神戸のcase266| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase266

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase266
依頼者:夫

あなたは夫婦間でのコミュニケーションを大切にしていますか?夫婦の仲を良好に保つためにはコミュニケーションがとても重要になります。コミュニケーション不足が夫婦の関係に亀裂を入れてしまう原因になってしまうことが往々にしてあります。
コミュニケーションを取らなくなった夫婦の関係に不安を感じている方は、探偵事務所による浮気調査を活用して配偶者の知らない一面を確認してみましょう。

【浮気調査の依頼・内容】

私は神戸にある会社に勤務している普通の会社員で、妻とは結婚して8年目になります。
子供がすくすくと育ち、ある程度大きくなった頃から妻が家を空けることが多くなり、浮気を疑って自分なりに調べてみたところ実際に浮気をしていました。しかし、その時は話し合いにより関係を修復しました。
その後も妻の行動に変化は見られず、私には「もう浮気はしていない」と答えたものの、家を空ける頻度は浮気をしていた頃と全く変わっていません。
今でも頻繁に出かけるので妻の言葉が本当かどうか、やはり浮気しているのかを確認するために神戸にある探偵事務所に浮気調査をお願いすることにしました。

【浮気調査】

妻は以前も浮気をしていた男性とまだ関係が切れておらず、未だに親しい関係であることが探偵事務所の調査によってわかりました。
妻と浮気相手の男性がいつ会っているのか、どこで何をして過ごしているのか細かい部分まで調べていただき、二人の関係をハッキリさせることができました。

調査を終えての所感

もう大丈夫だと思い信用していた妻に裏切られてしまったことは未だに落ち込んでしまう事実ではありますが、客観的な証拠を提示していただいたことで事実をしっかりと受け入れることはできました。今後のことをしっかりと妻と話し合いたいと思っています。