神戸のcase205| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase205

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase205
依頼者:妻

不倫しているかもと思って探偵に調査依頼しても、全てが良い結果で終わるわけではありません。
証拠が掴めないだけならまだ良いのですが、最悪な結果につながる証拠を掴んでしまうこともあります。
どんな結果になったとしても、調べなかったらさらに辛い結果が待っているかもしれませんので、おかしいと思ったら調べましょう。

【浮気調査の依頼・内容】

結婚してかれこれ15年になるのですが、ここ最近に金の使い方が荒くなってきていて、借金が膨らんでしまいました。
それだけでも離婚できると思うのですが、根拠はないけれども女がいるかもという疑いを持ち始めて、離婚をするなら慰謝料をと思って姫路にある探偵さんにお願いをして何をしているのかを調べました。

【浮気調査】

一体何をしているかがわからなかったので、浮気調査というよりも徹底的な素行調査をしてもらうことにしました。
調査1日目でわかったことは、女性がいるお店に頻繁に行っているということと、金の使い方が尋常ではなくて出処が怪しいとのことでした。
その後も2週間ほど調査をしてもらったのですが、お金の出処は定かではないけれども、浮気というよりも女遊びをしまくっているとのことでした。
借金だけでも離婚を考えるのに、女遊びをして金の出所がわからないなんてもう無理です。

調査を終えての所感

弁護士さんに相談をしたところ、相当危ないかもということでさらにお金の出処を調べることにし、その結果会社のお金を横領して使っていました。
これは流石に私と旦那だけの問題ではないので、すぐに弁護士の先生と一緒に会社へ行き報告をしました。
横領をしたお金がどのくらいなのかや、その後どうなったのかは定かではありませんが、相当大変なことになったとのことです。
その前に影響が出ないようにするため慰謝料なしの離婚をしましたので無関係となりましたが、気が付くのがもっと遅くなると私まで大変なことになっていたかもしれません。
探偵さんにも弁護士さんにも助けられた形になり本当に感謝しています。