姫路のcase128| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 姫路のcase128

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
姫路のcase128
依頼者:妻

定年を迎えた男性は慣れない家での生活に何をしたらよいか戸惑います。何をする気にもならず、ぼんやりと家で過ごすという方も多いでしょう。妻としては家でごろごろされるよりは出かけてくれたほうがうれしいですが、急に精力剤を飲み始めたりおしゃれになったとしたらおかしいです。そんなときは夫の浮気を疑って調査を依頼してください。

【浮気調査の依頼・内容】

58歳の姫路に住む女性です。夫も60歳を超えて会社を引退し、悠々自適の生活をおくるようになりました。もともと好きだったけれど我慢していたパチンコなども再び始めるようになり、帰りも遅い日々が続いていました。けれど最近になってから急におしゃれになって精力剤まで飲み始めた夫に女の勘で浮気だと思って探偵事務所を訪れました。

【浮気調査】

夫が浮気しているかどうかもわかりませんでしたし、家を出てからどこで何をしているかは検討もつきませんでした。探偵事務所に相談した結果、1週間ほどどこに出かけるか調べようということになり、追跡調査を行うことにしました。浮気をしているかは半信半疑だったのですが、ここで白黒つけようと思いました。

調査を終えての所感

調査初日はパチンコに出かけただけでそのまま帰ってきた夫ですが、次の日に夫がパチンコをしていると、隣に40代ぐらいの女性が現れました。二人は話をしながらパチンコをした後、夕方になってから店を出て三宮で食事をした後で女性のマンションへ。その日は朝帰りでした。精力剤はこの女性のために飲んでいたことがわかり許せない気持ちでいっぱいでしたが、証拠を何度かつかむために1週間は何も言わずに過ごしました。証拠を持って夫を問い詰めると、遊びだったと白状してもう二度としないと誓いました。しばらくはパチンコ屋に行かせていません。これからどうするか決めていませんが、調査して良かったです。