神戸のcase246| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase246

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase246
依頼者:妻

既婚者で子持ちの方で順風満帆に見えても、実は外で不倫をしているという夫婦の事例が増えています。今回は同窓会がきっかけになり、不倫に発展した事例を紹介します。

【浮気調査の依頼・内容】

主人とは知人の紹介で知り合い、3年前に結婚して、1歳になる子供がいます。先月、同窓会に行ってから、主人が休みの日になると、趣味のゴルフの練習に行くと言って出かけるようになり、以前より楽しそうにしているので、外で女性に会っているのでは、と疑うようになりました。その後、どうしても浮気の疑いが晴れず、友人の勧めで、三ノ宮の探偵事務所に相談することにしました。

【浮気調査】

探偵事務所の方に相談し、早速調査を開始してもらうことになりました。週末を中心に3週間お願いし、初めの週末はゴルフの練習に行くと言っていた通り、ゴルフの打ちっぱなしに出かけたという報告を受けましたが、2週目の週末は三ノ宮駅構内にあるカフェで、女性とお茶をしているということでした。聞いたときはショックでしたが、相手が誰なのかを引き続き調査していただきました。

調査を終えての所感

探偵さんから調査の報告を受け、主人が会っていた女性は、3ヶ月前に高校時代の同窓会に行った時に再会した、元彼女だとわかりました。お互いに子供がいるということもあり、二人とも好意はあるけれど、お茶を飲む程度の関係だということでした。探偵事務所に依頼していなかったら、取り返しのつかないところまで進んでいたかもしれません。重大な浮気に発展する前に対処ができましたので依頼してよかったです。ありがとうございました。