという証拠もありません。
「信じたくない」という気持ちも婚姻関係がある分、より大きいです。
しかし、もやもやした気持ちで家庭生活を送ることは精神的によくありません。
そんな時には探偵の浮気調査を利用してみましょう。
浮気をされていることを受け入れることはつらいことです。
誤解ということも考えられます。
早いうちに現実を受けとめてしまった方がいいと思いませんか?

【浮気調査の依頼・内容】

依頼者は、兵庫県神戸市に住んでいる女性です。
以前から、度々旦那さんの浮気に悩んでいました。
結婚を機に、元旦那さんとともに神戸に引っ越された方で
旦那さんは神戸市内に勤務しているサラリーマンでした。
「私が元夫の浮気に気が付いたのは、同窓会です。
3年前に同窓会があったのですが、その同窓会に私の元夫は参加したようです。
その日から何かとおかしかったのです。
妙に機嫌が良いというか、ニコニコしているというか、明らかに挙動がおかしかったのです。
浮気癖の酷い彼のことです。
私の予想では高校時代の彼女に再会して、体の関係を持ったんだな・・・ということは直感でわかりました。
その日から、夜の営みが全くなくなりました。
とうとう、私が彼を受け入れられなくなってしまった瞬間でした。
もう耐えきれないと思い、完全に綺麗な形で終わらせようと離婚を決意した上で
探偵事務所に依頼しました。」

【浮気調査】

「写真、行動など・・・2週間くらいで、あっけなく離婚に必要な証拠が揃いました。
予想通り私の元夫は高校時代の同級生と体の関係を持っていました。
わかっていたとはいえ、とてもがっかりしましたし、悲しかった。
残酷なくらいの証拠が揃い、いよいよ元夫と別れることに決めました。」

浮気調査を終えての所感
探偵の浮気調査のおかげで、だらしない元夫と別れることができました。
度重なる浮気をされていたことに気が付き、さすがに彼に対する愛情がすっかり冷めたので
離婚をすることに決めました。
今ではだらしない夫とはきれいに別れることができたので満足です。
これから私は新しい人生を歩んでいこうと思います。
私もまだ30歳の手前です。
これからいい人がいれば、一緒になりたいとも思います。
配偶者の選び方に失敗することは、仕方のないことです。
これからは、浮気をしないような、まともな男性を選んでいこうと思っています。
元夫の挙動があやしいなと思ったら、迷わないで、探偵の浮気調査を利用しましょう。
神戸のcase24
依頼者:妻

関西地方の中心都市と言ったら大阪ですが
負けじと都会的で、観光でも有名で魅力的な神戸。
全国からたくさんのカップルが訪れています。
当探偵社にも、実は全国から依頼がやってきます。
今回はそんな事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

依頼者は43歳の女性です。愛媛県に在住で会社員をしている女性でした。
彼女の元旦那は38歳で、同じ会社の元同僚でした。
結婚する時には、私の事を愛しているとか、甘い言葉に舞い上がっていたそうです。
今となっては、全てが騙されていたような気がします。
結婚してから気付いたそうですが、後輩の女の子と交際しているような気配があるので
調べてほしいという依頼でした。
浮気を疑い始めたキッカケは、仕事が終わってから一緒に帰ることが減ったことでした。
繁忙期も過ぎ、ゆっくり過ごせるなという日でも「先に帰って」と言われる日が増えたそうです。
これは怪しいなと思うようになって、当探偵事務所へ来所されました。

【浮気調査】

約1週間で浮気している証拠が揃いました。
彼女の予想した通り、会社の後輩の女の子でした。
必死にばれないよう、市街地で待ち合わせたり、ホテルから出る時間をずらしたり
お互いの部屋には行き来していませんでした。
ただ、同じ会社ですので、実は社内でも噂になっていたらしく
「恐らくこれまでのパターンから、この日に会うだろう」と予測したその日に
ターゲットは現れました。

浮気調査を終えての所感

浮気調査は出来ることならしたくないものです。
世の中にはだらしのない男性も多いです。
悩んでいても仕方がありません。
日本では離婚という制度が認められています。
つらく悲しい気持ちで鬱々とした日々を送るよりさっさと別れてしまった方が自分のためです。

神戸のcase23
依頼者:女性

依頼者は27歳の女性です。大阪の北エリアにある高級住宅街に住んでいらっしゃる方でした。
結婚の約束をしている彼氏が、最近になって様子がおかしいと感じ
こっそりスマホの履歴を見たら、あきらかに出会い目的の知らないSNSアカウントでの履歴が出てきました。
これは浮気されてるなと確信し、調べて欲しいということでした。

【浮気調査の依頼・内容】

彼は神戸に出張に行くことが多いのですが、どうやらそこで浮気をしているようなので
デートスポットに詳しい神戸エリアの探偵に依頼しようと思ったそうです。

【浮気調査】

依頼者の方は、一人で悩み、かなり思いつめていましたが
まずは冷静に、彼の行動パターンや、怪しかった発言など、しっかりとヒアリングを行いました。
友人や親に相談することもできず、探偵の方が話を聞いてくれたことだけでも
かなり心の助けになったと言ってくれました。
今回はあっけなく、3日間で浮気調査が終了しました。
その結果は、やはり浮気をしていました。
街中で堂々と待ち合わせし、路上でキスをしているところや、三ノ宮ではホテルから出るところが確認されました。

浮気調査を終えての所感
以下はお客様からの感想です。
「浮気調査が終わって、心の整理もつきました。
今は全く未練もありません。浮気されてしまった私に魅力がないのも悪かったのかもしれません。
探偵の浮気調査のおかげで、この人とも別れたほうがいいと決断できるキッカケとなり
何より、結婚前でよかったです!
これから新しい出会いを探して、もっと誠実な人とお付き合いできることを望むばかりです。」
神戸のcase22
依頼者:夫

配偶者に浮気をされてしまうと、大変ショックなものです。
まさか自分が浮気されるはずがない・・・と思っていたら
本当に浮気をされてしまった、そんな事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

依頼者は35歳の男性です。大阪府に住んでいるサラリーマンの方でした。
33歳の時に7歳年下の妻と結婚。
仲良く暮らし、生活にも慣れ、結婚からようやく2年が過ぎた頃
なんと、妻に浮気をされているのではないかという疑惑が芽生えたそうです。
依頼者の友人から
「奥さんが知らない男と楽しそうに歩いていた」という話を聞いたことがきっかけでした。
そう言われて依頼者は妻のイメージが変わったような気がしたそうです。
きれいになったというか、おしゃれになったというか・・・
改めて見直してみると恋をしている女の姿のような気がしてきました。
今までどうして気がつかなかったんだろう・・・と依頼者は自分を責めました。
それでも、浮気を証明する証拠などなく、信じたくない気持ちでいっぱいでしたが
とうとう抱えきれなくなり
自宅から遠く、勤務地の近くであった当探偵事務所を訪れられました。

【浮気調査】

浮気調査は1ヶ月も経たず終了しました。
依頼者が仕事をしている時に、依頼者の全く知らない男とラブホテルに入ったり
最近出来た話題のスポットでデート楽しんだりしている姿が、写真に写されていました。
依頼者は非常にショックを受けておられ、直後はカウンセリングにも通われたそうです。

浮気調査を終えての所感
以下はお客様からの感想です。
「妻が浮気をしている証拠はすべてそろったので
浮気調査の2ヶ月後には離婚しました。
裁判にするのもかわいそうで、お互いの合意で離婚しました。
浮気されているという事実を知るのは辛かったですが、離れた気持ちはどうしようもありません。
自分一人で浮気調査をしようと思ったら、仕事を休まなければいけないし
高性能のカメラのなどを購入して使いこなせなければできません。
このような面倒な仕事を請け負ってくれた、神戸の探偵事務所の方には感謝しています。
私も、新しい人生を踏み出すことができました。これからの新しい人生を前向きに生きていきます。」
神戸のcase21
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

私は32歳の女性です。関西地方に住んでいる元主婦です。
3年前、旦那の挙動がおかしいと思って、浮気をされているかもしれないと感じました。
結婚して2年目なのですが、旦那の携帯電話に無言電話がかかってきたり
知らない女からのメールが残っていました。
そういえば最近帰りが遅いし、遅くなることの連絡もしてこない。
これは怪しいな、と思い、探偵の浮気調査を申し込もうと思いました。

【浮気調査】

浮気調査は2週間程度で終わりました。
自分が浮気をされていないのでは、と自分に都合のいいように考えてしまうのが
人間の弱いところです。
結果はクロ。
ラブホテルに入るところや、手をつないで歩いている写真など・・・。
これが現実だから仕方がありません。

浮気調査を終えての所感

以下はお客様からの感想です。
「浮気をしているという証拠がそろったので、裁判で離婚することができました。
証拠を集めておいたので話も早く、すぐに離婚できました。離婚する前には、浮気調査をやっておくととても便利だな、と思いました。
私一人で、旦那の浮気調査をしようと思ったら、かなりの手間暇がかかり
探偵の浮気調査のように、しっかりと証拠集められなかったことでしょう。
新しい人生のスタートも踏み出せました。
浮気をされているという証拠を突きつけられた時はつらいものがありました。
悲しくて、悔しくて、とにかく辛い嫌な気持ちで埋め尽くされました。
それでも、現実ですから受け止めなければいけません。
今、浮気に悩んでいる方は、探偵の浮気調査を利用してください。
私は旦那の浮気調査をしてくれた、堀内探偵事務所さんに感謝しています。」

神戸のcase20
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

夫には学生時代の同級生と浮気をしていた過去がある。
発覚と同時に浮気相手を呼び付け、その場で別れ今後は一切会わないことを誓約させたが、まだ何か怪しい気がする。
このところ毎日19時には帰宅するので気のせいかもしれないが、事実を知りたい。
もしも浮気が事実であれば同じ女性であろうと思う。
今度こそきっぱりと別れさせたいので、浮気調査と一緒にアドバイスもほしい。

【浮気調査】

神戸市のはずれにある製造会社に勤めるターゲットを浮気調査いたしました。
仕事を終えたターゲットを尾行すると、ターゲットは退社するや否や急いで車に乗り込み、あるスーパーの駐車場に乗り付けました。
到着後、周囲を気にしながら車から降り周囲に誰もいないことがわかると、ニヤニヤしながら別の車の方へ走っていったので驚きました。
その車はターゲットが助手席に収まると急発進し、近くのラブホテルへ。
張り込みを続けると1時間にも満たない時間で車が出てきました。時刻は18時40分。
車の運転席に座っていたのは、依頼主様から預かったかつての浮気相手の写真と同一人物でした。

