神戸のcase19| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase19

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase19
依頼者:妻

姫路でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

夫は一部上場企業で管理職を務める50代のエリート会社員。
3か月前ふとしたきっかけで浮気が発覚した。
問い詰めた際はごまかされたが、その後も不倫関係を続けているようだ。
耐え切れず法律事務所に相談にいったところ、まずは御社に相談し裁判に向け必要な証拠や書類を集めるようにいわれた。
裁判に有利になる浮気調査を望む。

【浮気調査】

ご依頼を受け、ターゲットの尾行・張り込みを含めた浮気調査を開始。
依頼主様からの情報により短期間で不貞の証拠をつかむことができました。
依頼主様は裁判で有利となる証拠をご希望でしたので、すぐに浮気相手の女性の素行調査に着手。
浮気相手はターゲットと同じ神戸の大企業に勤める女性でした。
女性は調査の半年ほど前に離婚していましたが、なんとターゲットとの不倫関係は離婚以前からのもので、その浮気期間は約1年という調査結果がでました。

浮気調査を終えての所感
同じ神戸市内にあり、古くから懇意にしている法律事務所からご紹介いただいた事案です。
依頼主様はもちろん、法律事務所とも細かくやり取りをし、慎重かつ早急に浮気調査を進めました。
裁判をより有利に進めるために、不貞の証拠となる写真のほか、証拠映像についても複数おさえ、詳細な報告書と合わせて依頼主様に提出いたしました。
依頼主様は不倫関係が1年も続いていたことにやはりショックを受けていらっしゃいましたが、前向きに裁判に臨む準備を進めるとおっしゃられました。
ターゲットは神戸にある一部上場企業の管理職というエリート会社員。
同じ社の女性との浮気の末、離婚の裁判をするとあっては、会社での立場にも影響がないとは思えません。
ターゲットにとって浮気は火遊びだったかもしれませんが、1年も依頼主様を裏切り続けた代償は大きいでしょう。