神戸のcase172| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase172

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase172
依頼者:妻

夫が職場で何をしているかわからないという妻は多いです。でもなんとなく夫が浮気をしているかどうかは勘でわかります。夫はなかなか浮気をしていると認めようとしません。残業が多かったとしても、聞いても仕事が忙しいと答えられるだけですが、おかしいと思ったら我慢していてはいけません。夫と別れるつもりがあるにしてもないにしても、一度探偵に浮気調査を頼みましょう。

【浮気調査の依頼・内容】

33歳の神戸に住む女性です。夫とは結婚して5年がたったのですが、最近は帰ってくるのが毎日遅いですし、なんだかわたしを避けているような様子が見られるようになりました。しかもこそこそしていてスマホで誰かと常に連絡を取り合っているようなところがあり、浮気していると思いました。具体的な証拠は見つからないですが、浮気をしているという疑惑が頭から離れなかったため、探偵事務所に浮気調査を依頼しました。

【浮気調査】

夫の帰りは毎日遅いので、元町駅からすぐのところにある夫の会社から家に帰ってくるまで3日間の調査を依頼しました。浮気が勘違いだったら良いと思っていたのですが、やはり1日目から夫は定時に仕事を終えると元町駅で人を待ち、後からやってきた女性と食事に出かけて、その後は女性のマンションへと入っていきました。3日間のうちに2日、二人は会っており、探偵さんに証拠写真を撮ってもらいました。

調査を終えての所感

夫の浮気相手は誰なのか調べてもらったところ、夫の会社の部下の女性だということがわかりました。二人の仲は1年以上続いていたようです。夫に証拠写真を見せるとはっきり浮気を認めました。離婚しようとも考えましたが、まだ幼い子供がいることで考え直し、夫も絶対に浮気はしないと誓ったので、現在は夫婦としてやり直しています。夫も反省したようで毎日早く帰ってくるようになりました。