神戸のcase332| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase332

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase332
依頼者:妻

探偵事務所に浮気調査を依頼される方々は、今のご自分の気持ちに整理をつけたい方、事実なのかどうか不安な日々を送る方など、さまざまですが、一人で悩んでいる時間がもったいないです。ご相談だけでも何でも気軽に当社にしていただければ、気が晴れるかもしれません。一人で悩んでおられるなら、ぜひ堀内調査事務所にお問い合わせください。

【浮気調査の依頼・内容】

見合い結婚をした夫とは、2年間三ノ宮のマンションで、とても仲良く生活していたのですが、最近、夫の帰宅が遅くなりました。そのうえ金曜の夜は時々外泊するようになり、本人は仕事が今とても忙しいと言っていますが、そうではないという直感が働きます。
夫は単純な人のため嘘をつくとすぐ顔にでるので、私からすればばればれですが、本人は上手く隠しているつもりですし、証拠をつかまなければ仕方がないと思いました。夫と話し合うためには、明らかに浮気をしているとわかる証拠をつかみたいと考え、探偵事務所に浮気調査を依頼しました。外泊するのは決まって金曜日なので、探偵さんに尾行してもらうのは今週の金曜、土曜とし、もしなにもなければ、次の週の金曜、土曜でとお願いしました。

【浮気調査】

探偵さんに尾行を依頼した週の金曜日に、夫は18時には待ち合わせしていたらしい元町のスーパーに行き、浮気相手の女性と肩を並べて仲良く買い物をした後に彼女のアパートに入っていき、二人で一晩を過ごしたことがわかりました。
翌日の土曜日は、私たち夫婦が住む三ノ宮のマンションに早々に帰宅しましたが、私には「仕事が終わらず終電がなくなって会社に泊まった。」と言っていました。探偵さんからは報告書とともに証拠写真もいただき、これで夫が嘘をついていることがはっきりしますので、釈明の余地もないと思います。

調査を終えての所感

探偵事務所に浮気調査を依頼しないで黙っていたら、いったいいつまで浮気を続けていたのかと、夫を信じられなくなりました。
浮気相手の女性を交えて3人で話し合いたいと思います。夫はもう会わないから、3人で会うのはやめようと言うのですが、私の気が済みません。場合によっては離婚も考えています。