神戸のcase24| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase24

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase24
依頼者:妻

関西地方の中心都市と言ったら大阪ですが
負けじと都会的で、観光でも有名で魅力的な神戸。
全国からたくさんのカップルが訪れています。
当探偵社にも、実は全国から依頼がやってきます。
今回はそんな事例です。

【浮気調査の依頼・内容】

依頼者は43歳の女性です。愛媛県に在住で会社員をしている女性でした。
彼女の元旦那は38歳で、同じ会社の元同僚でした。
結婚する時には、私の事を愛しているとか、甘い言葉に舞い上がっていたそうです。
今となっては、全てが騙されていたような気がします。
結婚してから気付いたそうですが、後輩の女の子と交際しているような気配があるので
調べてほしいという依頼でした。
浮気を疑い始めたキッカケは、仕事が終わってから一緒に帰ることが減ったことでした。
繁忙期も過ぎ、ゆっくり過ごせるなという日でも「先に帰って」と言われる日が増えたそうです。
これは怪しいなと思うようになって、当探偵事務所へ来所されました。

【浮気調査】

約1週間で浮気している証拠が揃いました。
彼女の予想した通り、会社の後輩の女の子でした。
必死にばれないよう、市街地で待ち合わせたり、ホテルから出る時間をずらしたり
お互いの部屋には行き来していませんでした。
ただ、同じ会社ですので、実は社内でも噂になっていたらしく
「恐らくこれまでのパターンから、この日に会うだろう」と予測したその日に
ターゲットは現れました。

浮気調査を終えての所感

浮気調査は出来ることならしたくないものです。
世の中にはだらしのない男性も多いです。
悩んでいても仕方がありません。
日本では離婚という制度が認められています。
つらく悲しい気持ちで鬱々とした日々を送るよりさっさと別れてしまった方が自分のためです。