神戸のcase299| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase299

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase299
依頼者:妻

どれだけ相手のことを信用していても、自分の知らないところで「相手が何をしているのか」「何を考えているのか」まで、把握することはできません。
自分の知らないところでのパートナーの行動に不安を感じる場合は、探偵事務所の浮気調査を利用して真実を確かめてみましょう。

【浮気調査の依頼・内容】

最近、普段は滅多に家を空けることのなかった夫が「仕事が忙しくなった」「職場の飲み会がある」「休日出勤をしなくてはいけない」などの様々な理由を私に告げて、家を空けるようになりました。今までとは違う夫に不安を感じています。
夫を信じてはいるのですが、行動が急に変わったため「浮気をしているのではないか?」という不安が膨れ上がり、日々の生活にも支障をきたすほどになりました。
ずっとこのままモヤモヤした気持ちでいるわけにもいかないので、今回は探偵事務所に浮気調査を依頼させていただくことにしました。

【浮気調査】

夫が家を空けるのは主に仕事終わりの時間なので、浮気調査は夫の勤務先の神戸で行われました。
探偵事務所の調査の結果、家を空けることが増えた2カ月前から職場の同僚で、大学時代の同級生でもある女性と浮気をしていたことが分かりました。二人は仕事のあと、神戸市内の女性の自宅で会っていたそうです。

調査を終えての所感

夫のことを信用して夫婦生活を送っていたつもりでしたが、今回の調査をキッカケに夫の色々な気持ちを知ることができました。
夫は浮気を素直に認めて「これからやり直していきたい」と私に話してくれたので、私も前向きにこれからのことを考えていこうと思います。