神戸のcase130| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase130

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase130
依頼者:夫

生活のために妻がパートで働くことはよくありますが、専業主婦のときとは違い、外に出るようになると何をしているのか行動がわからなくなります。最近は帰りが遅いなと思っていたら、実は浮気をしていたということがよくあるので、なんだかおかしいと思ったら妻の様子をチェックし、浮気していそうならば探偵事務所に依頼すべきです。

【浮気調査の依頼・内容】

30歳の男性で神戸に住んでいます。結婚した当初は仕事をやめていた妻が、数か月前からパートで働くようになりました。最初は外に出るようになってはつらつとした妻を良かった!という思い出見ていたのですが、どうも帰りが遅い日が多くなっていることに気づき、浮気をしているのではと疑って探偵事務所を訪ねました。

【浮気調査】

妻はいつも残業だと言って帰りが遅くなっていたのですが、こんなにしょっちゅう残業があるパートなんておかしいと思いました。ですから探偵事務所に相談をして、妻がパートに出ている週3日の様子を調べてもらうことにしました。相手の男性が誰かも気になったので調べてもらうことにしました。

調査を終えての所感

妻は、やはり残業などしていませんでした。パートの時間はいつも夕方に終わっており、そのあと妻はまっすぐ帰ることがなく、近くのカフェで誰かを待ってる様子。しばらく待っていると現れたのは浮気相手でした。二人はポートタワーまで海を見に行った後ラブホテルへ。相手はパート先の上司でした。離婚は考えませんでしたが、証拠の写真を持って妻と話をして慰謝料を請求。浮気相手にも慰謝料を請求しました。妻はもう浮気はしないと誓っています。