姫路のcase171| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 姫路のcase171

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
姫路のcase171
依頼者:夫

浮気をしたことが一度わかったのだけれど、別れると約束してくれたから許して夫婦としてやり直すことにしたという方は多いです。それでうまくいく夫婦ももちろんいますが、妻がまだ浮気をしているのだとしたら夫としてそれを許すわけにはいきません。このまま黙っていたらいつまでたってもそのままですから、浮気調査をしてまずは浮気の有無を調べましょう。

【浮気調査の依頼・内容】

48歳の姫路に住む男性です。6年前に妻は子供の小学校の役員をしていたときに知り合った男性と浮気をしました。浮気がわかって問い詰めたところ、妻は浮気を認めて謝ってきたので許したのですが、最近また外出が増えるようになり、まだ別れていないのではないかと気になりました。妻も用心しているでしょうからわたしが調査してもだめだろうと思い、探偵事務所をたずねて相談しました。

【浮気調査】

平日は家にいることが多く浮気している様子はありませんでしたが、なぜかいつも日曜日になると用事を作って妻は出かけようとします。探偵事務所に相談した結果、この日曜日があやしいということになり、日曜日に妻が家を出てからの調査を依頼しました。妻は姫路駅で友達と会うと家を出ましたが、駅近くのモールの駐車場に車を停め、そこに男性が乗り込んでそのままホテルに行きました。次の日曜日も調べてもらうことにしました。

調査を終えての所感

結局、妻は浮気相手とは別れておらず、関係は実は10年以上も続いていたことがわかりました。何年も騙されていたことにがっかりして最初は呆然としてしまいましたが、子供も今では中学生になっていてしっかりしてきたので、話し合った末に離婚することにしました。苦しい決断でしたが、このままずるずる浮気されたままにしなくてすんで良かったと思っています。