神戸のcase238| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase238

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase238
依頼者:妻

ご主人が単身赴任で、いつの間にか赴任先で彼女を作っていたというのは、よく聞く話です。今回は東京にご家族がいて、ご主人が神戸に単身赴任になったご夫婦の事例をご紹介します。

【浮気調査の依頼・内容】

夫とは10年前に知り合い、結婚してから8年になります。結婚後3年経った頃に主人が神戸に転勤になり、私は幼稚園の子供がいるので、主人の両親と一緒に東京で生活しています。主人は単身赴任歴が5年になりますが、去年のゴールデンウィークあたりから、長期休暇でも東京の家に帰ってこなくなりました。今年のゴールデンウィークも帰ってこなかったので、そのことを友人に相談したら、「もしかしたら神戸で浮気をしているかもしれないから調べた方がいいのでは」と言われて、どこかよい探偵事務所はないか聞いたら、神戸の探偵事務所を教えてくれたので、すぐに予約を取りました。

【浮気調査】

浮気調査は、まず1週間してもらうことになりました。調査を開始してから2日目に神戸のマンションに若い女性が入っていったと連絡がありました。女性は19時過ぎに来て、朝は一緒に出勤していったということでした。その後も引き続き調査をしてもらったところ、平日は水曜日だけ泊まって、それ以外は外食したりし、週末になるとその女性が泊まりに来ているということでした。その女性は主人の会社の取引先の社員ということで、主人のマンションの近くに実家があるということでした。

調査を終えての所感

調査が終わって、探偵事務所の方が主人の浮気について詳しく教えてくださいましたが、不倫はちょうど去年のゴールデンウィークあたりから始まったということでした。かなりショックでしたが、今、弁護士さんを通して話し合いを進めています。