神戸のcase160| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase160

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase160
依頼者:妻

どれだけ連絡を取ろうとしても携帯電話が繋がらないことがあります。もちろん仕事の関係で電源を切っていることも考えられますが、電話をしても、メールをしても、まったくつながらない場合は、夫が故意で電源を切っているのかも。残業で帰りが遅くなるのは仕事かもしれませんが、あまりに電話が繋がらない場合は、実は残業ではなく浮気の可能性が高いですから、浮気調査をするべきです。

【浮気調査の依頼・内容】

35歳の神戸在住の女性です。夫とは結婚して10年になりますがまだ子供はいません。夫の会社は結婚当初から残業が多くて帰りが遅い日が続いていましたが、最近は特に帰りが遅くなるようになりました。用事があったので電話をしてもメールをしてもまったく返事がない夫のことが信じられなくなり、もしかしたら浮気なのではと思って探偵事務所に相談をして3日間の調査を頼みました。

【浮気調査】

夫は初日から私に嘘をついていたことがわかりました。会議で遅くなると言っていたのに会社を出たのは定時後間もない時間だったのです。その後、須磨区にある自宅に戻るかと思いきや、全く違う方向へ車を走らせて、スーパーに入り、駐車場に車を停めると、20代ぐらいの若い女性が車に乗り込みました。二人はその後、女性の自宅らしいマンションに入って、数時間出てきませんでした。

調査を終えての所感

夫の浮気相手がどんな女性なのか調べてもらった結果、以前、夫の会社に派遣で来ていた女性だということがわかりました。今は他の会社で働いているようですが、一緒に働くうちに不倫関係となったようです。夫に証拠写真を見せたところ、女性とは別れるからやり直したいと言いましたが、もう信頼関係は崩れていて、夫のことを許せそうにありません。幸い、子供もまだいないので、離婚をして一からやり直そうと、慰謝料を要求し、離婚の手続きを進めています。