神戸のcase191| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase191

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase191
依頼者:夫

結婚してから10年以上経ち、子供にも恵まれているご夫婦に、まさかパートナーに浮気相手がいるなんて思わないでしょう。しかし、当たり前の日常でもそこで何が起こるかわかりません。パートナーを疑うのは心苦しいと思いますが、最近は何かいつもと感じが違うと気づいた時は、探偵事務所に依頼してみるとよいでしょう。

【浮気調査の依頼・内容】

妻との関係は良いと自分では思っていたのですが、最近携帯電話を手放さないようになったり、会話していても気持ちが入っていないような感じになりました。
流石にちょっと怪しいなと思っていましたが、妻に限って浮気はないだろうと言い聞かせて気にしないようにしていました。
でもある時仕事帰りなのに石鹸のようなニオイがしてこれはダメかもと思い、神戸に近い探偵事務所を探し、堀内調査事務所にお世話になることにしました。

【浮気調査】

残業する曜日がある程度パターン化されていましたので、遅くなる可能性が高い曜日にお願いすることにしました。
本当に残業をしているかもと思っていましたが、残業するどころか定時よりもちょっと早い時間に会社を出て、会社から多少離れているところで浮気相手と思える男性の車に乗り込んだそうです。
その時は食事をするだけでホテルに行かなかったので確実な証拠を掴めませんでしたが、後日調査してもらった時に証拠を掴むことができ、その後の調査で複数回の証拠を掴めました。

調査を終えての所感

依頼する前にもう無理かもと思っていましたので、実際に浮気していると分かってもさほど苦しむことはありませんでした。
ですが、子供のことを考えると色んな感情が駆け巡ってしまい、事務所を出たあと泣いてしまいました。
浮気相手には慰謝料請求をし、妻とは話し合いをして再構築することになりました。
もし証拠がなければ自分が捨てられていた立場になっていたかもしれませんので、証拠を掴んでくれた探偵には本当に感謝しています。