神戸のcase219| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase219

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase219
依頼者:妻

ライフスタイルや考え方の多様化により、既婚者同士の不倫の案件が年々増えてきています。一昔前より、不倫に対して罪悪感を持たない方が多くなってきているようです。
あなたのパートナーは大丈夫でしょうか?パートナーが不倫をしていたという人の半数は、しばらくの間全然気づかなかったとおっしゃっています。
5年に渡って不倫をしていたご主人を持つ奥さんの事例をご紹介します。

【浮気調査の依頼・内容】

主人とは同じ高校に通っていて、高校時代からの付き合いで、10年の交際期間を経て結婚しました。結婚は27歳の時で2人の男の子にも恵まれ、結婚して16年になり子供達は今年で中学生になりました。
結婚生活は特に波風もなく、主人は子供を大事する人で、休みの日は家事を手伝ってくれるのでとても助かっています。
ところがある日、主人から連絡があって、今日は残業で遅くなって終電を逃したので、会社の近くの部下の家で泊まらせてもらうということでした。今まではそんなことがなかったので、私は何かおかしいなと思いましたが、気のせいかもと思い、特に主人に問いただすこともしませんでした。
その1週間後に2、3回同じことがあったので、これはさすがにおかしいと思い、神戸の探偵事務所に相談することにしました。

【浮気調査】

知人によい探偵事務所があると紹介してもらって、探偵事務所に相談に行き、まずは2週間位を目処に主人の素行を調査してもらうことになりました。それでも事実がわからない場合は、さらに2週間調査しましょうかと提案されました。
主人は公務員ですが三ノ宮に通っており、週休2日で決まった時間に働いています。家を出て職場にいる間から帰宅するまで、1週間は特に変わったことはないということでした。
しかし調査が2週目に入り、主人から今日は残業という連絡があり、また部下の家に泊まらせてもらうかもしれないという内容でした。
実際のところは、仕事関係で知り合った別の部署の7歳下の女性と食事に行き、その後その女性のマンションに二人で入っていったということでした。土曜日に仕事と言って出かけて行ったので、調べてもらったところ、その女性と外出していたということでした。証拠がつかめたので2週間で調査は打ち切ってもらい、主人と話し合うことにしました。

調査を終えての所感

主人にその女性との関係はいつから続いているのか聞いたところ、5年前に職場関係のイベントで知り合い、それから徐々に親密になっていったとのことでした。
とても真面目で、私のことを大事にしてくれていると思っていたので、それを聞いた時はあまりのショックに泣き崩れてしまいました。
主人はその女性との結婚を考えていて、いつ言い出そうかと思っていたということだったので、弁護士を入れて、離婚についての話し合いを進めていくことになりました。
探偵事務所の方には大変真摯に調査をしていただき、ありがとうございました。