神戸のcase159| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase159

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase159
依頼者:妻

一度浮気が妻にばれると、もう二度としないので許してくれ!と頭を下げる夫は多いです。けれど、これで本当に浮気相手と別れたかどうかは判断できません。以前よりもより周囲に気をつけるようになり、別れたと口では言うものの、まったく夫の様子が浮気のときと変わらなければ、別れたと言いながら浮気はずっと続いているのかも。そんなことは許せませんから、白黒はっきりさせましょう。

【浮気調査の依頼・内容】

31歳の神戸で暮らす女性です。夫とは知り合ってから8年ほどになります。うまくいっていると思っていた2年前にも夫は浮気しました。問い詰めたらもう二度としないし、女性とは別れると言ったので信じることにしました。でも夫からは分かれたような様子が見えません。週末もすぐに出かけていくので、これは本当は別れていないかもしれないと浮気調査を探偵に依頼しました。

【浮気調査】

夫は車通勤をしています。家に帰る前に今日は仕事がたくさんあるため帰りが遅い、そう言って夫は出かけていきました。けれど実際、会社の前から夫が出てきたのは定時後すぐのことでした。夫は定時後すぐに会社を出て、下にある駐車場に車を停めて待ちました。そこに女性があらわれると車に乗って、二人は北区にある女性のマンションへと消えて2時間後出てきました。

調査を終えての所感

浮気相手と別れると言ったときは信じていましたが、また裏切られてしまいました。夫はまた謝ってくるでしょうが、許すわけにはいきません。このまま夫婦生活が続けられるとはとても思えず、親に相談した結果、離婚することを決めました。今は自宅から通っていますが、心機一転やり直すためにも、一人暮らしから始めようと思っています。