神戸のcase169| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase169

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase169
依頼者:夫

専業主婦の場合、普段は家の中にいることが多いですから浮気をするような機会もほとんどありません。そんな日常生活では浮気をするような出会いがない主婦が浮気をするきっかけの一つが同窓会です。同窓会に行くと言われて、たまの外出だからと快く送り出す夫は多いですが、同窓会で久しぶりにあった同級生と浮気に走ってしまうかも。同窓会以降、妻の様子がなんだかおかしくなった場合は、浮気調査をするべきです。

【浮気調査の依頼・内容】

43歳の神戸に住む男性です。15年ぶりの同窓会に妻は喜んで出かけていきました。ほとんど友達と遊びに行くこともしていなかった妻なので、たまにはゆっくりさせてやろうと送り出したのですが、同窓会以降、友達と食事をしてくるなどと言って妻は外出することが増えました。なんだかおかしいと思って妻のスマホをそっと覗いたところ、男性らしき相手から「次はいつ会える?」というメッセージが届いているところを見てしまったので、これは浮気だと確信し、探偵事務所に調査を依頼しました。

【浮気調査】

最近、妻は日曜日になると子供を私に預けて友だちとランチに行くなどと言って出かけるようになっていたので、浮気をしているのはこの日曜日に違いないと思い、探偵に妻が家を出てからの様子を調べてもらうことにしました。出かけてもいつも必ず夕食前には帰ってくるので、その間、浮気相手と会っているのだろうと思いましたが、実際その通りで、昼前に家を出た妻は、東灘区にある自宅から電車で神戸駅の方まで行き、神戸駅で男性と落ち合うと、そのままホテルに入って夕方家に帰るまで、浮気相手とべったり過ごしました。ホテルの出入りの様子や二人の親しげな写真を探偵に撮ってもらいました。

調査を終えての所感

浮気の完全な証拠として写真を妻に見せ、問い詰めました。妻の浮気は許せるものではありませんが、まだ学校に通っている子供もいますので、簡単に離婚するというわけにはいきません。妻にはしっかりと浮気相手の男性と別れてもらい、今後は二度とこのような浮気をしないように話しました。妻は浮気相手とは別れたらしく、最近は日曜日も出かけてはいません。自分としてはしばらく許せそうにありませんが、子供のためにも夫婦でやり直したいと思っています。