浮気調査を終えての所感
過去の浮気で不安にさせた代償だといい、毎日19時には帰宅するターゲット。
しかしそれは依頼主様を欺くための方便でしかありませんでした。
浮気調査をおこなった日も、19時きっかりに帰宅したそうです。
浮気調査報告書を見た依頼主様はあまりの怒りに言葉もでない様子でした。
どうすれば完全に別れさせられるのかとのご質問を受けたので、下記のようにお答えしました。
まずはお渡しした不倫調査報告書を見せてください。
そして、この不倫調査報告書ができることをひとつひとつ教えてあげましょう。
まずは慰謝料の請求、親権の剥奪、お相手の配偶者への告知、会社への告知などなどです。
不倫をやめないのであれば今すぐに裁判を起こす用意はあるということを、ご主人に教えてあげてくださいね。
もしも弁護士が必要であれば神戸市内の腕のいい法律事務所をご紹介いたします―。

浮気調査中、自家用車から浮気相手の車に移動する際に見た、ターゲットの嘲笑は忘れられません。
まるで隠れて悪さをすることを楽しむ、子どものようでした。

性交渉を伴う浮気は「不貞行為(貞操義務の不履行)」にあたり、夫婦がお互いに他の異性と性的交渉を持たない義務に反する行為です。
露呈し裁判となれば、経済的に深刻な打撃を受け、社会的信用を失う可能性があります。
そして、自分だけではなく配偶者や不倫相手の家庭や友人関係を崩壊させる危険すらはらんだ大変愚かな行為です。

そのことを知らず、何度も安易に不倫をおこなうような方には、時にはあつーいお灸をすえることも必要ですよ。
神戸のcase19
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

夫は一部上場企業で管理職を務める50代のエリート会社員。
3か月前ふとしたきっかけで浮気が発覚した。
問い詰めた際はごまかされたが、その後も不倫関係を続けているようだ。
耐え切れず法律事務所に相談にいったところ、まずは御社に相談し裁判に向け必要な証拠や書類を集めるようにいわれた。
裁判に有利になる浮気調査を望む。

【浮気調査】

ご依頼を受け、ターゲットの尾行・張り込みを含めた浮気調査を開始。
依頼主様からの情報により短期間で不貞の証拠をつかむことができました。
依頼主様は裁判で有利となる証拠をご希望でしたので、すぐに浮気相手の女性の素行調査に着手。
浮気相手はターゲットと同じ神戸の大企業に勤める女性でした。
女性は調査の半年ほど前に離婚していましたが、なんとターゲットとの不倫関係は離婚以前からのもので、その浮気期間は約1年という調査結果がでました。

浮気調査を終えての所感
同じ神戸市内にあり、古くから懇意にしている法律事務所からご紹介いただいた事案です。
依頼主様はもちろん、法律事務所とも細かくやり取りをし、慎重かつ早急に浮気調査を進めました。
裁判をより有利に進めるために、不貞の証拠となる写真のほか、証拠映像についても複数おさえ、詳細な報告書と合わせて依頼主様に提出いたしました。
依頼主様は不倫関係が1年も続いていたことにやはりショックを受けていらっしゃいましたが、前向きに裁判に臨む準備を進めるとおっしゃられました。
ターゲットは神戸にある一部上場企業の管理職というエリート会社員。
同じ社の女性との浮気の末、離婚の裁判をするとあっては、会社での立場にも影響がないとは思えません。
ターゲットにとって浮気は火遊びだったかもしれませんが、1年も依頼主様を裏切り続けた代償は大きいでしょう。
神戸のcase18
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

夫がやりたい放題浮気をしている。
子どもたちのために我慢しているが、限界も近い。
子どもの成長に差し障ることのないよう慰謝料を請求して別れることも視野にいれている。
しかしいざ裁判を起こす前に夫に勘付かれたら経済的な報復をされるかもしれない。
絶対にバレない浮気調査をしてほしい。

【浮気調査】

神戸市でも有数のビジネス街にある歯科クリニックで院長を務めるターゲットは、依頼主様の話に聞いていたとおり堂々と浮気をしていました。
アルバイト勤務の女性が浮気相手です。
クリニックには依頼主様も勤務されているのですが、依頼主様の目ばかりか他の従業員の目を気にすることもなくふたりは頻繁に接触し、まるでその様子を周りに見せつけているかのようでした。
このようなありさまですから、証拠も余りあるほど。
ターゲットはクリニックの休日前には浮気相手の女性のマンションに泊まるのが当たり前の様子で、入室の際も周囲を窺う気配などみじんもありませんでした。

浮気調査を終えての所感
膨大な浮気の証拠が詰まった浮気調査報告書を手に、依頼主様は気丈にも「負けたくない」とおっしゃられました。
私どもも、負けてほしくない、依頼主様とお子さんにはかならずや幸せになっていただきたいと心から思いました。
そう考えるほど、ターゲットと浮気相手の行為はあまりにも非道でした。
浮気相手がある資格を取得したことをきっかけに、浮気相手の給料は大幅に引き上げられていました。
その反面、同じクリニックで働いている依頼主様の給料は一気に落とされたうえ、業務に支障をきたすほどの嫌がらせが横行しています。
浮気相手の女性は驚くほどの好条件で迎えられており、退職する気配もないばかりか、不貞をおこなっている本人にもかかわらず、依頼主様に対しての高圧的な態度です。
ふたりとも人間的に未成熟で成長しきれていないという印象を受けました。
少なくとも、ターゲットは子どもを持つ父親とは思えません。

現在は作成させていただいた浮気調査報告書を武器に、離婚調停中ということでした。
1日も早く、依頼主様がお子さんとともに心穏やかな生活を営める日が来ることを心から願っています。
姫路のcase09
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

妻の手帳に「ホテル」という走り書きを発見した。
以来、動揺と疑念が止まらず食事ものどを通らない。
うまく眠ることもできなくなった。
心配した友人に相談したところ、姫路での浮気調査なら御社だと紹介された。
早急に妻の浮気調査をしてほしい。

【浮気調査】

ターゲットとなる妻は専業主婦。姫路市のある住宅街で依頼主様とお子さんと一緒に暮らしています。
浮気調査を開始してしばらくは、熱心に通っているというスポーツジムで体を動かしたり、スーパーへ買い物に出かけたりと、普通の主婦と変わらぬ暮らしをしているように見受けられました。
しかし依頼主様の帰宅が遅くなったある日、買い物に出かける素振りで自宅を出たターゲットは車で移動。
スーパーでバタバタと買い物を済ませたあと、同じ姫路の住宅街にある民家へ向かいました。
そこでターゲットはしばらくその民家の様子を伺い、周囲を見回ってから帰宅するという奇妙な行動をとったのです。
その行動はその後も数回にわたりおこなわれました。
調べてみるとその民家には、ターゲットが熱心に通うスポーツジムのインストラクターの男性が住んでいました。
ご依頼主様と相談のうえ、インストラクターの素行調査に切り替えたところ、男性はジムに通う複数の女性と関係を持つことが判明。ある週は女性Aと、次の週は女性Bと…。
そして引き続きの調査で、ターゲットが女性Cにあたるということが判明しました。

浮気調査を終えての所感
浮気相手となる男性には離婚歴があり、浮気調査当時は独身でした。
しかし関係を持っていた方の多くは既婚女性。
本事案の浮気調査で、スポーツジムに通う女性の多くが男性の毒牙にかかっている事実が露呈したのです。

依頼主様はあきれかえりながらも、離婚などは考えず、ターゲットときちんと話し合ってみることにするとおっしゃられていました。
「離婚するとなっては子どもに話さないわけにはいけなくなりますから…」。

浮気によって起こる事象で、気持ちのいいものなど何もないように思えます。
配偶者がいる以上、本人だけの問題ではないのです。
ともすればお子さんの社会的な立場も危うくさせる…。

職業柄多くの涙と多くの悲しみ、怒り、後悔をみてきました。
いまさらですが、大事な守りたいものがあるのであれば、浮気などしないことです。
姫路のcase09
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

最近、妻があいまいな理由で離婚を要求してきた。
詳しく聞くも、到底納得のいく理由ではない。
大きくはないが姫路市にマイホームを建て、妻を精いっぱい愛してきたつもりだ。
ふたりの子どもも元気に育っている。
自分に原因があるとは思えないが、妻は離婚してくれないのなら、とそのあいまいな理由のまま離婚調停を申し立てた。
そんなことを知る妻ではないので、誰かの後ろ盾があるはずだ。
それは男ではないかと疑っている。急いで浮気調査をしてほしい。

【浮気調査】

緊急に浮気調査を開始しました。
調査中、ターゲットとなる妻は時々周囲を窺うなどの行動をみせました。
子どもとも必要以上にくっついたり、甘やかしているように見えることもありました。
調査開始からしばらくは警戒を解きませんでしたが、ある日子どもを車で塾に送り届けたのち、自宅とは正反対の方向に進行。
姫路市から離れたひと気のない公園の駐車場に入っていきました。
森林の茂るその公園は身を隠すのにもぴったり。
難航しましたが、持てる技術すべてを駆使し、ターゲットが男性の乗る別の車に移り乗るのを確認。
その後ターゲットは男性と話し込み、子どもの塾が終わる時間まで会話を続けました。
自分の車に戻る際や公園を出る際も周囲を窺うなど慎重で、姫路市に戻ってからもかなり警戒している様子でした。
しかしこの日何事もなかったことに警戒心を解いたのか、その後の調査では公園で接触していた男性とホテル込みの逢瀬を繰り返し、私ども探偵に不貞の確かな証拠を披露したのでした。

浮気調査を終えての所感
浮気相手の男性はターゲットの勤める会社の同僚でした。
実は当該の男性も離婚調停を申し立てており、浮気調査をおこなっていた期間は調停の進行中。
あの日ひと気のない公園での密会は、知識の乏しいターゲットに離婚調停についてのレクチャーをしていたと考えられます。
ターゲットが警戒していたのは依頼主様の目だけではなく、浮気相手の男性の妻の目でもあったのです。

共謀してお互いに円満離婚し、新たな生活をすることでも夢見ていたのでしょうか。

残念ながら、その手前勝手な夢が叶わないことは間違いありません。
依頼主様は、弊社が製作した浮気調査報告書を持って調停に向かわれましたから。
神戸のcase17
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

