神戸のcase134| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase134

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase134
依頼者:夫

一度浮気をしたけれど別れてくれたと思ってまた夫婦としてやり直すことを決めたのに、まだ妻の浮気は続いているということもあります。子供のためにいつか浮気相手と別れてくれると思って我慢していても浮気はズルズル続くものです。白黒をはっきりさせてこれから先のことを前向きに考えるためにも浮気調査をしましょう。

【浮気調査の依頼・内容】

45歳の男性で神戸に住んでいます。いま中学生になった子供がいますが、妻は以前、子供が小学校に入った時に学校の関係で知り合った男性と浮気をしました。一度は浮気をしていることを認めてきっぱり別れて謝ってきたのでやり直すことにしたのに、本当に別れたかどうかはわかりません。態度を見ても、家庭のことよりもぼんやり何かを考えているような妻が気になり、探偵に調査を依頼しました。

【浮気調査】

日曜日になると毎週妻は用事があると出かけていくので、日曜日が怪しいと思いました。探偵事務所に相談した結果、日曜日を中心に妻を追跡調査してもらうことが決まりました。相手の男性とも話すことが必要だと思い、探偵事務所には浮気相手の身元調査をしてもらうことも依頼しました。

調査を終えての所感

残念ながら私の勘は正しいことがわかりました。日曜日、いそいそと家を出ていった妻は神戸駅そばの大きなスーパーの駐車場の中に入っていき、そこで浮気相手を待って一緒にラブホテルに向かいました。次の週の日曜日も同じように調べてもらいましたが、全くルートは変わらず最後はラブホテルでした。調査をした結果、二人の仲は10年以上続いててばれなければいいと思っていたようです。そんなことは許されないと思い、今は離婚も考えています。