神戸のcase127| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase127

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase127
依頼者:夫

何年も一緒に暮らしていてうまくいっていると思っていた妻から突然離婚を切り出されたら夫はびっくりします。離婚をしたい理由を妻に聞いてみるとたいがい返ってくる答えは性格の不一致ですが、性格は今に変わったものではないので、これはただの言い訳かもしれません。離婚を切り出されたことに落ち込んでいるだけでは解決できませんから、こうなった原因を知るためにも探偵事務所に来てください。

【浮気調査の依頼・内容】

45歳の神戸で暮らしている男性です。子供はいません。専業主婦をしていた妻は半年前から仕事を始めましたが、急に性格の不一致を理由に離婚したいと言ってきました。まさかの言葉に驚き、どうしたらよいか悩んだのですが、急に言うのは何か理由があるに違いないと思って、探偵事務所をたずねました。

【浮気調査】

探偵に事情を話したところ、おそらく妻は浮気をしているだろうという結論になりました。勤務先は若い男性ばかりなので特に問題がないと思っていたのですが、それ以外に男性と接触する場所もないため、職場の相手ではないかと疑いを持ち、妻の仕事が終わってから家に帰るまでを細かく調べてもらいました。

調査を終えての所感

初めて相談に行った日は浮気しているだろうという結論に落ち込んで何も考えられなくなりましたが、意を決して浮気調査を頼んでよかったと思いました。調査の1日目から、妻は職場からちょっと離れたカフェで若い男性と待ち合わせをして、二人でポートタワーのデートを楽しんだあとホテルへ。相手は職場が同じ妻より10歳も下の男性でした。まだ離婚はしていませんが、愛情は冷めたので離婚しようと思います。もちろん妻に慰謝料を渡すつもりなんかありません。