夫が浮気をしていると知人から聞かされた。
しかし正直なところ半信半疑である。
半年ほど前、教育方針の相違や家庭内の問題で夫婦仲がぎくしゃくし、お互いの頭を冷やすために、数か月間実家に帰っていた。
その間に浮気をしていたと知人はいうのだが、現在夫と暮らすマンションに帰ってきてみても、飲みに行く回数が増えた程度しか変わったところはない。
しかし気にはなるので、真実を知るために浮気調査を依頼する。

【浮気調査】

ターゲットとなる夫は交友関係が広く、男女問わず多くの飲み仲間がいました。
浮気調査を開始した当初はその中の女性との接触を警戒しておりましたが、調査を進めると飲み友達とは別の女性の存在が明らかになりました。
その女性とターゲットは月に数回の頻度で会い、じゃれあう友達同士のようなふたりはいつも神戸市の特定のホテルで時間を過ごすことが通例のようでした。

浮気調査を終えての所感
浮気調査の結果を報告すると、依頼主様はハンカチで口元を押さえその後も長い時間言葉を発することはありませんでした。
なんと浮気相手の女性は、ターゲットのいとこにあたる方。依頼主様とも何度も面識があり、ときには食事を共にすることもあったそうです。
浮気をしていることにも半信半疑の依頼主様でしたから、相手がいとこという事実はかなりショックであるようでした。

ターゲットは子どものころから付き合いがある気軽さから、いとこの女性に依頼主様との関係について相談していました。
最初は相談に乗るだけだったものが、依頼主様がご実家に帰られている期間に関係が進んでしまったようです。
日本の民法では3親等以内の結婚が禁止されています。
いとこは4親等ですから、法律的には結婚も可能で、もちろん恋愛も自由です。
しかし、だからといって不倫をすることはいわずもがな許されることではありません。

このようなショッキングな浮気調査となりましたが、その後も離婚はせず関係を修復していく方向で話し合いを進めておられるとお聞きしました。
お聞きした際には驚きましたが、浮気調査中のことを振り返ってみれば、ターゲットといとこの浮気相手はホテルに入るにも食事をするにもまるで子ども同士が遊んでいるような印象で、そこに恋愛があるとは思えないほど、無邪気な空気でありました。
もしかすれば恋愛感情などふたりの間にはなく、互いの寂しさを埋めていただけなのかもしれませんね。
だからこそ依頼主様ももう1度やり直してみる気になった…。

とはいえ、恋愛感情の有無にかかわらず無責任にじゃれあい、配偶者以外との接触行為が許されることではないことを付け加えておきます。
神戸のcase16
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

再婚して間もない夫が浮気をしている。
神戸市で車の部品製造会社を経営する夫と、再婚同士で結婚したのはわずか4か月前。
しかし会社のパート女性との仲が非常に怪しい。
職場で顔を合わせているにも関わらず、電話でわざわざ連絡をとりあっていることや、帰宅が深夜になる日があることなどから、浮気はほぼ確実と考えている。
浮気調査の結果を武器に、何としても浮気をやめさせたい。

【浮気調査】

浮気相手と目される女性が出勤する日に合わせ、慎重に浮気調査を開始しました。
ある日の夕方、ターゲットと当該の女性は社用車で外出。
取り引き先での打ち合わせのあと、会社には戻らず、レストランで食事をし、近くのビジネスホテルに入っていきました。
ターゲットは深夜にタクシーで帰宅。女性はそのままビジネスホテルに宿泊し翌朝に帰宅しました。
ターゲットが経営する会社もビジネスホテルも神戸市内で、ごく近い距離間にあります。
社用で会社近くのビジネスホテルに滞在する必要があるはずもなく、その後の調査結果から見ても、ターゲットの浮気は決定的でありました。
やはり依頼主様の勘に間違いはなかったのです。

浮気調査を終えての所感
報告ののち、すぐに浮気調査の結果を突きつけ、浮気相手と別れること、伴侶を大事にすること、旅行に連れていくことなどを約束させたという依頼主様。
ご報告の際は「そうであろうと思いましたけど実際に(写真を)見ると悲しいものですね」とお辛そうでしたが、ご連絡をくださった折には、旅行が楽しみですと辛さを吹き飛ばすように笑っておられました。
実はターゲットとなったご主人は80歳というご年齢。
せっかく縁があって再婚されたのですから、悲しみや怒りよりも、楽しい時間でこの先を彩ってあげたいという依頼主様の気丈なやさしさなのかもしれませんね。
神戸のcase15
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

夫が離婚を口にするようになった。
実は半年ほど前から私との接触を避けるようになり、さらにそれまで無頓着だったオシャレに興味を示し始めたことで不審に感じていた。
その疑心のせいで私自身もぴりぴりしていたが、些細な口喧嘩程度で離婚をしてもいいというような言い回しで責められると、不安でならない。
母に相談したところきちんと調べてみた方がいいといい、神戸市の浮気調査に実績のある御社を探してきてくれた。

【浮気調査】

浮気相手となる女性の見当がつかないということでしたので、まずは仕事帰りのターゲットを調査し、行動パターンを確認することから浮気調査を開始いたしました。
ターゲットは依頼主様に仕事が忙しいと話していたようですが、神戸市にあるターゲットの会社は調査当時閑散期で、残業は週に1度あるかないか。
同僚や友人と飲みにゆく以外は毎回同じ女性と会っていました。
互いに家庭を持つふたりは同じ会社に勤めており、バラバラに会社を出てからのちに落ち合うという方法で逢瀬を重ねていました。
不貞の証拠となる写真等をおさえ報告いたしました。

浮気調査を終えての所感
浮気調査結果をご報告すると、依頼主様はハンカチで目頭を押さえたまま、ずっと俯かれておりました。
同席されたお母様は怒り心頭のご様子で、「二人ともすぐに訴えます。絶対に許せない」とおっしゃられていました。
その後お母様に伺ったお話では依頼主様に有利な形で離婚の手続きを進めており、浮気相手の女性にも慰謝料を請求。
女性のご主人にも浮気の事実が露呈し、泥沼状態であるということでした。
裁判が有利に進むのは結構なことではありますが、実は私どもは依頼主様のことが気にかかっておりました。
半年も疑念を抱えつつもターゲットを質せなかった依頼主様。
離婚という言葉がターゲットから発せられるたびに不安を募らせた依頼主様。
浮気調査報告を聞き、涙された依頼主様。
依頼主様は、もっとターゲットと向き合いたかったのではないかと思うのです。
話し合ったとしても同じ結果になったのかもしれませんが、あまりの早さで事が運び、依頼主様の気持ちが置き去りになっているような印象がありました。
しかし私ども探偵は、浮気調査のその後について口を出す権利はありません。
例え過去の依頼主様をどこかで見かけてもお声かけすることはありません。
求めに応じ一生懸命浮気調査をおこなうことしかできませんが、いつでもどんな事案だったとしても依頼主様の明るい未来をお祈りしております。
神戸のcase14
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

恥ずかしながら、夫の財布に風俗店のカードと店員と思われる女性の名刺が入っているのを見つけてしまった。
風俗店を利用しているかもしれないということだけで十分ショックではあるが、2歳の子どももおり、遊びなのか不倫なのか気になる。
名刺の女性と特別な関係なのか浮気調査してほしい。

【浮気調査】

早速調査を開始すると、ターゲットが通うのは神戸市内の繁華街にある風俗店。
週に1回のペースで来店していることがわかりしました。
毎回名刺の女性を指名しているようですが、プライベートでその女性と会うことはなく、あくまで店の従業員と客の間柄。
風俗店に通っている以外で他の女性との接触もなく、ターゲットにご心配されているような浮気の事実はないとご報告いたしました。

浮気調査を終えての所感
浮気調査報告書を見た依頼主様は、子どもが生まれてから育児に専念しておりご主人との生活がおろそかになっていたと反省されていました。
夫婦から家族になると、それまでとは異なる生活が始まります。
はじめての子育てということもあり、依頼主様は子どものために無我夢中で頑張られていたのでしょう。
仕方のないこととはいえ、ターゲットはそれを上手に受け入れることができなかった。
しかし、ターゲットの心のどこかには受け入れなければならないという責任感もあったからこそ、依頼主様にそれを強要することもなく別の方法を選んでしまったのではないでしょうか。
後日、依頼主様から頂戴したメールには、浮気調査のことは伏せ風俗店のカードを見てしまったことを告白したところ、ご主人が「子どもが生まれてから夫婦生活もなく、自分の居場所がないように感じて店に行くようになった」と話したとありました。
それからご夫婦でじっくりと話し合い、もう風俗店にはいかないこと、今後は互いがもっと夫婦の時間を大切にしていくことなどを約束したそうです。
メールは、今では新婚の頃のようなよい関係に戻ったと、幸せ一杯の言葉で締めくくられておりました。
神戸のcase13
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

ここ数日、深夜に「これから飲みに行く」と連絡が入ったり、何も連絡を入れず終電以降の時間に帰宅したりと、夫の様子がおかしい。
気になって夫の携帯を見ると、女性とメールのやり取りをしていた。
今月末には、その女性とボディボードの1日体験教室に行く約束をしているようだ。
その日に浮気調査をしてほしい。
不貞の事実があるなら、親権を取って離婚したいと思っている。

【浮気調査】

依頼主様との綿密な打ち合わせののち、浮気調査はボディボードの体験教室の日を中心とした数日としました。
その日、ターゲットは依頼主様に出張で泊まりになるといっており、宿泊を前提としている以上、体験教室の翌日の調査も必要であろうという提案をご了承いただいたものです。
結果、ターゲットの不貞の証拠はもちろん、依頼主様が親権を得るために有効であろう調査結果をお出しすることができました。

浮気調査を終えての所感
本事案で依頼主様は離婚し親権を得たいという明確な希望をお持ちでした。
ですから浮気調査では、浮気の証拠だけではなく、ターゲットがいかに親として不相応かがわかる証拠も合わせて収集しました。
ターゲットは、子育てには相当のお金がかかることを知っているにも関わらず、神戸市内でも有数のハイクラスホテルに泊まり、高級な食事を楽しんでいました。
そしてボディボードの体験教室およびホテルには、浮気相手を奥様と偽って予約。
残念ながら親としても家庭人としても失格といわざるを得ません。
すべての浮気調査結果をお聞きになった依頼主様は、「これだけしっかりとした証拠があれば大丈夫ですね」とおっしゃり、今後について相談できる弁護士を希望されたため、当社の顧問弁護士を紹介させていただきました。
私ども堀内調査事務所では、ご希望があれば弁護士や法律相談所などをご紹介することも可能です。
なお、神戸市内に本部相談所を設けてはおりますが、ご希望があれば神戸市以外の弁護士についてもご紹介できますので、ご希望の方はぜひ1度ご相談ください。
神戸のcase12
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

