神戸のcase140| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase140

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase140
依頼者:妻

毎週決まって同じ日に夫の帰りが遅い場合、本当に残業があって遅い日もあるでしょうが、毎週いつも同じ日となると、なんだか変です。どれだけ忙しい仕事であってもいつも同じ日に同じぐらいだけ遅くなることはありません。残業で遅くなっているだけなら良いですが、浮気かもしれないと悩んでいても辛いだけですから探偵事務所を訪ねましょう。

【浮気調査の依頼・内容】

32歳の神戸に住む主婦で2歳になる子供がいます。一度浮気をしたことがある夫ですが、子供ができたこともあって浮気相手とは別れると約束してくれていたので、もう大丈夫だと思っていました。けれど、なんだかまだ別れているような気がしませんし、毎週水曜日に限って帰りが遅くなっているのでこれはおかしいと思って浮気調査を依頼しまいた。

【浮気調査】

水曜日に限って遅くなっているので、毎週水曜日の夫の素行調査をすれば浮気をしているかどうかがわかるのでは、と探偵事務所の方に提案され、毎週水曜日の素行調査を依頼することにしました。本当に仕事だったらよいけれどまだ前の女性と別れていなかったり、他の女性と付き合っているならば離婚を考えようと思いました。

調査を終えての所感

夫の会社は水曜日は残業の日ではなく、定時退社日だったようです。18時に仕事を終えると京町のオフィスの近くにあるファミレスで時間を潰し、その後車に乗った女性が現れました。二人はそのままホテルに直行して最終電車に間に合うように夫は家に帰りました。2回浮気のはっきりした証拠の写真を手に入れたので両親や友人と相談し、離婚することを決めました。夫は謝ってきましたが許せませんでした。新しい人生をこれから子供と歩んでいこうと思います。