神戸のcase240| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase240

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase240
依頼者:独身女性

結婚前に破談になるというケースは、多くないようですが、今回は来月、結婚式を予定しているカップルの話です。結婚が近くなってきているのに、フィアンセの態度が急に冷たくなってきたということで、依頼があったケースについてご紹介します。

【浮気調査の依頼・内容】

彼とは1年前に三ノ宮の飲み屋さんで知り合い、よく飲みに行くようになりました。その後、共通の趣味である、テニスを一緒にしたりしているうちに付き合うようになり、結婚の約束をしました。ところが、最近、彼の態度が急に冷たくなり、以前はデートの帰りは家まで送ってくれていたのに、駅まで見送ってくれるだけになったり、食事代も今までは全て出してくれていたのに、今月から私に払ってほしいとお願いしてくるようになりました。結婚が近いのに、彼の態度が今までと比べると、あまりにも違うので、友人に紹介してもらった神戸の探偵事務所に浮気調査をお願いすることしました。

【浮気調査】

調査は1週間からしてもらい、必要なら延長するというかんじで進めることになりました。彼は親から引き継いだ不動産会社を経営しており、すでに私たちの新居も決まっています。彼は仕事が終わると新居で寝泊まりしていますが、初めの1週間は特に何も起こりませんでした。ところが、調査をもう1週間延長したところ、ある女性と会っていることがわかりましたが、普通にいろいろと話して帰っていったということでした。

調査を終えての所感

結局、その女性とは結婚式での私へのサプライズを話し合っていたそうで、ピアノを弾かれる人でした。彼の態度が急に冷たくなったのは、最近、仕事や結婚式の準備が忙しすぎて、態度に出てしまったということでした。事実がわかって安心しました。探偵事務所に調べてもらわなかったら、そのままずっと自分の中で浮気を疑い悩んでいたかと思うと、思い切ってご相談してよかったです。ありがとうございます。