主人がまた浮気をしている。
1年前発覚した浮気を許してしまった私が悪いのかもしれない。
同じ相手なのかはわからないが、忘年会だといって遅くまで帰らなかった日、実際には忘年会などなかった。
今すぐに神戸市の○○○という会社に勤める主人と、○○○という女性を調査してほしい。

【浮気調査】

浮気調査を開始してすぐに、ターゲットが勤める神戸市の○○○という会社で事務として従事する女性との頻繁な接触が判明しました。
女性は、依頼主様が懸念されていたとおり1年前にターゲットと浮気し、別れたはずの女性でした。
浮気を問い詰めた当時、ターゲットは「アルバイトの子で、もう退職した」と依頼主様に説明していたそうです。
しかし、実際には派遣社員として現在もターゲットと同じ会社で働いていました。
言い逃れなどできないよう、決定的な不貞行為の証拠をつかむべく「接待で他県に泊まる」という日を追加調査しましたが、ターゲットは神戸を出ることもなく、当該の女性と神戸市内でもかなり高級なホテルに1泊していました。

浮気調査を終えての所感
調査結果をご報告すると、依頼主様は「懲りたと思った私が甘かったのかもしれません。
現在子どもは小さく、住宅ローンも残っているので離婚はありません。
相手側に慰謝料を請求して、今度こそきっぱりと別れてもらいます。
裁判でも使える資料を求めたのはこのためです」とおっしゃいました。
母は強し。そして女性は強し。
こんなにも家族を大事に思える女性を配偶者としているのですから、これを機にターゲットには心を入れ替えて、ご家族と本当の幸せを築いていただきたいと思います。

私ども堀内調査事務所では離婚の予定の有無に関わらず、依頼主様からの希望があれば裁判でも使うことが出来る浮気調査報告書を作成いたします。
離婚を決めかねている、裁判を起こすか今はまだわからない、などで悩んでいる方がいらっしゃいましたらまずはご相談ください。

フリーダイヤル:0120-964-079
匿名での相談可、365日24時間迅速対応

メールフォーム:http://www.horiuchichosa.com/contact.html
神戸のcase11
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

半年前から様子がおかしい夫の浮気調査を依頼したい。
夫の帰宅時間はほとんどが23時を過ぎ、週末は出張や休日出勤を理由に外出するため、在宅時間がほとんどない。
妻である私に対しての態度も非常に硬く、子育てにも関心が薄れている。
以前育児についての考え方に相違があり大きくぶつかったのだが、そのころからこのままでは夫婦としてはもちろん、家族として生活していくことがいいことなのかわからなくなった。

【浮気調査】

ある週末、「取引先と食事会がある」と言って出掛けたターゲットの浮気調査を開始しました。
ターゲットはホテルのラウンジにて女性と接触。
最上階へと向かいレストランで食事をしていましたが、ふたりの様子から、女性が取引先の人間である可能性はまずないと判断できました。
そのまま尾行を続けると、ふたりは神戸市内のカラオケボックスに入り、その後近くの居酒屋へ移動。
最後はラブホテルへと入っていきました。

浮気調査を終えての所感
神戸市の会社で働くターゲットの身辺を調査すると、ターゲットは親しい友人に「離婚するかもしれない」と話していることがわかりました。
そのことも合わせて報告すると、依頼主様は「子どもに対する責任だけはきちんと果たしてもらうつもりです」とおっしゃられました。
浮気のお相手は同じ神戸市の会社にいたターゲットの元部下。
会社での聞き込みの結果、結婚退職したのちに破談となった当該の女性が悩んでいた時期、ターゲットも子どもの進学や、義理の親との不仲などの不安を抱えていたようです。
共働きで家庭を維持してきた本事案のご夫婦でしたが、依頼主様の親御さんのお力を借りることがあったようで、それを不満に思っていたターゲットが浮気の口火を切ったようです。
思い返せば育児について話し合った際、ターゲットは「親に子どもを預けず仕事を辞めたらどうだ」と依頼主様にいったそうです。しかし様々な事情からそれを深く受け止めることがなかった依頼主様に対し、ターゲットは心を閉じていった…。
ターゲットにしてみれば夫婦仲修復のための言動だったのかもしれません。しかし依頼主様にしてみれば、浮気の心配がある以上、仕事を辞めた後で離婚ということになっては困ると、慎重にならざるを得なかった―。
残念なことではありますが、夫婦が真に心を開いて話すことができなかったことが、すれ違いの始まりだったのかもしれません。
せめて浮気の疑念が生まれたそのときに浮気調査をおこなっていれば、なにかが変わっていたのかもしれないと思うのは探偵の戯言でしょうか。。。
姫路のcase08
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

学生時代から付き合い、6年の交際を経て結婚した夫の浮気調査をお願いしたい。
これまで何度となく女性の影を感じたものの、ただの遊びだと目をつむってきたが、結婚3年目の今、この先も浮気におびえ悲しみを味わうのかと思うと嫌気がさした。
離婚を前提とした浮気調査を望む。

【浮気調査】

ターゲットが姫路市のスーパーの駐車場で女性と接触したのは、浮気調査初日。
女性の車へ移り、しばらく会話を楽しんだのちに帰路につきましたが、ターゲットの様子から、
浮気相手の女性であると確信しました。
浮気調査を進めると、やはり当該の女性が浮気相手。
ターゲットと女性は姫路市のはずれにある小ぶりなマンションへと入り、不貞行為を繰り返しておりました。

浮気調査を終えての所感
学生時代からターゲットは女性関係にだらしがなく、結婚する前にも結婚したのちも依頼主様の心にはいつも疑心があったといいます。
浮気調査を依頼することを決心したのは、この先もずーっと浮気におびえ一生暮していくのだろうか、それで本当にいいのだろうか、と思えたことだといいます。
依頼主様のご決心は英断でした。
ターゲットは、依頼主様には内緒でこの小ぶりなマンションを借りているのです。
ターゲットの仕事は機械とシステムの関係上職場でしかできないものですから、このマンションはいわば浮気用。
今後も、相手の女性は変わってもこのマンションで浮気が繰り返されるに違いありません。

経験上、学生時代のお付き合いからご結婚されたご夫婦が浮気するケースは少なくありません。
社会に出れば価値観が大きく変化するからです。
学生時代のように同じコミュニティの中で過ごすわけではありませんので、話も合わなくなるでしょう。
ひとは、話して楽しい似た価値観を持つ人間に心地よさを感じるものです。
だからこそ同じ会社の人や似た業種の人に魅力を感じてしまうのでしょう。
本事案のように、学生時代のお付き合いの中で浮気を許されてきた経験が、パートナーを助長させることケースもよくあります。

学生からお付き合いのある方同士のご結婚に反対しているわけでは決してありません。
ですが、もしもお付き合いしている方との結婚を考えており、もしもそれが社会に出たてのおふたりならば…
心得のひとつとして心に留めておいていただければと思います。
姫路のcase07
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

真実を知り自分を取り戻したいので夫の浮気調査をしてほしい。
夫は私のすべてを否定する。
料理をすれば「口に合わない」、掃除、洗濯などにも「なぜもっと上手にできない」、何かをいえば「おまえには教養がない」などと、すべて頭ごなしに否定する。
3か月もそんな状態が続き、自分を見失ってしまった。
考えてみると夫は私のすることを誰かと比べているようだ。
それよりも上手にできていないことが気に障るようである。
まさかとは思うが、ほかに思いあたる節がない。
精神的にも限界なので、夫の女性関係を調べてほしい。

【浮気調査】

依頼主様の精神状態が心配で、すぐにターゲットとなる夫の浮気調査を開始しました。
調査初日、ターゲットは自宅とは異なる方向へ車を走らせ、姫路市内のあるマンションへ入っていきました。
部屋から出てきたターゲットはひとりではなく、若い女性と一緒。
ふたりは寄り添うようにターゲットの車に乗り込み、他県へドライブ。
道中に食事を楽しんだのち、姫路市へ戻り女性のマンションで一夜を過ごしました。

浮気調査を終えての所感
依頼主様が浮気調査のご相談にみえたときから、私どもはターゲットの浮気を確信していました。
ターゲットは、帰宅時間が遅くなることはもちろん、連続の週末出張、車の使用回数などが非常に多かったのです。
浮気相手となる女性の素行調査も並行しておこなっておりましたが、その調査で判明した事実は依頼主様にとって耐え難い事実であるようでした。
過去女性は、ターゲットの子どもを中絶していたのです。
妊娠した女性はターゲットに、依頼主様との離婚と自分との結婚を望んだそうです。
しかしそれは叶いませんでした。

ターゲットが依頼主様に辛くあたった心理については、私どもには知る由もありません。
しかしこの事実を目の当たりにし、次のように考えました。
ターゲットは浮気相手の女性に後ろめたさを感じ、浮気相手がほっした「妻」という地位にいらっしゃる依頼主様の「不完全な部分」が気になり始めた。
浮気相手の女性よりも依頼主様を選んだのだから、依頼主様には浮気相手の女性よりも「完璧」であってほしい。
料理も家事も、すべて女性よりも出来て当たり前。
出来ないなんて依頼主様の方がおかしい…。

もちろん私どもの勝手な推測です。
ご自宅を調査させていただいた際にお見受けした依頼主様の家事は非常に質の高いものでしたし、料理もお上手のようでした。
ターゲットから感謝されこそすれ、罵倒されるべき失点など一切なかったのです。
そのため、弱みがあるほど男性は居丈高になるという話を思い出し、邪推してしまいました。
弱みや後ろめたさ、疚しさに押しつぶされ自分を見失っていたのは、ターゲットの方ではなかったのか、と。
浮気調査報告を受け、依頼主様は「できることはすべておこない、夫には自分が何をしたのか身をもって知っていただきます」とおっしゃられていました。
姫路のcase06
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

夫の浮気調査をお願いしたい。
先日、夫の財布にレストランのレシートが入っていた。
何気なく見てみると、残業をするという連絡が入った日付のレシートで、2名分の会計であった。
同僚と夕飯を食べたのかもしれず、グレーではあるが、実は夫は以前も姫路のお店の女性と浮気をしていたことがある。
そのときは問い詰めた末に浮気を認め、二度と浮気をしないと約束した。
しかし今回のレシートを発見したとき、相手と別れていないのではないかという予感がした。

