姫路のcase05| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 姫路のcase05

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
姫路のcase05
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

仕事柄出張の多い主人は、帰宅すると疲れからかいつも機嫌が悪い。
それに対しては慣れているので、いまさらどうとも思わないが、
ある日の出張帰りは普段よりも多くしゃべり、驚くほど機嫌がよかった。
気味の悪さを感じるとともに、なにかあったなと直感した。

【浮気調査】

出張が本当に多いターゲット。
依頼主様からのご相談を受け打合せを重ねるうち、すぐに新たな出張の予定が組まれました。
行先は依頼主様が何かを感じ取った出張と同様の隣県です。
その日に標準を合わせ、浮気調査をおこないました。
当日、ターゲットは新幹線でご家族の住む姫路市から隣県へ。
取り引き先をまわったり、ランチミーティングをこなしたりと精力的に仕事をこなしていました。
しかし夕方、仕事を終えたターゲットはある女性と接触。
レストランで食事をし、なんと女性の住居と思われるマンションへと入っていきました。
ふたりは朝までマンションから出てくることはありませんでした。

浮気調査を終えての所感
仕事一筋のひとだと思っていただけに衝撃です…。
浮気調査結果報告書をご覧になった依頼主様は、がっくりと肩を落としました。
ターゲットはよく出張に出かける県で、のちに浮気相手となる女性と出会い、出張のたびに距離を縮めていきました。
そして依頼主様が異変に気付いた出張で、初めて不貞行為を犯したようです。
その時だけの火遊びのような浮気ではなく、まるで恋をしているようなターゲットの行動に、依頼主様は傷ついたのでしょう。
その後依頼主様はお気持ちを整理されるのにかなりの時間を要したようですが、ふたりのご子息も独立したため、ご自身の生き方、将来を見直すいい機会だとお考えになり、離婚を決心されました。