神戸のcase318| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase318

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase318
依頼者:夫

奥さんが離婚を切り出してきたけれど、はっきりと離婚理由を言わないというケースがあるようです。離婚したい理由が不倫であれば、もちろん言いたいはずはありません。そんな方によく浮気調査を依頼されますが、不倫の事実がはっきりすれば慰謝料の話は進めやすいので、離婚理由に心当たりがなければ探偵事務所に相談してみましょう。

【浮気調査の依頼・内容】

私は1年間単身赴任をしていて、半年前に三ノ宮に戻ってきました。年末年始やゴールデンウィークなどの連休は神戸の自宅に戻ってきていたが家族とは年に5回程度会うくらいで、妻とも以前より会話する回数が減るようになりました。単身赴任から帰ってきてからも仕事が忙しく、私は妻と一緒に食事をとることもなくなったため食事を作ってもくれなくなり、なるべく家で一緒にならないように出かける回数が増えました。そんな時に離婚を切り出されましたが、何が原因か言わないので、探偵事務所に相談することにしました。

【浮気調査】

調査を依頼した翌日、子供や私がいない昼間に、ショッピングモールで50代くらいの男性と会い、二人は食事をしてから娘を学校に迎えに行ったということでした。探偵事務所の1週間の浮気調査で、二人がほとんど毎日会っており、一緒に買い物をしている写真も撮影して送ってくださいました。

調査を終えての所感

おかげさまで、妻とは弁護士を立てて、離婚の話を進めることにしました。探偵事務所にお願いしていなかったら、ずっと悶々としていたと思うので、とても感謝しています。ありがとうございました。