【浮気調査】

ターゲットが勤める姫路市の会社は残業が多いようで、週末はほとんどが残業ということでした。
そのため、金曜日をメインに浮気調査をおこなうことにいたしました。
初日はターゲットが依頼主様に伝えていた通り、かなり遅くまで残業のようでした。
終電近い時間になって同僚男性と会社を出、疲れた様子で帰路につきました。
しかし翌週の金曜。
18時過ぎに会社をひとりで出てきたターゲットは姫路市内の飲食店で女性と接触。
食事を楽しんだのちふたりはホテルに入り、終電までの時間を過ごしました。

浮気調査を終えての所感
浮気調査報告書をご覧になった依頼主様は「あの女じゃない」とおっしゃいました。
ターゲットは以前浮気をした女性とはまた別の女性と、新たに不倫関係を築いていたのです。
二度と浮気をしないという約束を破ったターゲットに落胆した様子でしたが、「同じ女性に執着しているわけではないので、離婚はせず話し合うことにする。きっと更生させてみせる」と前向きでした。

「浮気は繰り返す」という言葉を、職業柄よく聞きますが、あるひとは癖のようなものだとおっしゃっていました。
お箸の持ち方だったり貧乏ゆすりだったり、何気なくしてしまう、癖。
もしそうであるなら、振り回される周りの人間はたまったものではありませんよね。
依頼主様のためにも、ターゲットが更生されることを心から願っています。
姫路のcase05
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

仕事柄出張の多い主人は、帰宅すると疲れからかいつも機嫌が悪い。
それに対しては慣れているので、いまさらどうとも思わないが、
ある日の出張帰りは普段よりも多くしゃべり、驚くほど機嫌がよかった。
気味の悪さを感じるとともに、なにかあったなと直感した。

【浮気調査】

出張が本当に多いターゲット。
依頼主様からのご相談を受け打合せを重ねるうち、すぐに新たな出張の予定が組まれました。
行先は依頼主様が何かを感じ取った出張と同様の隣県です。
その日に標準を合わせ、浮気調査をおこないました。
当日、ターゲットは新幹線でご家族の住む姫路市から隣県へ。
取り引き先をまわったり、ランチミーティングをこなしたりと精力的に仕事をこなしていました。
しかし夕方、仕事を終えたターゲットはある女性と接触。
レストランで食事をし、なんと女性の住居と思われるマンションへと入っていきました。
ふたりは朝までマンションから出てくることはありませんでした。

浮気調査を終えての所感
仕事一筋のひとだと思っていただけに衝撃です…。
浮気調査結果報告書をご覧になった依頼主様は、がっくりと肩を落としました。
ターゲットはよく出張に出かける県で、のちに浮気相手となる女性と出会い、出張のたびに距離を縮めていきました。
そして依頼主様が異変に気付いた出張で、初めて不貞行為を犯したようです。
その時だけの火遊びのような浮気ではなく、まるで恋をしているようなターゲットの行動に、依頼主様は傷ついたのでしょう。
その後依頼主様はお気持ちを整理されるのにかなりの時間を要したようですが、ふたりのご子息も独立したため、ご自身の生き方、将来を見直すいい機会だとお考えになり、離婚を決心されました。
姫路のcase04
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

姫路で自営業を営む夫は、ゴルフとお酒を好む。
週末ともなれば仲間の男性と一緒に出掛けるのが日常であった。
気に留めてもいなかったが、あるとき夫の帰りを待ち窓の外を眺めていると、夫が誰かの車で送ってもらったところだった。
運転席には存外に女性が座り、別れる際も親密な様子。
問い詰めることが怖く疑念だけが残り、不安を消せないため、浮気調査を依頼する。

【浮気調査】

ターゲットが毎週のように楽しむゴルフの帰りに的を絞り、浮気調査をおこないました。
その日、ゴルフ仲間とラウンドを楽しんだターゲットは仲間と連れ立ちあるスナックへ。
数時間が経ち、仲間がちりぢりに帰っていく中、ターゲットだけは席を立つこともなくスナックに残りました。
すべてのお客が居なくなってもターゲットは出てきません。
閉店間際になってから出てきたターゲットは、そのスナックのホステスと一緒でした。
女性の車に乗り込み帰路へと向かう途中、車は細い路地停まりました。
暗視スコープを用い調査を続けると、ふたりは車内で抱擁しキスをしていましたが、決定的な証拠となる行為はおこなわずそのまま帰宅。
次週も同様の行為のみでしたが、3週目、ついに決定的な証拠をつかむことができました。

浮気調査を終えての所感
約30年の結婚生活を思い返しながら浮気調査報告書をご覧になったという依頼主様は、うっすらと目に涙をうかべていらっしゃいました。
「もう若くはないのだから嫉妬とかいうものはないの。ただただ、悲しくて滑稽ね」
改めてお話を伺うと、今まで浮気を疑ったことは何度かあったものの、浮気調査を実行したのは今回が初めてだということでした。
今もターゲットのことは心底憎めない。
それは仕事を頑張っている姿を一番近くで見てきているからだと依頼主様はおっしゃいます。
浮気を疑う回数よりも、身を粉にして働く姿を見る回数の方が多いのよ。
困ったように寂しそうに笑う依頼主様のお顔は忘れることができません。
そして、依頼主様は浮気相手には慰謝料請求をおこないましたが、離婚はしないことを選択しました。
ターゲットには最大限の誠意を見せるように約束させた上で、残りの人生を夫婦としてどうあるべきかを話し合いながら、夫婦関係の修復していくことを望まれたそうです。

愛の形というものは、本当に様々なのだな、といままでよりも深く、実感させられた事案となりました。
神戸のcase10
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

定年退職した夫が毎週同じ時間にどこかへ出掛ける。
帰宅した夫が下着を裏返して履いていたことがあり、何をしていたのか聞くのが怖くなってしまった。
聞けずにいるままもう5年経つ。
年齢も年齢なので気のせいかもしれないが、出掛けた日には生き生きとした顔で帰宅するため、誰かと会っているのではと思う。
念のため浮気調査をしてほしい。

【浮気調査】

ターゲットが同じ時間にふらりと出かけるという日曜をメインにし、浮気調査をおこないました。
ターゲットは趣味で借りているという神戸市内の畑へ向かい、長い間作物の状態を見ておられました。
しばらくするとバスに乗り、大きなホームセンターへと移動。
畑の作物を守るためのネットや育成を助ける支柱棚などをじっくりと見回ってから、自宅のある街へと戻ってきました。
そこからターゲットは自宅の方へは向かわず、別の道へ。
慣れた様子であるアパートの前まで来ると、颯爽とアパートへ入って…いかず、隣接している畑にいた住人らしき男性のもとへ駆け寄り、野菜作りについて相当な時間話し込まれていました。
その後も数回にわたり浮気調査をおこないましたが、女性の影は一切見えず、ホームセンターや園芸店、畑作りの名手(?)がいる場所などを巡り、怪しい行動は見受けられませんでした。

浮気調査を終えての所感
退職後に始めた趣味というのは、奥様にはいいにくいものかもしれませんね。
それまで仕事一辺倒だったご主人が、新しい趣味にはまってまたも家庭から離れていく。
本事案もそれに近いものだったようです。
依頼主様からご報告いただいたその後のご夫婦はといえば…
「家庭菜園をやってみたいから教えてほしい」と奥様からアプローチしたところ、ご主人は張り切っていきつけ(?)のホームセンターへと連れて行ってくれたそうです。
そこで小さなプランターを買い野菜作りを始めると、ご主人は色々なアドバイスをくれるようになり、ご夫婦の会話がぐっと増えたとか。
きっと、仕事を終えたあとにも構ってくれないご主人を見るのが寂しくて疑念を持ってしまった奥様と、仕事を終えて奥様とどう接していいのかわからないご主人との、すれ違いが生んだわずかな歪みだったのでしょう。
下着の件については「もう老眼ですし、始めから裏返った下着をはいていたのかもしれませんね」と恥ずかしそうに微笑んでいらっしゃいました。
神戸のcase09
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

定年を数年後に控えた夫が、夫婦の貯金を使い込んでいることが分かった。
調べてみると週末にゴルフ練習場へ通うようになってから貯金が減り始めている。
昔から女性問題が絶えない夫ではあったが、お金に手を付けたことはなく不安に感じている。
女性問題が絡んでいるのかも含めた調査にしてほしいので、浮気調査としてお願いしたい。

【浮気調査】

週末を中心に浮気調査をおこないました。
初日、ターゲットを尾行したところ、到着したのは神戸市にある中堅の練習場で、費用はそれほど高額とは思えません。
使用しているゴルフクラブも使い込み腕になじんだ様子のクラブで、ゴルフにのめり込みお金をかけているようには見受けられませんでした。
そこで依頼主様と相談のうえ、普段と異なる時間に練習場へ向かう日に連絡をいただくことになりました。
連絡のあった当日、ターゲットは午前中から「打ちっ放しに行く」と告げ、車で自宅を出ました。
が、向かったのはあるファミリーレストラン。そこで女性と合流し、食事を済ませてから練習場へ向かいました。
女性と楽しげに練習を終えたのち、神戸市のはずれにあるホテルへと入っていきました。
ホテルから出てきたのは陽が落ちかけたころです。
その後も、神戸市内へ戻ってデパートで女性にアクセサリーをプレゼントしたり、高級フレンチで食事をしたり、 高層ビルのバーへ立ち寄ったりし、帰宅したのは23時ころでした。

浮気調査を終えての所感
その後の調査により、ターゲットの浮気相手は若いころモデルの経験がある女性だということがわかりました。
ゴルフ仲間の紹介で知り合ったというこの女性のために、ターゲットは散財していたようです。
浮気調査をおこなった日も女性はブランドマークの付いたゴルフウエアで高級クラブを振っていましたから、
それらもターゲットが買い与えたものかもしれません。
一方、依頼主様は、初めてご相談にいらっしゃった際も浮気調査報告をおこなった際も、つつましい装いでありました。
のちに依頼主様から伺ったお話によると、今までの女性問題では離婚を求めることはなかったそうですが、 今回初めて言及したとのこと。
ターゲットは真っ青になり「浮気は金輪際止めるから考え直してほしい」と頭を下げたそうです。
浮気相手にも家庭があったため、話し合いに同席してもらった際には「主人に話すことはやめてほしい」と縋りつかれたとお話されていました。

私見ではありますが、長い間、つつましくも毅然と家庭を守ってきた依頼主様こそ、
幸せな生活を送られるに相応しいと思います。
これからは今までの我慢を取り戻すくらい、お幸せになってくださいね。
神戸のcase08
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

