神戸のcase10| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase10

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase10
依頼者:妻

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

定年退職した夫が毎週同じ時間にどこかへ出掛ける。
帰宅した夫が下着を裏返して履いていたことがあり、何をしていたのか聞くのが怖くなってしまった。
聞けずにいるままもう5年経つ。
年齢も年齢なので気のせいかもしれないが、出掛けた日には生き生きとした顔で帰宅するため、誰かと会っているのではと思う。
念のため浮気調査をしてほしい。

【浮気調査】

ターゲットが同じ時間にふらりと出かけるという日曜をメインにし、浮気調査をおこないました。
ターゲットは趣味で借りているという神戸市内の畑へ向かい、長い間作物の状態を見ておられました。
しばらくするとバスに乗り、大きなホームセンターへと移動。
畑の作物を守るためのネットや育成を助ける支柱棚などをじっくりと見回ってから、自宅のある街へと戻ってきました。
そこからターゲットは自宅の方へは向かわず、別の道へ。
慣れた様子であるアパートの前まで来ると、颯爽とアパートへ入って…いかず、隣接している畑にいた住人らしき男性のもとへ駆け寄り、野菜作りについて相当な時間話し込まれていました。
その後も数回にわたり浮気調査をおこないましたが、女性の影は一切見えず、ホームセンターや園芸店、畑作りの名手(?)がいる場所などを巡り、怪しい行動は見受けられませんでした。

浮気調査を終えての所感
退職後に始めた趣味というのは、奥様にはいいにくいものかもしれませんね。
それまで仕事一辺倒だったご主人が、新しい趣味にはまってまたも家庭から離れていく。
本事案もそれに近いものだったようです。
依頼主様からご報告いただいたその後のご夫婦はといえば…
「家庭菜園をやってみたいから教えてほしい」と奥様からアプローチしたところ、ご主人は張り切っていきつけ(?)のホームセンターへと連れて行ってくれたそうです。
そこで小さなプランターを買い野菜作りを始めると、ご主人は色々なアドバイスをくれるようになり、ご夫婦の会話がぐっと増えたとか。
きっと、仕事を終えたあとにも構ってくれないご主人を見るのが寂しくて疑念を持ってしまった奥様と、仕事を終えて奥様とどう接していいのかわからないご主人との、すれ違いが生んだわずかな歪みだったのでしょう。
下着の件については「もう老眼ですし、始めから裏返った下着をはいていたのかもしれませんね」と恥ずかしそうに微笑んでいらっしゃいました。