神戸のcase303| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase303

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase303
依頼者:妻

浮気や不倫が本気になるのは紙一重ですが、本気になる前に食い止めることもできます。
本当はどうなのか、相手の状況をきちんと把握して、少しでも早く話し合いをできるようにするのも一つの方法です。また、真実を知ることで自分の心境に変化が現れる場合もあります。
自分一人では、調べられないことでも、探偵事務所が調査することで真実を突き止めることができます。
悩むより、まずは堀内調査事務所に相談してみてください。

【浮気調査の依頼・内容】

先日、夫がトイレに入っているときに携帯の着信音が鳴って、気になって携帯を手にしたら女性からのものでした。
そこには、お互いに告白し合っているような会話が載っていました。私には、妻がいながら女性とこんな会話を交わしている夫と携帯を見てしまった私、どちらが罪かと問われたら、夫だと言い切る自信があります。
そう思い、今までのラインの内容をしっかり見てしまいました。
そうすると、どこかに部屋を借りていて鍵は〇〇の下に置いてある、とか信じられない内容が書いてありました。
どんな人が浮気相手で本当に部屋を借りて逢引しているのかを確認したくて、探偵事務所に浮気調査を依頼しました。

【浮気調査】

探偵事務所の浮気調査の結果、夫はたしかに女性と過ごすための部屋を借りていました。その代金もどうも、うちの夫が出しているようです。
どこに部屋を借りるお金があったのかよくわからないのですが、週に2~3回はそこで会っているのがわかりました。というか、女性はその部屋に住み始めていました。
その女性は神戸に住んでいる時に通っていた高校の同級生で、昔から夫(昔はかなりかっこよかった)に好意を持っていたようで、女性はまだ独身でした。
今回の探偵事務所の浮気調査で二人の関係が明らかになりました。

調査を終えての所感

なんだかもうどうでもいい感じです。今回、夫の浮気がはっきりしたことで、夫への愛が冷めている自分を発見しました。
夫とは、これから離婚に向けて話し合いたいと思います。