神戸市内で医師をしている夫が知らない女性とメール交換をしているようだ。
子ども4人のためを思うと、夫婦ふたりでしっかりと育てていきたいので離婚は考えていないが、
事実をきちんと把握して問題を解決したい。
浮気を疑ったのは、出張で手術があると別の市に出かけたこと。
普段そういった場合も神戸から出ることはないので何かおかしいと思い携帯電話を確認した。

【浮気調査】

ターゲットとなる夫の調査を開始するも、特定の女性との接触は見受けられませんでした。
すぐに浮気調査の方針を切り替え、神戸市内のターゲットがよくいく飲食店やジム、カフェなどを調査。
すると、神戸の繁華街にあるターゲット行きつけのバーでメールの相手である女性が見つかりました。
しかしターゲットが当該の女性に興味を持ち連絡先を交換していたもので、
深い関係どころか大人数で食事を楽しむ程度の間柄であることがわかりました。
出張で手術をしたことが事実だったことも合わせ浮気調査報告をいたしました。

浮気調査を終えての所感
今回の事案は依頼主様の早とちり…とは断定できません。
連絡先の交換を求めた時点で、夫は女性に、少なくともバーで顔を合わせる以上の関係を望んだといえるからです。
放っておけば、浮気につながる可能性は十分ありました。
本事案は、いわば「浮気の芽」を摘むための浮気調査。
浮気心が大きく育つその前に適切な方法で防ぎ止め、大事に至らないようにする浮気調査です。
芽の時点でわかるものなら苦労はしない、そういう方もいらっしゃるかと思いますが、
他人から見ればなんだそんなこと、と思っても何かしら違和感を感じ取れるのが夫婦のきずなです。
事実「神戸市を出て出張手術をする」たったそれだけの普段と違う行動から異変を察知できた本事案の奥様の慧眼には、夫婦の深いつながりを感じました。

今この稚拙な文をご覧の方も、もし夫婦間で少しでも気にかかることがありご不安に思うならば、
浮気調査をしてみるのもいいかもしれませんよ。
神戸のcase07
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

神戸市内の同じ職場で働く夫と、同僚の女性の関係に疑念を持っている。
以前夫に直接聞くと否定したが、信じきれないままずるずると2年が経ってしまった。
信じなければいけない、でも…を繰り返し、精神的にも辛い。
浮気が本当ならばどうしてやろうとかいう気持ちはないが、とにかくはっきりさせたい。

【浮気調査】

ターゲットとなる夫が「残業する」という日に浮気調査をおこないました。
ターゲットは1時間程度で残業を終え、依頼主様が会社を出たことを確認したうえで、
お相手と思われる同僚女性と一緒に会社を退出。
その後ふたりは神戸市内の飲食店で食事をしたあと、仲良くホテルへ入っていきました。
依頼主様にとってはショックであろうと思いましたが、包み隠さず報告いたしました。

浮気調査を終えての所感
依頼主様は、非常に疲れていました。
神戸の相談所に訪れた際も喫茶店での打合せの際も、ぐったりと肩が落ち、
視線が定まらずうつろな印象さえ受けました。
依頼主様とターゲットは、同じ職場で出会い結婚し、
公私ともに充実した生活を送っていたそうです。
しかし依頼者様と多くの仕事を共にした、いわば戦友ともいえる同僚女性とターゲットが同じチームとして仕事をするようになってから、生活は一変したそうです。
ターゲットの帰宅時間が遅くなり、嫌がっていた休日出勤も積極的にするようになりました。
出勤時間もまちまちで、依頼主様との時間はみるみる減っていきました。
社内ではターゲットと同僚女性が仲良く話している場面を何度も見せられ、
依頼主様は仕事も思うままにはいかなくなっていったそうです。
自宅にターゲットが帰ってくるとそのことを責めたててしまい、
夫婦仲はギクシャク。ターゲットの帰宅時間はますます遅くなりました。
信じたい気持ちから、お互いの将来を見据えての別居もしてみたそうです。
しかし疑念は去らず、すれ違いは続き…そうしているうち、
浮気を否定したターゲットの言葉を信じられない自分に対しての嫌悪感も生まれたそうです。
信じたいのに信じられない。
信じられないのは自分が嫉妬深く夫を疑る醜い人間だからではないだろうか―。

…浮気が、人を壊すことは実際にあります。
私ども堀内調査事務所はこうしたケースを何度も目の当たりにしてきました。
だからこそ、不安の渦に巻き込まれる前の浮気調査を心からおすすめしています。
本件の依頼主様はターゲットとよく話し合い、もう一度やり直すことにしたとお伺いしました。
浮気調査報告が依頼主様の心からの気持ちを話すきっかけになったそうです。

現在お悩みの方がこの稚拙な文をご覧になっていたら、ぜひこれ以上悩まずご相談ください。

私ども堀内調査事務所は匿名での相談をお受けしています。
24時間365日フリーダイヤル・メールでの相談窓口も設けています。
もちろんご相談の費用は一切いただきません。
いつでもご連絡くださいね。
フリーダイヤル:0120-964-079
神戸のcase06
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

神戸へ単身赴任中の夫の様子がおかしい。
1年前までは週末かならず自宅へ戻るほど家族愛があったのに、近頃は帰ってこないばかりか電話にも出ないことが多い。
自宅に戻らない休日の行動も気なる。
すぐに離婚するつもりはないが、万が一のことを考えると証拠集めはしておきたい。

【浮気調査】

神戸に単身赴任中のターゲットから「自宅に戻らない」と連絡があったある週末。
依頼主様と相談し、浮気調査をおこないました。
浮気調査を開始した直後、ターゲットはある女性と神戸市内のお店で待ち合わせしたのちにターゲットの赴任先住居へ向かい一昼夜出てくることはありませんでした。
あまりの即解決に依頼主様の気持ちが気になりましたが、依頼主様の今後のことを考え、
お相手の女性の情報なども合わせて調査報告をいたしました。

浮気調査を終えての所感
寂しさを紛らわそうと、単身赴任中に浮気をしてしまうケースは多く聞きます。
赴任している方だけではなく、ご自宅で待っている側の方が不倫に走ってしまう場合もあるようです。
しかし離れているとその兆候もわかりづらいもの。
そこで私ども堀内調査事務所にご依頼のあった単身赴任に関わる浮気調査の中で、
聞くことが多かった不審のきっかけをご紹介いたします。

【単身赴任しているご本人の兆候】
・電話連絡が減った
・仕事が休みの日にも自宅に帰らない
・(子どもがいる方)子どもの話題を避けるようになった
・自宅に帰ってくるとそわそわしている
・自宅に帰ってきても携帯電話を離さない
・洋服の趣味が変わった


【自宅に残った側の兆候】
・電話をしても自宅にいないことが増えた
・部屋が整理されていないことが増えた
・店屋物を取った形跡がある
・(子どもがいる方)子どもを実家や友人宅に預けることが多くなった
・携帯電話を離さない
・洋服の趣味が変わった

また、経験上ですが、単身赴任先で浮気をする方のタイプとして「食事をひとりで摂るのが寂しい」と感じる方が多いように思います。
もしも気軽な外食が苦手で寂しがりやタイプの方が単身赴任することになったら、注意するのがいいかもしれませんね。

その他にも気にかかる点がありましたら、浮気調査に多くの実績を持つぜひ一度私ども堀内調査事務所へご相談ください。

特に神戸の事案についてはお力になれると思います。
神戸は企業も多く、単身赴任される方も多い場所。
そういった場所は往々にして繁華街も華やかです。
誘惑の多い街でもあります。経験豊富な私どもにお任せください。
神戸のcase05
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

音楽を生業とし芸能人にあたる夫の浮気調査をお願いしたい。
各種メディアには絶対に勘付かれない浮気調査をする探偵を探している。
夫は神戸の事務所に所属しているため、事務所にバレずに調査が可能なのかも含め返答がほしい。
相手はわかっているので、知る範囲で情報もお渡しする。
とにかく秘密を守って浮気調査をしてほしい。

【浮気調査】

依頼主様からの情報提供により、的を絞った無駄のない浮気調査をおこなうことができました。
結果、事務所の横やりを受けることも、各種メディアに調査の実態を勘付かれることもなく無事に浮気調査を終了。
ターゲットと女性との接触、不貞の証拠となる写真等も揃えての結果報告となりました。
依頼主様が非常に協力的だったことが調査の進行を助けました。

浮気調査を終えての所感
神戸は多くのミュージシャンを輩出してきました。
曲の情景にも神戸を題材とした名曲が多数あります。私自身も音楽が好きです。
しかし、ではミュージシャンの浮気調査をお断りするかといえばそれは次元が違うこと。
依頼主様のご希望があれば、どんな職業の方でも浮気調査をおこないます。
それが例え芸能人でも政治家でも同様です。
依頼主様の不安の解消のために持てる技術を全力で駆使します。
もちろん個人情報は一切漏らしません。
ターゲットおよび依頼主様が特殊な職業をお持ちの場合、迷われる方もおられると思いますが、
探偵にとって秘密の保持は法で定められた職務のひとつです。
ぜひ安心してご相談ください。

なお、堀内調査事務所では芸能人などの『ファン』といわれる方からのご依頼をお断りさせていただいております。
ターゲットと直接のかかわりがなく、興味本位でプライベートをお知りになりたいというご依頼は、
限度を超えたストーカー行為に発展する危険があるため、お引き受けできませんのでご了承ください。
姫路のcase03
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

ある日、友人と会うといって妻が出かけた。
高校時代の友人と会うということだったので特に気に留めずいたのだが、
夕方ころに戻ってきた妻は話しかけても反応が薄く、どこかぼうっとしていた。
おかしいと思ったのだが、翌日には普段の妻に戻ったので様子をみていた。
しかし、しばらくして同じように友人に会うと外出したと思うと、帰宅後の妻の様子はやはりおかしい。
だが翌日には普段の妻に戻る。この不思議な外出が、今では月に1度ある。
考えてみれば、20年ぶりだという高校の同窓会があったあたりから始まっている。
浮気調査と姫路の○○高校○年度卒業生の情報を集めてほしい。

