神戸のcase269| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase269

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase269
依頼者:夫

結婚後の浮気はどちらかが避けようと思っても対策がしにくく、夫婦で良い関係を築いていけるようにお互いに努力しなくては「良い夫婦仲」を実現することはできません。
配偶者のことを良く知り「どのような人なのか?」を把握して対策を練ることも大切ではありますが、実際浮気をされていても気付かない場合があります。
少しでも配偶者への不安を感じるようであれば、探偵事務所に浮気調査を依頼することで不安を晴らすこともできます。

【浮気調査の依頼・内容】

妻とは結婚7年目で、特に仲が悪いというわけではありませんが、妻が最近家を空ける頻度が高くなったため不信感を抱いていました。
結婚をしてからも、なかなか子供を授かることができず妻には辛い思いをさせてしまっていたため、浮気をされてもおかしくない状況にしてしまったのは百も承知ですが、妻が浮気をしているのでは?と不安になって仕方がないため神戸にある探偵事務所に浮気調査の依頼をすることにしました。

【浮気調査】

探偵事務所による調査の結果、妻が家を空けている理由は幼なじみの男性と食事へ行っていることが原因だと判明しました。
ですが、幼なじみの男性とは普通に食事をしているだけで特に浮気のような行動は見当たらないとのことでした。

調査を終えての所感

神戸付近を中心に活動されていると知り、話をしているうちに親近感が湧き自然な雰囲気でやり取りをすることができ、問題解決に向けてサポートしてくださり感謝しています。
この浮気調査を機に妻の浮気の心配をすることなく、良い関係を築いていければと思っています。