神戸のcase02| 浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ:安心低価格の堀内調査事務所
事例紹介 お客様の声 ご相談・お問い合わせ お問い合わせ
堀内調査事務所

本店営業所
〒669-2143
兵庫県篠山市今田町釜屋21-10

神戸相談所
〒651-0096
兵庫県神戸市中央区雲井通2丁目1-9

infomation

事例紹介 神戸のcase02

※特定を避けるため、下記事例の名前・年齢・一部内容につきまして変更をしております。
神戸のcase02
依頼者の娘

神戸でお受けした浮気調査の事例をご紹介いたします。

【浮気調査の依頼・内容】

「夫の様子がおかしい」と娘から相談を受けた。
いろいろ考えて弁護士に相談したところ、法的な手段をとるにもとらないにもまずは証拠をそろえた方がよいという。
そこで弁護士から調査事務所などを利用しての浮気調査をアドバイスされた。
神戸で実績のある御社に依頼したい。

【浮気調査】

ご令嬢の夫をターゲットとし浮気調査をおこなったところ、ある女性との接触の多さが気になりました。
そして浮気調査の核となる日。
ターゲットは家族に告げていた予定とはまったく別の行動をし、神戸市の繁華街で当該の女性と待ち合わせ。
そののち、慣れた様子でホテルへ入っていきました。

浮気調査を終えての所感
ご令嬢は浮気の兆候がショックで、次の行動をとることを怖がっているとのことでした。
そこでご家族が、どんな結果になろうともご令嬢が不利な立場にならないよう準備をしたケースです。
準備のひとつとして、神戸での浮気調査に実績のある私ども堀内調査事務所をお選びいただきました。
結果報告では裁判でも利用できる詳細な報告書をお渡ししましたが、裁判を起こすか否かは未定で、
今後ご令嬢とじっくりと話し合ってから決めたいとおっしゃられておりました。

浮気が発覚しても、すべての方が裁判を起こすわけではありません。
夫婦間やご家族間の話し合いによって離婚以外の道を選ばれることもあります。
しかし、どんな道に進むことになってもいいよう、『備える』ことは大切です。
配偶者やパートナーに浮気の兆候を発見したにも関わらず、
事実と認めるのが怖くて何もできない、という方は実は大変多いです。
しかし、何も準備しないままでは、万が一のことが訪れた際、
悪いのはあなたではないのに不利な立場に立たされてしまうかもしれません。
残念ながら、『見てみぬふり』が問題を解決することはないのです。

あなた自身の未来のために、準備が必要です。
ひとりで悩まず、まずは信頼できるご家族や秘密の保持を職務としている探偵などにご相談くださいね。
神戸の浮気調査であれば、私ども堀内調査事務所が力になります。