【浮気調査】

ターゲットが同じように「友人と出かける」という日、ピンポイントで浮気調査をおこないました。
ターゲットは自宅を出ると電車を乗り継ぎ、姫路の繁華街へ。
同年代の男性と接触し、しばらく街を散策したのちホテルに入っていきました。
ホテルにチェックインする前はどこかよそよそしく、ターゲットにもお相手の男性にも緊張が見て取れましたが、
ホテルから出てきたときには手をつなぎ、仲睦まじい様子へ一変。
手をつないだまま最寄り駅へと向かう道中も、ふたりの身体はぴったりとくっついていました。

浮気調査を終えての所感
浮気調査と同時進行でおこなった姫路の○○高校○年度卒業生の調査で、
ターゲットと浮気相手の男性は学生時代プラトニックなお付き合いをしていたことがわかりました。
学生時代の恋人に20年ぶりに会い、愛が再燃したのでしょうか。
しかし実際に浮気調査をおこなった私は、それとは違う何かを感じていました。
逢瀬の翌日には普段通りに戻るターゲットのことや、ホテルに入る前の素振り。
何より1か月に1回という逢瀬の回数。
探偵という職業の経験上、愛が介在する浮気相手とはたった10分でも会いたいと思うものだと私は知っています。
ターゲットは、お相手というより学生時代に戻ったような「振る舞い」に魅力を感じているように思えたのです。
しかし、よしんばこの予想があたっていたとしても不倫は不倫。
依頼主様の心に傷を残さずにはいられない不貞行為です。
この予想をお話するか迷っていたところ、依頼主様は浮気調査の結果報告とともに提出した同窓会の集合写真と、
ターゲットが持っていた卒業アルバムを見比べ、「学生時代に戻ったように錯覚して舞い上がっているのだろうか」とつぶやかれました。
その後にいただいたご連絡によると、依頼主様は離婚せず、妻に事実を見せて浮気を止めさせ、
浮気相手の男性に慰謝料請求されたそうです。

ご報告をお伺いし、どこか安心した気持ちになった浮気調査事例でありました。
姫路のcase02
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

姫路に住んでいるが、夫は単身赴任で県外に出ている。
月に1度はかならず姫路の自宅に戻りふたりの子どもたちと一緒に食事を楽しむのだが、
先月見たこともない洋服を着て帰宅した。
指摘すると自分で買ったという。
しかし洋服などにはてんで無頓着な夫が今まで洋服を買うことなど一切なかった。
疑うのは心苦しいが、心配なので単身赴任先の浮気調査をお願いしたい。

【浮気調査】

ターゲットの赴任先に出張浮気調査へ向かいました。
退社後のターゲットを尾行すると、女性との接触を確認。
ふたりはターゲットが暮らす赴任先住居へ親しげに入っていき、朝まで出てくることはありませんでした。
依頼主様と相談し女性の素性調査に移ります。
浮気相手となる女性は、ターゲットよりも20歳も年下。
ターゲットと同じ会社で働く部下だと判明しました。
引き続き浮気調査を進めると、ある休日女性と待ち合わせののち大型ショッピングモールへ出掛けたターゲットは、
洋服や靴、バッグなどを女性と一緒に選び購入していました。

浮気調査を終えての所感
ターゲットの裏切り行為にかなりのショックを受けたそうですが、お子さんふたりは多感な時期で、
父が浮気をして離婚したとなると依頼主様以上にショックを受けるだろうという配慮から、離婚は踏みとどまれたそうです。
時間はかかっても、子どものために信頼関係を築きなおしたい。
しかし浮気という誰も幸せにならないことをしたふたりが何の処罰も受けないのはおかしい。
そんな依頼主様が選んだ選択は、浮気相手の女性への慰謝料請求。
「子どもも妻もある人間と浮気をすることの愚かさをきちんと理解していただくために、
もう浮気を2度と繰り返さないように請求させていただきました。」
そうお話される依頼主様の目には、女性ならではの賢さと、母の強さが見えました。
姫路のcase01
依頼者:夫

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

妻の浮気調査をしてほしい。
動かぬ証拠はもちろん浮気相手についても詳細を知りたい。
ふたりは姫路市内にある会社で一緒に働いている。
不貞の証拠を突きつけて、浮気相手にどういうつもりで妻と浮気をしているのか質したい。
相手が言い逃れできないような結果を含んだ浮気調査を望む。

【浮気調査】

ターゲットとなる妻は、近頃週に1度は何かと理由をつけて遅く帰宅するそうです。
浮気調査をスタートさせた日も、会社の飲み会の予定があると依頼主様に申告して出勤したとのこと。
ターゲットが勤めるのは姫路のある中堅企業。
浮気相手と目される男性も同様の会社に勤め、ターゲットとは同じ部署の同僚です。
会社の定時を過ぎ出てきたターゲットはひとりでした。
自家用車に乗り込み、姫路の繁華街とは逆の方向へ向かいました。
この時点で飲み会の予定は嘘とみて問題ないと判断できます。
ターゲットはあるシティホテルの駐車場で停車し、しばらく車内に滞在。
数分後、駐車場に別の車が停まり、それを見たターゲットは周囲を気にしながらその車の助手席へ素早く乗り込みました。
運転席には依頼主様が浮気相手と目されていた男性。
車は隣の市のある飲食店へ向かい、食事後、ホテルへ入っていきました。
ホテルでの滞在時間は3時間ほど。
車を利用することが多い姫路市の事案では非常によくあるパターンの密会です。
不貞の証拠となる写真や資料を揃え、依頼主様へ提出いたしました。

浮気調査を終えての所感
依頼主様は最初の面談でお話されていた通り、浮気報告書を携え浮気相手のもとへ談判しに出かけたそうです。
離婚を経験し現在は独身である浮気相手は両親とともに実家で暮らしており、
談判にはご両親も同席されたとのことでした。
ご両親の目の前で妻との一切の連絡、接触を断つことを誓約させ、
書面にも残してきたといいます。
「動かぬ証拠があったからこそできたことです」と依頼主様からねぎらいのお言葉を頂戴できました。

浮気調査によって真実を知り、問題が解決に向かうケースは多々あります。
特に女性の浮気は、経験上深みにはまることが多く見受けられますので、
もしも悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご相談ください。
私ども堀内調査事務所は、姫路での浮気調査についても多数の実績をもっております。

神戸のcase04
依頼者:社員

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

自分の部下が、自社社長と関係を持っているという噂がある。
社内の風紀や統制が崩れているため、早急に事実関係を確認し、社長と話し合いの場を持ちたい。
可能であれば噂がどの程度社内に広まっているのかも確認しておきたい。

【浮気調査】

社長と当該社員の終業後を調査しました。
ひと目を避けるような素振りはさほどみせず、神戸市内でも名の知れたホテルへの出入りを確認。
情報収集の際、他の社員にも聞き込みをおこないましたが、
噂を耳にしたことがあるという社員が残念ながら多くいらっしゃいました。

浮気調査を終えての所感
依頼主様は神戸市のある会社の専務。
社長と社員をターゲットとした、非常に特異なケースの浮気調査です。
専務はターゲットのご家族ではないため、ふたりの性格や考え方などを明確にご提示いただくことが難しく、
懸念を残したまま浮気調査をスタートしましたが、まったくの杞憂。
社長と社員に警戒心はさほどなく、事実関係を確認するのに多くの日数はかかりませんでした。
それというのも、実は浮気に該当するのは部下にあたる方。
そのため、この浮気が社内の統制に大きく影響したのかもしれませんね。
あまり聞かないケースですから、噂も広く流布したのかもしれません。

結果を受け、依頼主様となる専務は頭を抱えていらっしゃいました。
浮気は当事者のご家族だけでなく、周りのひとをも不幸にします。
その後社長とどのような話し合いがなされたのかはわかりませんが、現在も神戸で会社経営は続いているようです。
会社の健全な発展を心よりお祈りいたします。
堀内調査事務所ではご紹介した事例のような特異なケースの浮気調査も承ります。
神戸の街にも様々なネットワークを持っておりますので、
浮気調査だけではなく特殊な事情をお持ちの場合でもお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル:0120-964-079
匿名での相談可、365日24時間迅速対応
メールフォーム:http://www.horiuchichosa.com/contact.html
神戸のcase03
依頼者の嫁

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

昨年急に「離婚したい」と夫にいわれた。
申し出を断るとわかったというのでその場は収まったが、離婚したい理由もはっきりいわないまま。
不審に思いつつも、現在まで様子をみてきた。
しかし先日子どもと一緒に外泊した際、どうやら夫もどこかに泊まったようで、
神戸市内のホテルのレシートを発見。
心を決め、離婚を前提として浮気調査を依頼する。

【浮気調査】

ターゲットの浮気調査を始めると、すぐに特定の女性との関係がわかりました。
ふたりはパソコンのオンラインゲームがきっかけで知り合ったようで、
神戸市内のホテルに向かう道中でもゲームの話題で盛り上がっていました。
昨年、ターゲットが依頼主様と離婚を考えたのも当該の女性との関係が原因のようです。

浮気調査を終えての所感
パソコンやスマートフォンの普及で、実際に顔を合わせなくても他人と知り合うことが簡単になりました。
特にSNS(インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築するサービス)で知り合った方々が起こした事件については、ニュースになることも珍しくなくなりましたね。
実はオンラインゲームも、チャット(リアルタイムに文字ベースの会話をおこなうシステム)が付属しているものが増えており、
お互いの趣味であるゲームをしながらおしゃべりを楽しむことができます。
プロフィール欄には自身の写真をアップロードすることができますから、
擬似的にですが、ゲーム上で趣味の合う好みの異性と知り合うことができるのです。
SNSだけではなく、ゲームや掲示板などそこかしこに『出会い』が転がっているのがインターネットの現状です。
しかし、予防策をとるにも、インターネットは現代社会においてもはや不可決なメディア。
配偶者やパートナーからインターネットを遠ざけるのは至難の業です。

「ではどうすればいいの?」とお叱りをうけそうですが、
現在のところでは、インターネット上では不可能な『人間同士の触れ合い』の時間を増やし、
浮気をする気を起こさせないこと、でしょうか。
それが一番難しい、というお叱りの声がまた聞こえてきそうですが、
いくら技術が発展しようとも、もとをただせば問題は生身の人間の間に起こること。
インターネットがない時代も現在も変わらず、
人間の間でもっとも重要なのは心のつながりとスキンシップではないかと、
私ども堀内調査事務所は考えています。
神戸のcase02
依頼者の娘

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

「夫の様子がおかしい」と娘から相談を受けた。
いろいろ考えて弁護士に相談したところ、法的な手段をとるにもとらないにもまずは証拠をそろえた方がよいという。
そこで弁護士から調査事務所などを利用しての浮気調査をアドバイスされた。
神戸で実績のある御社に依頼したい。

