神戸のcase239| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase239

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase239
依頼者:夫

ご主人が単身赴任先で浮気するというのはよく聞きますが、今回は逆のパターンです。ご主人が神奈川に単身赴任になり、神戸で会社員をされている奥さんが浮気をなさった事例をご紹介します。

【浮気調査の依頼・内容】

妻とは会社に新卒で同期入社して仲良くなり、付き合い始めて3年後に結婚し、妻は出産を機に退職しました。私は去年から神奈川に単身赴任になりましたが、普段の仕事は残業が多いので疲れが溜まっていて、神戸に帰るのは祝日が重なった連休だけになっていました。妻は息子が小学生になった頃に別の会社に採用されましたが、中学生になった息子からお母さんの帰りが最近ずっと遅くて、週末も一人で出かけていくことが多くなったと聞いたので、これは何かおかしいと思い、神戸の探偵事務所に浮気調査を依頼しました。

【浮気調査】

調査は3週間してもらうことになり、初めの1週間は残業続きで、特に浮気をしている様子はなかったということでした。2週目は帰りに男性と待ち合わせをして、居酒屋に行ったと連絡がありました。その後、その男性とマンションに入って行ったということでした。引き続き、調査を続けてもらいましたが、結局その男性とは時間が空いた時に週3ペースで会っていることがわかりました。

調査を終えての所感

妻の浮気相手は、私も知っている会社の同期であることが判明しました。まさか知っている人と浮気をされるなんて思っていませんでしたので、数日間はそのことがショックで塞ぎ込んでしまいました。来週は連休があるので、神戸の家に帰って、妻とゆっくり話し合う予定です。探偵事務所のみなさんにはお世話になり感謝しています。