神戸のcase314| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase314

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase314
依頼者:夫

長期にわたり単身赴任をしていて、久しぶりに家に帰ったら、パートナーとの関係性が以前とは変わってしまったという話をよく聞きます。そこから関係性を修復できればよいのですが、相手の様子がおかしい時に直接問いただすことはより関係性を悪化させることになるでしょう。そんな時に頼りになるのが探偵事務所です。相手への不信感が募ったら、浮気調査を依頼することをオススメします。

【浮気調査の依頼・内容】

私は5年にわたり単身赴任した後、自宅近くの神戸の営業所に転勤することができ1年半前に家に戻りました。残業が多く平日はいつも夜11時を過ぎて帰宅するようになりました。休日出勤はほとんどないのですが、日頃の疲れもあり家でゴロゴロして過ごすことが多くなりました。妻は単身赴任する5年前より私に対する態度がかなり冷たくなり、休日は私を家に残して、三ノ宮あたりに子供と出かけて、夜ごはんまで食べて帰るようになりました。ところが、最近は妻と子供は一緒に出かけても、別々に帰ってきたり、妻だけ出かけるようになり、様子がおかしいなと思い、探偵事務所に浮気調査を依頼することにしました。

【浮気調査】

調査を依頼して1週間後に探偵さんから連絡があり、妻が30代くらいの男性と神戸市内の居酒屋に飲みに行っているという連絡をもらいました。相手の男性について調べてもらうと、妻が以前に通っていたスポーツジムのインストラクターということがわかりました。
その2週間後にまた探偵事務所から連絡があり、妻は私が遅く帰る平日にもスーパーの買い物袋を持って神戸の自宅から10分程度のその男性の家に行き、私が帰宅する時間よりも少し早めに家に帰ってきていたということでした。

調査を終えての所感

探偵事務所から浮気の証拠写真も送られてきて、ようやく現実を受けとめることができました。妻の浮気がわかった時はとてもショックでしたが、単身赴任から帰ってきてからは、このまま愛のない夫婦生活が続くのもどうかなと思っていたので、妻の浮気が判明したのは丁度いいタイミングでした。探偵事務所のみなさんに感謝してます。