【浮気調査】

ご令嬢の夫をターゲットとし浮気調査をおこなったところ、ある女性との接触の多さが気になりました。
そして浮気調査の核となる日。
ターゲットは家族に告げていた予定とはまったく別の行動をし、神戸市の繁華街で当該の女性と待ち合わせ。
そののち、慣れた様子でホテルへ入っていきました。

浮気調査を終えての所感
ご令嬢は浮気の兆候がショックで、次の行動をとることを怖がっているとのことでした。
そこでご家族が、どんな結果になろうともご令嬢が不利な立場にならないよう準備をしたケースです。
準備のひとつとして、神戸での浮気調査に実績のある私ども堀内調査事務所をお選びいただきました。
結果報告では裁判でも利用できる詳細な報告書をお渡ししましたが、裁判を起こすか否かは未定で、
今後ご令嬢とじっくりと話し合ってから決めたいとおっしゃられておりました。

浮気が発覚しても、すべての方が裁判を起こすわけではありません。
夫婦間やご家族間の話し合いによって離婚以外の道を選ばれることもあります。
しかし、どんな道に進むことになってもいいよう、『備える』ことは大切です。
配偶者やパートナーに浮気の兆候を発見したにも関わらず、
事実と認めるのが怖くて何もできない、という方は実は大変多いです。
しかし、何も準備しないままでは、万が一のことが訪れた際、
悪いのはあなたではないのに不利な立場に立たされてしまうかもしれません。
残念ながら、『見てみぬふり』が問題を解決することはないのです。

あなた自身の未来のために、準備が必要です。
ひとりで悩まず、まずは信頼できるご家族や秘密の保持を職務としている探偵などにご相談くださいね。
神戸の浮気調査であれば、私ども堀内調査事務所が力になります。
神戸のcase01
依頼者の娘

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

8年間をともにした内縁の夫から、突然好きなひとがいると打ち明けられた。
相手には家庭があるにもかかわらず、内縁の夫にプレゼントをするなど積極的であるらしい。
今後のことを考えると、証拠となるものを持っていた方がよいのではないかと思い、浮気調査を依頼する。

【浮気調査】

内縁の夫の調査を開始してまもなく、お相手の素性が判明しました。
家庭を持つ神戸市の幼稚園の先生です。
ターゲットとの逢瀬を繰り返すだけでなく、ふたりの関係を決定づける場所への出入りも確認できました。

浮気調査を終えての所感
「内縁関係」は、双方に結婚の意思があり、世間一般的に見ても夫婦同然の生活をしている男女の関係を指します。
結婚と同様の法律保護を受けることは(原則として)できませんが、
婚姻に準じる関係として法的な保護が適用され、内縁関係を不当に破棄したと認められる場合、
慰謝料の請求などが認められるケースもあります。
そのため依頼主様は浮気調査に踏み切られましたが、ターゲットとなった内縁の夫はそのあたりの認識が浅く、
浮気を軽視していたようです。
浮気のお相手からもらったプレゼントを依頼主様に見せるなど軽率な行動からもそのことがうかがえます。

依頼主様とターゲットは、神戸市にて8年間も生活をともにしてきました。
8年間も夫婦同然の生活をしているのであれば、例え結婚の届け出をしていなくても絆の深さは相当のものでしょう。
どうかお互いを大切にし、幸せになってほしいと思います。

堀内調査事務所は、婚姻関係だけではなく内縁関係にあるパートナーの浮気調査についても多数実績がございます。
お悩みの方がいらっしゃいましたらぜひお気軽にご相談ください。

ペットの捜索依頼
依頼者Iさん(51歳・主婦)
【依頼内容】

依頼者は可愛がっているペットのネコが勝手に家を出て行ったまま帰ってこなくなり、心配をした依頼者より、ネコの捜索依頼を受けました。この依頼者はネコの死を案じておりましたので、弊社に特急の案件として依頼がありました。

調査結果
このネコは普段から放し飼いにされており、街の色々なところに出没しておりました。弊社の従業員を総動員し、街中のローラー作戦をかけた末に、ようやく発見をしました。
依頼者にも大変喜んで頂き、印象に残る依頼となりました。
結婚相手の身元調査
依頼者Tさん(26歳・飲食店店員)
【依頼内容】

依頼者には長年付き合っている彼氏がおり、この度めでたく婚約をすることになりました。しかし、この彼氏は長いこと依頼者と付き合っているにも関わらず、実家どころか両親にも合わせてもらったことがないとのこと。本格的に婚約するにあたり、彼氏の両親と面会する前に身元の調査を依頼されました。

調査結果
結論から言いますとこの彼氏、実家、両親は普通の家庭でした。ですが、1点だけ隠していた点がありまして、それは彼氏の両親が過去に喫茶店を経営し、そのお店が潰れてしまったことです。
その時の借金が1000万程度残っておりました。依頼者は借金は問題ないのですが、隠されていたことに憤慨し、しばらく保留となっておりましたが、つい最近無事結婚したとの知らせを聞きました。
彼氏の浮気調査
依頼者Tさん(21歳・事務員)
【依頼内容】

依頼者には長年付き合っている彼氏がおり、ゆくゆくは結婚も考えておりました。その彼氏が最近冷たくなり、不安になった依頼者が会社の同僚と浮気をしているのではと考え、浮気調査を依頼されました。

調査結果
彼氏は22歳とまだ若く、会社にも入りたてということもあり、慣れない社会人生活を送っておりました。
会社の同期と飲み会とかはあるものの、浮気の様子もなく、ただ疲れていたという結論になりました。
2人は今は良い関係となり、お付き合いを続けております。
兆候のない浮気調査
依頼者Tさん(28歳・兼業主婦)
【依頼内容】

お互い共働きの為日頃より忙しく、すれ違いも多かったのですが、優しい夫に満足しておりました。しかし、ある日TVで浮気の特集をしており、少し気になったので、依頼をしてみました。

調査結果
依頼者より5日間の依頼があったので、いつも帰ってこない日を調査してましたら、会社の同僚と浮気をしておりました。
この夫は浮気をしていましたが、その後ろめたい気持ちにより、依頼者に優しくしていたと言っていました。
今では浮気の関係もなくなり、お互い良い関係に戻ったと聞いております。
夫の浮気調査
依頼者Kさん(42歳・主婦)
【依頼内容】

依頼者が育児ノイローゼにより、夫に勧められて実家に帰ったが、依頼者がいないのをいいことに、仕事の帰りが遅くなったり、飲みに行く機会も増え、おかしいと思い依頼しました。

調査結果
依頼者の夫の誕生日に依頼を受けまして、浮気相手に会っているのを確認しました。
依頼者に連絡をし、浮気相手の誕生日プレゼントを確認したところオーダーメイドのドレスコードでした。
最初は会社の同僚から貰ったと言っていましたが、問い詰めるとすぐに観念しました。
スポーツジムの浮気調査
依頼者Rさん(38歳・会社員)
【依頼内容】

最近依頼者の奥さんが健康のため、スポーツジムに通いだしたのはいいが、それにしては熱心すぎる。またジムなのに、入念に化粧をして出かけるようになった。本当にジムに通っているのかわからないので、依頼をしました。

調査結果
ジムに出かける7日間浮気調査の依頼をお受けしました。結論を言いますと、ジムに通っておりました。ただジムのトレーナーに気に入っている人がいるらしく、熱心にアピールしておりました。
ただトレーナーは若く、奥さんを特別相手にしていない様子だったので、依頼者Rさんは安心した様子でした。
プロポーズしない彼への身辺調査
依頼者Yさん(29歳・事務員)
【依頼内容】

今付き合っている彼とはもう5年になりますが、いっこうに結婚をしたいという意欲が感じられない。何度言ってもはぐらかされるだけなので、身辺調査を依頼しました

調査結果
最初5日間の依頼を受けました。すると彼にはもう1人恋人が存在しました。その後追加調査の依頼を受けまして、調べましたところその女性とは籍を入れていました。依頼者のYさんとは結局別れることになりましたが、Yさんはすぐに次の良い方が見つかったようです。
車のピアスから浮気調査
依頼者Bさん(37歳・主婦)
【依頼内容】

夫の車の中から私の物ではない、女性物のピアスが見つかり、それから疑心暗鬼になりました。今までは何とも思っていませんでしたが、それからというもの車に乗って出かけているときは浮気をしているのではないかと思ってしまい、浮気調査の依頼をすることにしました。

調査結果
夫の会社員は会社の同僚の女性と週1回程度のペースでデートを繰り返してました。同僚の女性は不倫と知っていた様子。
同僚の女性は常々「結婚をしたい」と言っていたが、男はハッキリと態度に現さないので、密かな抵抗としてワザとピアスを車に残していました。発覚してからは、夫は同僚の女性とは別れ、謝罪をしたので今回はお咎めなしとなりました。
単身赴任中の妻への浮気調査依頼
依頼者Sさん(47歳・会社員)
【依頼内容】

単身赴任で実家を4年程空けていたSさん。4年越しに実家に帰ると嫁の態度が急変。いきなり「別れたい」と訴え出した。自分には何の心当たりも無かった為、実家を空けている間に他に男が出来たのではと思い、浮気調査を依頼しました。

調査結果
嫁は実家を空けている間に他に男が出来ていた模様。単身赴任時は実家に男を何度も呼んでいたと判明。
単身赴任から帰って来てからは、2人がホテルで浮気をしているところを突き止め、報告をしました。本人達も認めていることから、慰謝料もなしで別れることが決まりました。
息子の結婚相手の素行調査
依頼者Aさん(58歳・主婦)
【依頼内容】

会社員の長男(26歳)が「結婚したい人」がいると言い、ぜひ一度会ってほしいと言ってきた。
実際、会って話をしたところ派手な服を着た息子より10歳年上の女性で、離婚歴があり子どももいるという。頭ごなしに反対したのではより一層感情的になると思い、その場はぐっと堪え「就職したばかりなので」という理由で、もう少し期間を置くように伝えたが別れる様子もなく、生活費として毎月数万円のお金を渡していることを掴んだ。この女性の現在の職業、以前の離婚理由、借金の有無等息子が心配なので調べて欲しい。

調査結果
平日の仕事内容や、交友関係等調査の結果、以前の離婚理由は該当女性の浮気であったと判明。慰謝料支払等のため親族に借金がある模様ということが判明した。現在は、通常の会社勤務をしており金遣いは質素だと言えるが子どもの養育等の資金繰りのために息子からの援助を受けている様子だと報告した。