神戸のcase174| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase174

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase174
依頼者:夫

アパレル関係の仕事はイベントの準備などで夜遅くなることが多いです。妻に仕事だからと言われると夫としては頑張れと送り出すしかないのですが、あまりに外泊することが多い場合はもしかしたら仕事ではなく浮気かもしれません。連絡を取ろうと電話をしてみたら全く通じなかったとしたら浮気の可能性が高いですから、探偵事務所にご相談ください。

【浮気調査の依頼・内容】

36歳の神戸に住む会社員の男性です。5ヶ月前から妻の帰りが遅くなるようになってきました。イベントが近いから準備が必要なのだと言われて最初はそのまま信じていたのですが、子供も小さいので少しでも早く帰るように話をしました。しかし私の話は聞きませんし、帰りはさらに遅くなりました。今度は泊まり込みで仕事をするとまで言うので、仕事にしてはひどすぎると思い、探偵に調査を依頼しました。

【浮気調査】

イベントの前に泊まり込みに行くと言って妻が家を出てから探偵に追跡調査をしてもらったのですが、妻は職場に行くのではなく元町方面の電車に乗り、電車を降りたらホテルに入っていきました。職場からは遠いはずだしおかしいと思ったのですが、その後、妻は浮気相手の男性と一緒にホテルから出てきて食事に出かけ、またホテルへと戻っていきました。思った通り浮気だったことにがっかりしましたが、もう少し調査を続け、浮気現場を3回ほど抑えました。

調査を終えての所感

妻は家から離れているのでバレることはないと思ったのか、堂々と浮気相手と外を歩き回っていたので調査はスムーズに進みました。浮気相手は勤務先の上司で既婚者でした。妻に証拠を見せて話し合ったところ、浮気は遊びで離婚する気はないとのことでした。妻は謝罪してもう二度と浮気はしないと誓ったので、子供が小さいことも考えて仕事はやめてもらいもう一度夫婦としてやり直すことにしました。